日本三大桜・根尾谷淡墨桜と水の都・大垣舟下り 3日間 JCF2

各地で桜の名所を巡りながら、アートも楽しむ充実の旅

  • 樽見鉄道に乗り、車窓からお花見をお楽しみください!(本巣市観光協会提供)

  • 『日本三大桜』の一つ、岐阜の根尾谷淡墨桜

  • ヤマザキマザック美術館もじっくり見学します

ツアーのポイント

●現地合流プランもございます。
●水の都・大垣では、川沿いの桜を眺めながらの桜の舟下りにご案内します。
●車窓からの桜景色が見事な樽見鉄道に乗車し、沿線の風景をお楽しみ頂きます。
●ヤマザキマザック美術館やメナード美術館にご案内します。

&npsp;

日程表日程表の見方

  訪問都市 時刻 日程内容・宿泊地 食事
1 □東京駅に出発30分前に集合。 朝:× 昼:○ 夕:○
東京 午前
新幹線
■東京(08:33~09:33)発、東海道新幹線で岐阜羽島へ。
岐阜羽島 午前
バス
■岐阜羽島(10:29~11:29)着後、大垣へ向かいます。
(大垣・桜の舟下り) 船舶 ■水の都・大垣では、市内の中心部を流れる水門川で、川沿いの桜を眺めながらの桜の舟下りをお楽しみ頂きます。(約25分)
■また、「◎奥の細道むすびの地記念館」、関ケ原の戦いでは西軍・石田三成の本拠地にもなった「●大垣城」、木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が一夜にして築いたと伝えられる「◎墨俣一夜城」にご案内します。
■見学後、長良川温泉へ向かいます。
長良川温泉 夕刻
   
【 長良川温泉/岐阜グランドホテル泊 】
2 長良川温泉(横蔵寺) 午前
バス
■朝食後、最澄が創建したと伝えられる揖斐川町の「●横蔵寺」にご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(谷汲山・華厳寺) ■その後、西国三十三ヶ所観音霊場の満願霊場「●谷汲山(たにぐみさん)・華厳寺」に参拝し、参道沿いに咲く、約350本のソメイヨシノの花のトンネルもご覧頂きます。
(樽見鉄道) ■昼食後、車窓からの桜景色が見事な樽見鉄道に乗車し、沿線の風景をお楽しみ頂きます。(乗車区間:谷汲口~樽見/約20分)
(根尾谷淡墨桜) ■根尾谷では、日本三大桜の一つ「●根尾谷淡墨桜」を観賞します。
★樹齢1500年を越えるエドヒガンザクラである根尾谷淡墨桜は、蕾の時は薄いピンク、満開時は白色であるのが、散り際になると淡い墨色になることから、“淡墨桜(うすずみざくら)”と呼ばれています。
名古屋市 夕刻
   
【 名古屋市/ニッコースタイル名古屋泊 】
3 名古屋市 午前
バス
■朝食後、19世紀から現代までの美術、デザインや工芸のコレクションを有する美術館で、クリムトや横山大観、岸田劉生をはじめとする近現代美術の名品やウィーン工房などの工芸美術を収蔵・展示している「◎豊田市美術館」へ。展覧会「未来の驚異の部屋」にもご案内します。 朝:○ 昼:× 夕:×
■その後、約1400本の桜並木が続く「●岩倉五条川の桜」を鑑賞します。
■午後、ロココを代表する画家のヴァトーやブーシェ、新古典主義のアングル、ロマン主義のドラクロワ、写実主義、印象派、エコール・ド・パリなどの絵画作品が一堂に会し、フランス美術300年の流れを一望できる「◎ヤマザキマザック美術館」を見学します。
名古屋 夕刻
新幹線
■名古屋(17:29~18:06)発、東海道新幹線で東京へ。
東京
■東京(19:06~19:45)着。着後、解散。
1日目

□東京駅に出発30分前に集合。

■東京(08:33~09:33)発、東海道新幹線で岐阜羽島へ。

■岐阜羽島(10:29~11:29)着後、大垣へ向かいます。

■水の都・大垣では、市内の中心部を流れる水門川で、川沿いの桜を眺めながらの桜の舟下りをお楽しみ頂きます。(約25分)

■また、「◎奥の細道むすびの地記念館」、関ケ原の戦いでは西軍・石田三成の本拠地にもなった「●大垣城」、木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が一夜にして築いたと伝えられる「◎墨俣一夜城」にご案内します。

■見学後、長良川温泉へ向かいます。

【 長良川温泉/岐阜グランドホテル泊 】

食事 朝:× 昼:○ 夕:○

2日目

■朝食後、最澄が創建したと伝えられる揖斐川町の「●横蔵寺」にご案内します。

■その後、西国三十三ヶ所観音霊場の満願霊場「●谷汲山(たにぐみさん)・華厳寺」に参拝し、参道沿いに咲く、約350本のソメイヨシノの花のトンネルもご覧頂きます。

■昼食後、車窓からの桜景色が見事な樽見鉄道に乗車し、沿線の風景をお楽しみ頂きます。(乗車区間:谷汲口~樽見/約20分)

■根尾谷では、日本三大桜の一つ「●根尾谷淡墨桜」を観賞します。

★樹齢1500年を越えるエドヒガンザクラである根尾谷淡墨桜は、蕾の時は薄いピンク、満開時は白色であるのが、散り際になると淡い墨色になることから、“淡墨桜(うすずみざくら)”と呼ばれています。

【 名古屋市/ニッコースタイル名古屋泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

3日目

■朝食後、19世紀から現代までの美術、デザインや工芸のコレクションを有する美術館で、クリムトや横山大観、岸田劉生をはじめとする近現代美術の名品やウィーン工房などの工芸美術を収蔵・展示している「◎豊田市美術館」へ。展覧会「未来の驚異の部屋」にもご案内します。

■その後、約1400本の桜並木が続く「●岩倉五条川の桜」を鑑賞します。

■午後、ロココを代表する画家のヴァトーやブーシェ、新古典主義のアングル、ロマン主義のドラクロワ、写実主義、印象派、エコール・ド・パリなどの絵画作品が一堂に会し、フランス美術300年の流れを一望できる「◎ヤマザキマザック美術館」を見学します。

■名古屋(17:29~18:06)発、東海道新幹線で東京へ。

■東京(19:06~19:45)着。着後、解散。

食事 朝:○ 昼:× 夕:×

日程表の見方

  • <食事>
  • :食事付
  • :各地の名物料理
  • :弁当(ボックスミール)
  • :機内食
  • ×:食事なし
  • =入場観光
  • =下車観光(外観)
  • :飛行機
  • :バス
  • :新幹線
  • :電車
  • :船舶
  • :4WD・小型車
  • :ハイキング
  • 早朝4:00
  • 6:00
  • 午前8:00
  • 11:00
  • 午後14:00
  • 夕刻17:00
  • 19:00
  • 深夜22:00
  • 未明24:004:00

旅行代金表

出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋利用追加代金 現地合流プラン旅行代金 催行 早割
期限
出発日 料金 状況 詳細
24年04月03日(水) 24年04月03日(水) 桜の季節 138,000円 12,000円 120,000円  
ポイント 桜の季節
お一人部屋利用
追加代金
12,000円
現地合流プラン旅行代金 120,000円
早割期限

仮予約する


※現地合流プランは岐阜羽島駅合流~名古屋駅離団となります。尚、現地合流プランは出発の1ヶ月前迄にお申し出ください。
※東海道新幹線途中駅での乗降車をご希望の方はお問い合わせください。
※お部屋は1日目洋室ツインルーム又は和室(バス・トイレ付)、2日目洋室ツインルーム(バス・トイレ付)1室2名利用が基本です。お一人部屋の場合は、1日目洋室シングルルーム又は和室(バス・トイレ付)、2日目洋室ダブルルーム(バス・トイレ付)となる場合がございます。

催行欄の見方

  • 催行決定

    催行(出発)が決定しています。

  • 申込多数

    ご出発の1ヶ月前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)

  • 空白

    現在募集中です。

  • 残席わずか

    ご予約いただける席が4席以下になっています。

  • キャンセル待ち

    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。

  • お問い合わせください

    詳細はお問い合わせください。

  • 残席わずか:ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち:現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • お問い合わせください:詳細はお問い合わせください。

ツアー詳細

発着地 東京発着(現地合流可)
利用予定交通機関 東海道新幹線のぞみ号又はひかり号又はこだま号
利用予定バス会社 日タク観光バス、岐阜バス、名阪近鉄バス
利用予定ホテル 岐阜グランドホテル
ニッコースタイル名古屋
食事回数 朝食:2回・昼食:2回・夕食:2回
最少催行人員 10名 (最大19名)
添乗員 全行程同行してお世話します。

重要事項

※東海道新幹線途中駅での乗降車をご希望の方はお問い合わせ下さい。
※大垣桜の舟下りは、天候状況により、中止になる場合がございます。
※樽見鉄道乗車は、自由席です。混雑状況によっては、立ってご乗車頂く場合もございます。
※桜の見頃は、気象条件により前後する場合がございます。
※社寺の行事等の都合により、急に拝観が不可となる場合がございます。
※詳しい旅行条件を説明した書面をお送りいたしますので、事前にご確認のうえお申し込みください。 

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

関連特集関連特集

  • 三陸鉄道(撮影:ユーラシア旅行社)

    にっぽんの鉄道に乗る旅