水戸の梅まつりと奥松島・宮戸島、3島めぐりの旅 4日間 JTFM

奥松島から “陸松島” まで、じっくり松島の3島をめぐります。

  • 3000本の梅が咲く水戸の偕楽園

  • 松島はじまりの聖地、雄島 (画像提供: (一社)松島観光協会)

  • 奥松島の新浜岬

  • 震災遺構 浪江町立請戸小学校

  • 毎日とれたて新鮮な広田湾の牡蠣

  • 大海原を一望する絶景露天風呂が自慢!魚問屋直営のホテル観洋に宿泊!

ツアーのポイント

●茨城県の水戸から福島いわき、宮城・松島、岩手県の陸前高田まで380キロをめぐる、冬の晴天率が高い大平洋岸の旅です。
●代々梅守が守り育てた3000本の梅林が咲く、水戸の「偕楽園」を散策します。
●住民の帰還が始まった福島沿岸の富岡町、双葉町、浪江町を訪れます。
●ゆったり松島滞在! 奥松島から “陸松島” まで3島をじっくり見学します。 
●当ツアーでは、いわき、松島、南三陸の地元で評判の良宿に泊まります。

&npsp;

日程表日程表の見方

  訪問都市 時刻 日程内容・宿泊地 食事
1 □上野駅に出発30分前に集合。
朝:× 昼:○ 夕:名
上野
電車
■上野(8:30~9:00)発、常磐線特急で水戸へ。
水戸 午前
バス
■水戸(9:49~10:17)着後、梅まつりの「◎偕楽園」へ。梅守が守り育てる3000本の梅林を散策します。
北茨城 ★昼食は、大津漁港の市場食堂にて海鮮丼をご賞味下さい。
いわき ■昼食後、福島県いわきへ向かいます。
■いわき着後、地元の語り部と共に「●豊間漁港」、「◎いわき震災伝承みらい館」を訪れ、バスでいわき市内を巡ります。
★ご夕食は、冬の味覚・いわき名物あんこう鍋です。
   
いわき湯本温泉/吹の湯旅館泊
2 いわき富岡町双葉町浪江町 午前
バス
■朝食後、避難指示が解除され、住民の帰還が始まっている福島県県の沿岸を巡ります。富岡町の「◎東京電力廃炉資料館」、双葉町では「◎東日本大震災・原子力災害伝承館」、国営の追悼施設「●福島県復興祈念公園」、震災遺構の「◎浪江町立請戸小学校」を訪れます。 朝:○ 昼:○ 夕:○
■見学後、宮城県、松島へ。
松島 ◎ご宿泊は、松島湾の眺望風呂が自慢の5つ星ホテル、ホテル松島・大観荘です。
   
松島/ホテル松島・大観荘泊
3 松島 午前
■朝食後、岩窟群に摩崖仏や石塔が残る、松島はじまりの地「●雄島」、朱塗りの橋を渡り「●福浦島」を訪れます。 朝:○ 昼:○ 夕:○
東松島市 2
■見学後、素朴で明媚な本来の松島の風景が残る「奥松島」と呼ばれる宮戸島へ向かいます。途中、陸松島の風景を望む野蒜(のびる)海岸の「●鷺ノ巣岩」に立ち寄ります。
宮戸島 ■宮戸島では、宮戸島八景のひとつ「●新浜岬」や古から人々が暮らした痕跡を残す「◎奥松島縄文村歴史資料館」を見学します。
◎本日は、大海原を望むお風呂自慢の宿・魚問屋が営むホテル観洋にご宿泊です。
   
南三陸温泉/ホテル観洋泊
4 南三陸町 午前
バス
■朝食後、「語り部バス」に乗車し、南三陸町の震災遺構を巡ります。その後、気仙沼へ。 朝:○ 昼:名 夕:×
気仙沼 ■着後、気仙沼漁港では、豊漁祈願でカツオを豪快に釣り上げる立ち恵比寿像がある「●神明崎の浮見堂」に立ち寄ります。
2
■見学後、県境を越え岩手県に入ります。
★昼食は、牡蠣漁師が営む食堂にて旬のかき御膳をどうぞ。
陸前高田 ■陸前高田に到着後、大津波に耐えた復興のシンボル「●奇跡の一本松」と「◎東日本大震災津波伝承館」にご案内します。
■観光後、バスで仙台へ向かいます。
仙台 午後
電車
■仙台(16:31~17:31)発、東北新幹線で東京へ。
東京
■東京(18:04~19:04)着後、解散。
1日目

□上野駅に出発30分前に集合。

■上野(8:30~9:00)発、常磐線特急で水戸へ。

■水戸(9:49~10:17)着後、梅まつりの「◎偕楽園」へ。梅守が守り育てる3000本の梅林を散策します。

★昼食は、大津漁港の市場食堂にて海鮮丼をご賞味下さい。

■昼食後、福島県いわきへ向かいます。

■いわき着後、地元の語り部と共に「●豊間漁港」、「◎いわき震災伝承みらい館」を訪れ、バスでいわき市内を巡ります。

★ご夕食は、冬の味覚・いわき名物あんこう鍋です。

いわき湯本温泉/吹の湯旅館泊

食事 朝:× 昼:○ 夕:名

2日目

■朝食後、避難指示が解除され、住民の帰還が始まっている福島県県の沿岸を巡ります。富岡町の「◎東京電力廃炉資料館」、双葉町では「◎東日本大震災・原子力災害伝承館」、国営の追悼施設「●福島県復興祈念公園」、震災遺構の「◎浪江町立請戸小学校」を訪れます。

■見学後、宮城県、松島へ。

◎ご宿泊は、松島湾の眺望風呂が自慢の5つ星ホテル、ホテル松島・大観荘です。

松島/ホテル松島・大観荘泊

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

3日目

■朝食後、岩窟群に摩崖仏や石塔が残る、松島はじまりの地「●雄島」、朱塗りの橋を渡り「●福浦島」を訪れます。

■見学後、素朴で明媚な本来の松島の風景が残る「奥松島」と呼ばれる宮戸島へ向かいます。途中、陸松島の風景を望む野蒜(のびる)海岸の「●鷺ノ巣岩」に立ち寄ります。

■宮戸島では、宮戸島八景のひとつ「●新浜岬」や古から人々が暮らした痕跡を残す「◎奥松島縄文村歴史資料館」を見学します。

◎本日は、大海原を望むお風呂自慢の宿・魚問屋が営むホテル観洋にご宿泊です。

南三陸温泉/ホテル観洋泊

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

4日目

■朝食後、「語り部バス」に乗車し、南三陸町の震災遺構を巡ります。その後、気仙沼へ。

■着後、気仙沼漁港では、豊漁祈願でカツオを豪快に釣り上げる立ち恵比寿像がある「●神明崎の浮見堂」に立ち寄ります。

■見学後、県境を越え岩手県に入ります。

★昼食は、牡蠣漁師が営む食堂にて旬のかき御膳をどうぞ。

■陸前高田に到着後、大津波に耐えた復興のシンボル「●奇跡の一本松」と「◎東日本大震災津波伝承館」にご案内します。

■観光後、バスで仙台へ向かいます。

■仙台(16:31~17:31)発、東北新幹線で東京へ。

■東京(18:04~19:04)着後、解散。

食事 朝:○ 昼:名 夕:×

日程表の見方

  • <食事>
  • :食事付
  • :各地の名物料理
  • :弁当(ボックスミール)
  • :機内食
  • ×:食事なし
  • =入場観光
  • =下車観光(外観)
  • :飛行機
  • :バス
  • :新幹線
  • :電車
  • :船舶
  • :4WD・小型車
  • :ハイキング
  • 早朝4:00
  • 6:00
  • 午前8:00
  • 11:00
  • 午後14:00
  • 夕刻17:00
  • 19:00
  • 深夜22:00
  • 未明24:004:00

旅行代金表

出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋利用追加代金 現地合流プラン旅行代金 催行 早割
期限
出発日 料金 状況 詳細
現在お申込みいただける出発日はございません


※現地合流プランは上野駅合流~仙台駅離団となります。尚、現地合流プランは出発の1ヶ月前迄にお申し出ください。
※お部屋は1~2日目和室(バス・トイレ付)、3日目和室又は洋室ツインルーム(バス・トイレ付)1室2名利用が基本です。尚、お一人部屋ご利用の場合、2日目は洋室ツインルーム(バス・トイレ付)、3日目は洋室シングルルーム(バス・トイレ付)となる場合がございます。

催行欄の見方

  • 催行決定

    催行(出発)が決定しています。

  • 申込多数

    ご出発の1ヶ月前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)

  • 空白

    現在募集中です。

  • 残席わずか

    ご予約いただける席が4席以下になっています。

  • キャンセル待ち

    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。

  • お問い合わせください

    詳細はお問い合わせください。

  • 残席わずか:ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち:現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • お問い合わせください:詳細はお問い合わせください。

ツアー詳細

発着地 東京発着(現地合流可)
利用予定交通機関 常磐線特急ときわ号又はひたち号、東北新幹線はやぶさ号又はやまびこ号
利用予定バス会社 茨城交通株式会社、東和観光、南三陸観光バス
利用予定ホテル <いわき>吹の湯温泉
<松島>ホテル松島・大観荘
<南三陸町>ホテル観洋
食事回数 朝食:3回・昼食:4回・夕食:3回
最少催行人員 10名 (最大19名)
添乗員 全行程同行してお世話します。

重要事項

※梅の開花条件は、その年の気象条件等により前後します。予めご了承ください。
※詳しい旅行条件を説明した書面をお送りいたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階