シルクロード鉄道走破の旅 ☆長安~ローマ15000㎞の旅☆ 28日間 ET28

シルクロードの魅力を鉄道で満喫します。

  • ホルゴス経由の列車/中国

  • 台車交換所、ドストゥク駅/カザフスタン

  • ウズベキスタンの列車/ウズベキスタン

  • ヴァン鉄道連絡船/トルコ

ツアーのポイント

●シルクロード15000㎞を列車で横断。
●2019年8月より運航再開のイラン~トルコの直通列車を利用
●列車が国境を直通していない区間も、鉄道国境を感じるよう、陸路移動。

&npsp;

日程表日程表の見方

  訪問都市 時刻 日程内容・宿泊地 食事
1 □成田又は羽田空港に出発2時間前に集合。 朝:× 昼:機 夕:×
東京 午後
飛行機
■午後、空路、北京へ。
北京
   
【 北京 泊 】
2 北京(列車/1,090㎞) 午前
電車
■午前、列車にて古都西安に向かいます。 朝:○ 昼:○ 夕:○
西安 午後
■着後、西安の城壁で最大の門で、シルクロードの起点である「●西城門」や「●絲綱之路起点群像」へご案内します。
★夕食は有名店、徳発長にて餃子宴をお楽しみください。
   
【 西安 泊 】
3 西安(列車/1,730㎞) 午前
電車
■朝食後、列車にて、かつてシルクロードの分岐点として栄えたオアシス都市、敦煌に向かいます。 朝:○ 昼:○ 夕:○
   
【車中泊 】
4 敦煌 午前
■着後、千年にわたって築かれた砂漠の大画廊「◎莫高窟」を訪ねます。一般窟の他、特別有料窟の「◎45窟」、「◎57窟」も見学します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(列車/380㎞) 夕刻
電車
★昼食は地元で人気の驢馬黄麺をお召し上がりください。
嘉峪関 深夜
■夕刻、列車にて、万里の長城最西部に位置する関、嘉峪関へ向かいます。
   
【 車中泊 】
5 嘉峪関(列車/790㎞) 未明
■未明、嘉峪関にて乗り換え、旧名迪化、古来天山北路の要地で準?爾(ジュンガル)盆地の中心烏魯木斉(ウルムチ)へ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
烏魯木斉 午前
電車
■着後、烏魯木斉市内観光。「◎新疆ウイグル自治区博物館」にご案内します。
(列車/1,000㎞) 深夜
■深夜、国際列車にて、国境を越え、カザフスタンで最大の都市で1998年まで首都であったアルマトイへ。
   
【 車中泊 】
6 アルマトイ 深夜
■着後、ホテルへ。 朝:× 昼:× 夕:×
   
【 アルマトイ 泊 】
7 アルマトイ 午前
バス
■朝食後、アルマトイ市内観光。「◎国立中央博物館」、「●パンフィロフ公園」へご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(列車/810㎞)
電車
■夜、列車にて、ウズベキスタンの首都、タシケントに向かいます。
   
【 車中 泊 】
8 タシケント
バス
■着後、タシケント市内観光。「◎ウズベキスタン歴史博物館」、日本人拘留者が造った「●ナヴォイ劇場」、「●日本人墓地」にご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
   
【 タシケント 泊 】
9 タシケント(列車/570㎞)
電車
■朝、列車にて、二千年に遡る歴史を持つブハラへ。 朝:弁 昼:○ 夕:○
ブハラ
■着後、ブハラ市内観光。「●カラーン・ミナレット」、「●カラーン・モスク」、「●ミル・アラブ・メドレセ」、丸屋根で覆われたバザール「●タキ」、「●ナディール・ディバンベキ・メドレセ」、「●リャビ・ハウズ」、「●チャル・ミナル」へご案内します。
   
【 ブハラ 泊 】
10 ブハラ(列車/80㎞) 午前
電車
■午前、列車にて、トルクメニスタンとの国境の街、アラトへ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
アラト(列車/80㎞) 午前

■着後、陸路にて、国境を越え、トルクメニスタンへ。
トルクメナバード(列車/620㎞)
電車
■夜、列車にて、首都アシハバードへ。
   
【 車中泊 】
11 アシハバード 午前
バス
■着後、アシハバード市内観光。「●永世中立の塔」、パルティア王国の初期の首都「●ニサ遺跡」、「●トルクメンバシィ・ルーフ・モスク」、「◎国立博物館」へご案内します。 朝:× 昼:○ 夕:弁
(列車/380㎞) 夕刻
電車
■夕刻、列車にて、メルブ観光の拠点、マリィへ。
   
【 車中 泊 】
12 マリィ 未明
■着後、ホテルにて休憩。 朝:○ 昼:○ 夕:○
午前
バス
■午前、中央アジア最大のメルブ遺跡を見学します、「●エルク・カラ」、「●グヤウル・カラ」、「●大キズカラ」をご堪能下さい。
   
【 マリィ 泊 】
13 マリィ(約175km/3時間) 午前
バス
■朝食後、バスにて、サラフスへ。国境を越え、イランへと向かいます。 朝:○ 昼:○ 夕:○
サラフス(列車/190㎞) 午後
電車
■午後、列車にてマシャドへ。
マシャド 夕刻
   
【 マシャド 泊 】
14 マシャド 午前
バス
■午前、マシャド観光。「●イマーム・レザー霊廟」、イランを代表する偉大な詩人「●フェルドゥースィー廟」にご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(列車/900㎞)
電車
■夜、列車にて、イランの首都テヘランへ。
   
【 車中 泊 】
15 テヘラン 午前
バス
■着後、テヘラン市内観光。「◎ゴレスターン宮殿」と「◎考古学博物館」、歴代シャーのコレクションが展示されている中央銀行の「◎宝石博物館」にご案内します。 朝:○ 昼:名 夕:○
★昼食は、壺の中で煮たアーブ・グーシュトをご賞味ください。
   
【 テヘラン 泊 】
16 テヘラン 午前
バス
■午前、引き続き、テヘラン市内観光。「◎絨毯博物館」、「●アーザーディー・タワー」、革命の指導者ホメイニーが眠る「●イマーム・ホメイニーの霊廟」へご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(列車/2,300㎞)
電車
■夜、列車にて、トルコの首都アンカラへ。60時間の列車とフェリーの旅をお楽しみください。
   
【 車中 泊 】
17 3
~鉄道移動日~ 朝:○ 昼:○ 夕:○
   
【車中泊 】
18 3
~鉄道移動日~ 朝:○ 昼:○ 夕:○
   
【 車中泊 】
19 アンカラ
バス
■着後、アンカラ市内観光。トルコ建国の父「●アタチュルク廟」、「◎アナトリア文明博物館」へご案内します。 朝:○ 昼:名 夕:○
往復約200km/3時間 ★昼食は、ギョグズレメ(トルコ風クレープ)をどうぞ。
ゴルディオン ■午後、ギリシア神話で黄金の伝説を持つミダス大王の都「●ゴルディオン遺跡」を訪ねます。
アンカラ 夕刻
   
【 アンカラ 泊 】
20 アンカラ(列車/440㎞)
電車
■朝、列車にて、イスタンブールに向かいます。 朝:弁 昼:○ 夕:○
イスタンブール 午前
バス
■着後、イスタンブール市内観光。モザイク画の美しい「◎カーリエ博物館」、イスタンブールの象徴である「◎ブルーモスク」にご案内します。また、大聖堂からモスクへと改修された「◎アヤソフィア」では「◎モザイクギャラリー」も見学します。

■又、アナトリア鉄道やバグダード鉄道の始発駅「●ハイダルパシャ駅」(現在は廃駅)の見学。見学後、ハイダルパシャ埠頭(又はカドゥキョイ埠頭)からスィルケジ駅のあるエミノニュ埠頭へフェリーにてボスポラス海峡を渡ります。ヨーロッパ側ターミナル駅でオリエント急行の終着駅「●スィルケジ駅」を見学。
   
【 イスタンブール 泊 】
21 イスタンブール(列車/240㎞) 午前
電車
■午前、列車にてウズンキョプルへ。 朝:弁 昼:○ 夕:○
ウズンキョプル(100㎞/2時間)

■着後、バスにて、国境越え、ギリシャのピティオンへ向かいます。
ピティオン(列車/80㎞)
電車
■夜、列車にて、アレクサンドロポリへ。
アレクサンドロポリ
   
【 アレクサンドロポリ 泊 】
22 アレクサンドロポリ(列車/310㎞)
電車
■朝、列車にて、ギリシャ第二の都市テッサロニキへ。 朝:弁 昼:名 夕:○
テッサロニキ
バス
■着後、テッサロニキ市内観光。「◎テッサロニキ考古学博物館」、「●ガレリウス帝の凱旋門」、「●ローマン・アゴラ」、アレキサンダー大王像が建つ「●ホワイトタワー」へご案内します。
★昼食は、ムサカをどうぞ。
   
【 テッサロニキ 泊 】
23 テッサロニキ(列車/210㎞) 午前
電車
■午前、列車にて、首都アテネへ。 朝:○ 昼:○ 夕:名
アテネ 午後
バス
■着後、近代オリンピック第一回大会が開かれた「●パナティナイコ・スタジアム」へご案内します。
★夕食はシーフード料理とギリシャヨーグルトです。
   
【 アテネ 泊 】
24 アテネ 午前
バス
■朝食後、完璧な建築技術を誇る「●パルテノン神殿」が建つ「●アクロポリスの丘」の観光。 朝:○ 昼:弁 夕:○
(列車/220㎞)
電車
■観光後、列車にて、キャト経由、ペロポネソス半島のパトラへ。
パトラ(列車/540㎞) 夕刻
船舶
■夕刻、フェリーにて、イタリアのブリンディジヘ。
   
【 船中 泊 】
25 ブリンディジ 午前
バス
■着後、アッピア街道の終着地を示す「●コロンナ・ロマーナ」にご案内します。 朝:○ 昼:弁 夕:○
(列車/550㎞)
電車
■昼、列車にて、永遠の都ローマへ。
ローマ 夕刻
   
【 ローマ 泊 】
26 ローマオスティア・アンティカ 午前
バス
■朝食後、テヴェレ川河口に位置し、〝海のシルクロードの終点?「◎オスティア・アンティカ」へご案内します。 朝:○ 昼:× 夕:×
ローマ ☆ご希望の方は現代に残る、アッピア旧街道を徒歩にて巡ります(約5㎞/1時間、ほぼ平坦)。※アッピア州立公園からアッピア街道の始まりの門「●サン・セバスティアーノ門」を通り、起点となる「●カナーペ門」、「●カラカラ浴場」まで歩きます。
(往復約50km/1.5時間) □観光後、自由時間。
   
【 ローマ 泊 】
27 ローマ 夕刻
飛行機
■昼、空路、中国内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。 朝:○ 昼:× 夕:機
   
【機中泊】
28 東京
■夜、成田又は羽田空港到着。通関後、解散。
朝:機 昼:機 夕:×
1日目

□成田又は羽田空港に出発2時間前に集合。

■午後、空路、北京へ。

【 北京 泊 】

食事 朝:× 昼:機 夕:×

2日目

■午前、列車にて古都西安に向かいます。

■着後、西安の城壁で最大の門で、シルクロードの起点である「●西城門」や「●絲綱之路起点群像」へご案内します。

★夕食は有名店、徳発長にて餃子宴をお楽しみください。

【 西安 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

3日目

■朝食後、列車にて、かつてシルクロードの分岐点として栄えたオアシス都市、敦煌に向かいます。

【車中泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

4日目

■着後、千年にわたって築かれた砂漠の大画廊「◎莫高窟」を訪ねます。一般窟の他、特別有料窟の「◎45窟」、「◎57窟」も見学します。

★昼食は地元で人気の驢馬黄麺をお召し上がりください。

■夕刻、列車にて、万里の長城最西部に位置する関、嘉峪関へ向かいます。

【 車中泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

5日目

■未明、嘉峪関にて乗り換え、旧名迪化、古来天山北路の要地で準?爾(ジュンガル)盆地の中心烏魯木斉(ウルムチ)へ。

■着後、烏魯木斉市内観光。「◎新疆ウイグル自治区博物館」にご案内します。

■深夜、国際列車にて、国境を越え、カザフスタンで最大の都市で1998年まで首都であったアルマトイへ。

【 車中泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

6日目

■着後、ホテルへ。

【 アルマトイ 泊 】

食事 朝:× 昼:× 夕:×

7日目

■朝食後、アルマトイ市内観光。「◎国立中央博物館」、「●パンフィロフ公園」へご案内します。

■夜、列車にて、ウズベキスタンの首都、タシケントに向かいます。

【 車中 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

8日目

■着後、タシケント市内観光。「◎ウズベキスタン歴史博物館」、日本人拘留者が造った「●ナヴォイ劇場」、「●日本人墓地」にご案内します。

【 タシケント 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

9日目

■朝、列車にて、二千年に遡る歴史を持つブハラへ。

■着後、ブハラ市内観光。「●カラーン・ミナレット」、「●カラーン・モスク」、「●ミル・アラブ・メドレセ」、丸屋根で覆われたバザール「●タキ」、「●ナディール・ディバンベキ・メドレセ」、「●リャビ・ハウズ」、「●チャル・ミナル」へご案内します。

【 ブハラ 泊 】

食事 朝:弁 昼:○ 夕:○

10日目

■午前、列車にて、トルクメニスタンとの国境の街、アラトへ。

■着後、陸路にて、国境を越え、トルクメニスタンへ。

■夜、列車にて、首都アシハバードへ。

【 車中泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

11日目

■着後、アシハバード市内観光。「●永世中立の塔」、パルティア王国の初期の首都「●ニサ遺跡」、「●トルクメンバシィ・ルーフ・モスク」、「◎国立博物館」へご案内します。

■夕刻、列車にて、メルブ観光の拠点、マリィへ。

【 車中 泊 】

食事 朝:× 昼:○ 夕:弁

12日目

■着後、ホテルにて休憩。

■午前、中央アジア最大のメルブ遺跡を見学します、「●エルク・カラ」、「●グヤウル・カラ」、「●大キズカラ」をご堪能下さい。

【 マリィ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

13日目

■朝食後、バスにて、サラフスへ。国境を越え、イランへと向かいます。

■午後、列車にてマシャドへ。

【 マシャド 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

14日目

■午前、マシャド観光。「●イマーム・レザー霊廟」、イランを代表する偉大な詩人「●フェルドゥースィー廟」にご案内します。

■夜、列車にて、イランの首都テヘランへ。

【 車中 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

15日目

■着後、テヘラン市内観光。「◎ゴレスターン宮殿」と「◎考古学博物館」、歴代シャーのコレクションが展示されている中央銀行の「◎宝石博物館」にご案内します。

★昼食は、壺の中で煮たアーブ・グーシュトをご賞味ください。

【 テヘラン 泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

16日目

■午前、引き続き、テヘラン市内観光。「◎絨毯博物館」、「●アーザーディー・タワー」、革命の指導者ホメイニーが眠る「●イマーム・ホメイニーの霊廟」へご案内します。

■夜、列車にて、トルコの首都アンカラへ。60時間の列車とフェリーの旅をお楽しみください。

【 車中 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

17日目

~鉄道移動日~

【車中泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

18日目

~鉄道移動日~

【 車中泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

19日目

■着後、アンカラ市内観光。トルコ建国の父「●アタチュルク廟」、「◎アナトリア文明博物館」へご案内します。

★昼食は、ギョグズレメ(トルコ風クレープ)をどうぞ。

■午後、ギリシア神話で黄金の伝説を持つミダス大王の都「●ゴルディオン遺跡」を訪ねます。

【 アンカラ 泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

20日目

■朝、列車にて、イスタンブールに向かいます。

■着後、イスタンブール市内観光。モザイク画の美しい「◎カーリエ博物館」、イスタンブールの象徴である「◎ブルーモスク」にご案内します。また、大聖堂からモスクへと改修された「◎アヤソフィア」では「◎モザイクギャラリー」も見学します。

■又、アナトリア鉄道やバグダード鉄道の始発駅「●ハイダルパシャ駅」(現在は廃駅)の見学。見学後、ハイダルパシャ埠頭(又はカドゥキョイ埠頭)からスィルケジ駅のあるエミノニュ埠頭へフェリーにてボスポラス海峡を渡ります。ヨーロッパ側ターミナル駅でオリエント急行の終着駅「●スィルケジ駅」を見学。

【 イスタンブール 泊 】

食事 朝:弁 昼:○ 夕:○

21日目

■午前、列車にてウズンキョプルへ。

■着後、バスにて、国境越え、ギリシャのピティオンへ向かいます。

■夜、列車にて、アレクサンドロポリへ。

【 アレクサンドロポリ 泊 】

食事 朝:弁 昼:○ 夕:○

22日目

■朝、列車にて、ギリシャ第二の都市テッサロニキへ。

■着後、テッサロニキ市内観光。「◎テッサロニキ考古学博物館」、「●ガレリウス帝の凱旋門」、「●ローマン・アゴラ」、アレキサンダー大王像が建つ「●ホワイトタワー」へご案内します。

★昼食は、ムサカをどうぞ。

【 テッサロニキ 泊 】

食事 朝:弁 昼:名 夕:○

23日目

■午前、列車にて、首都アテネへ。

■着後、近代オリンピック第一回大会が開かれた「●パナティナイコ・スタジアム」へご案内します。

★夕食はシーフード料理とギリシャヨーグルトです。

【 アテネ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:名

24日目

■朝食後、完璧な建築技術を誇る「●パルテノン神殿」が建つ「●アクロポリスの丘」の観光。

■観光後、列車にて、キャト経由、ペロポネソス半島のパトラへ。

■夕刻、フェリーにて、イタリアのブリンディジヘ。

【 船中 泊 】

食事 朝:○ 昼:弁 夕:○

25日目

■着後、アッピア街道の終着地を示す「●コロンナ・ロマーナ」にご案内します。

■昼、列車にて、永遠の都ローマへ。

【 ローマ 泊 】

食事 朝:○ 昼:弁 夕:○

26日目

■朝食後、テヴェレ川河口に位置し、〝海のシルクロードの終点?「◎オスティア・アンティカ」へご案内します。

☆ご希望の方は現代に残る、アッピア旧街道を徒歩にて巡ります(約5㎞/1時間、ほぼ平坦)。※アッピア州立公園からアッピア街道の始まりの門「●サン・セバスティアーノ門」を通り、起点となる「●カナーペ門」、「●カラカラ浴場」まで歩きます。

□観光後、自由時間。

【 ローマ 泊 】

食事 朝:○ 昼:× 夕:×

27日目

■昼、空路、中国内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。

【機中泊】

食事 朝:○ 昼:× 夕:機

28日目

■夜、成田又は羽田空港到着。通関後、解散。

食事 朝:機 昼:機 夕:×

日程表の見方

  • <食事>
  • :食事付
  • :各地の名物料理
  • :弁当(ボックスミール)
  • :機内食
  • ×:食事なし
  • =入場観光
  • =下車観光(外観)
  • :飛行機
  • :バス
  • :電車
  • :船舶
  • :4WD・小型車
  • :ハイキング
  • 早朝4:00
  • 6:00
  • 午前8:00
  • 11:00
  • 午後14:00
  • 夕刻17:00
  • 19:00
  • 深夜22:00
  • 未明24:004:00

旅行代金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約24,220円(19年12月10日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋利用追加代金 ビジネスクラス利用追加代金 催行 早割
期限
出発日 料金 状況 詳細
現在お申込みいただける出発日はございません


ビジネスクラス利用区間:東京→北京、ローマ→東京

催行欄の見方

  • 催行決定

    催行(出発)が決定しています。

  • 申込多数

    ご出発の1ヶ月前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)

  • 空白

    現在募集中です。

  • 残席わずか

    ご予約いただける席が4席以下になっています。

  • キャンセル待ち

    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。

  • お問い合わせください

    詳細はお問い合わせください。

  • 残席わずか:ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち:現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • お問い合わせください:詳細はお問い合わせください。

ツアー詳細

発着地 東京発着/国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡など国内35都市)
国内線手配料 片道11,000円 往復22,000円 (税込)
利用予定航空会社 中国国際航空,中国東方航空,中国南方航空
利用予定ホテル 又は同等クラス
食事回数 朝食:22回・昼食:23回・夕食:23回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 10名 (最大20名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等

必要

イラン 査証代実費 2,700円
トルクメニスタン 査証代実費 25US$
査証取得手続手数料 6,050円(税込)
写真3枚(4.5×3.5cm)うち2枚は同一のカラー写真(背景白のカラー写真のみ可。眼鏡着用写真は不可)
 
旅券残存有効期間 イラン出国時6ヶ月以上
査証欄余白 見開き6ページ以上

重要事項

※イラン入国の条件として海外保険の加入が必要。(クレジットカード付帯のものは不可)
※イスラエルの渡航歴がある方は、必ずパンフレット61ページの「レバノン・イランのご旅行をご検討またはお申込みのお客様へ」をご覧ください。
※列車にはポーターがおりませんので、ご自身で持ち運べる重さ・サイズのスーツケース、または両手が空くようにリュックなどをご用意いただきますようお願いいたします。
※移動は乗用車、四輪駆動車、中型バスとなります。分乗となり添乗員が同乗しない場合もございます。また、タクシーや公共交通機関を使うこともあります。

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階