ビリニュスとリガ2つの歌と踊りの祭典に沸く バルト三国物語 17日間 EUB7

ビリニュスとリガの歌と踊りの祭典に沸くバルト三国をじっくりご覧頂く旅。キフヌ島など通常のハイライトではご案内しない、観光地を訪問します。

  • 民族衣装や踊りでも自身のアイデンティティを表します/ビリニュスの歌と踊りの祭典にて

  • 世代を超えて受け継がれた想いと歌声/リガの歌と踊りの祭典にて

  • 伝統の暮らしが世界遺産になったキフヌ島にもご案内

  • バルチック艦隊の母港リエパヤのカロスタ刑務所跡

  • 世界遺産のタリン旧市街では旧市街徒歩圏内に宿泊

ツアーのポイント

●世界無形世界遺産に指定されたキフヌ島では、本土では失われた伝統的な生活にふれます。
●ビリニュス、リガ、タリンの各首都で連泊はもちろんの事、リトアニアの田舎クライペダ、エストニアのパルヌにても連泊する体にも優しい行程です。
●通常は訪れる事の少ない、魅力溢れる街々の観光を充実しました。特にエストニアでは、バルト海貿易で重要な拠点であったパルヌ、ハープサルなど日本ではまだまだ紹介されていない知られざるポイントがたくさんあります。

&npsp;

日程表日程表の見方

  訪問都市 時刻 日程内容・宿泊地 食事
1 □成田空港に出発2時間前に集合。 朝:× 昼:機 夕:×
東京 午前
飛行機
■午前、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、エストニアの首都タリンへ。
タリン 深夜
   
【タリン旧市街徒歩圏/ソコス・ヴィル泊 】
2 タリン滞在 09:00
■午前、タリン市内観光。”中世の生きた博物館”と呼ばれる街では「●アレクサンドル・ネフスキー聖堂」、エストニア本土では最古の教会である「●大聖堂」、街のシンボル「●旧市庁舎」へご案内します。また、丘の上の「●トームペア城」の展望台よりタリンの町並みを一望します。 朝:○ 昼:名 夕:×
★昼食はエストニア名物セリャンカ(スープ)です。
14:00
□午後、自由行動。(ご希望の方は、添乗員が散策や夕食にご案内します。(実費))
   
【タリン旧市街徒歩圏/ソコス・ヴィル泊 】
3 タリン 09:00
バス
■午前、タリン郊外の「●歌の原」、「●カドリオルク公園」を訪れます。 朝:○ 昼:○ 夕:○
■その後、ロシア皇帝やチャイコフスキーの保養地であったハープサルへ。
(ハープサル) ■午後、ハープサル市内観光。13世紀後半に建てられた「●僧正の城」にご案内します。
クレッサーレ 18:30
フェリー
■その後、フェリーを使いながらサーレマー島の中心地クレッサーレへ向かいます。
   
【 クレッサーレ泊 】
4 クレッサーレ 08:30
バス
■午前、自然が美しいサーレマー島の観光。14世紀に建てられた「◎クレッサーレ城」、「●カーリークレーター」、「●アングラ風車群」にご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
■その後、フェリーを使いながらエストニアの夏の都といわれるパルヌへ向かいます。
(ムフ島) ■途中、ムフ島に立ち寄り、「◎ムフ野外博物館」にご案内します。
パルヌ フェリー
バス
■午後、バルト海貿易の重要な拠点であり、ハンザ同盟にも加わったパルヌの市内観光。17世紀の城門「●タリン門」、赤い尖塔の「●エリザベート教会」、14世紀の騎士団時代の城壁である「●レッドタワー」にご案内します。
   
【 パルヌ泊 】
5 パルヌ滞在 09:00
フェリー
■午前、フェリーにて、本土ではすでに失われた伝統的な生活文化が残り、世界無形文化遺産に登録されているキフヌ島へ渡ります。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(キフヌ島) ■着後、島民の暮らしに欠かせない「●ロシア正教会」にご案内します。
★今でも伝統衣装を着て伝統的な生活をしているキフヌ島の家庭を訪問し、伝統の歌と踊りをご覧頂きます。
18:30
■観光後、フェリーにてパルヌに戻ります。
   
【 パルヌ泊 】
6 パルヌ 07:30
バス
■朝食後、国境を越え、ラトビア共和国に入り首都リガへ。 朝:○ 昼:○ 夕:名
リガ ■着後、リガ市内観光。"バルト海の真珠"と呼ばれる街では「●ユーゲントシュティール(アールヌーボー)建築群」と「◎ユーゲントシュティール博物館」、「●スウェーデン門」、「●猫の家」、「●リガ城」のある旧市街へご案内。また「◎聖ペテロ教会」では展望台にご案内し、リガの町を一望します。
★また、「◎リガ大聖堂」にてパイプオルガンコンサートにご案内します。
15:30
□午後、自由時間。(ご希望の方は添乗員が散策にご案内します。(実費))
★夕食はツーカス・リビニャス(豚のリブステーキ)です。
   
【 リガ旧市街徒歩圏内/ラディソンBLUダウガワ泊 】
7 リガ滞在【リガの歌と踊りの祭典】 ■終日、1873年にスタートし、リガで5年に1度開催されている「歌と踊りの祭典」をお楽しみ下さい。ラトビアの伝統文化や愛国心を歌と踊りによって表現する祭典は、伝統衣装を着た人々が街中でパレードや舞踊、合唱のパフォーマンスを行います。 朝:○ 昼:○ 夕:○
   
【 リガ旧市街徒歩圏内/ラディソンBLUダウガワ泊 】
8 リガ(クルディーガ) 08:30
バス
■午前、かつてクールランド公国の首都として栄えたクルディーガの市内観光。赤い瓦屋根を載せた木造の家並みが続く「●旧市街」、ソ連時代にはコンサートホールとして使われていた17世紀の「●聖カトリーナ教会」、幅110m・高さ2m の「●ヴェンタの滝」にご案内します。 朝:○ 昼:名 夕:○
★昼食はカーポストゥ・ティーテニス(豚のリブステーキ)です。
■その後、日露戦争の際にバルティック艦隊の出航地であったリエパヤへ。
リエパヤ ■午後、リエパヤの市内観光。石畳の道沿いに17世紀からの木造家屋が立ち並ぶ「●旧市街」、リエパヤで最も古い教会「●聖アンナ教会」、ロシア皇帝の命により造られた要塞跡が残り、ソ連時代は立ち入り禁止区域だった「●旧軍港地区(カロスタ)」にご案内します。
   
【 リエパヤ泊 】
9 リエパヤ 08:00
バス
■午前、国境を越えてリトアニア第三の街クライペダへ向かいます。 朝:○ 昼:○ 夕:名
(ルンダーレ宮殿) ■途中、エルミタージュ美術館を手掛けた建築家ラストゥレリが建築し、バルトのヴェルサイユと言われる「◎ルンダーレ宮殿」を観光します。
★昼食はルンダーレ宮殿内のレストランでお召し上がり頂きます。
(十字架の丘) ■午後、大小無数の十字架が立ち並ぶ「●十字架の丘」に立ち寄ります。
クライペダ 20:00
★夕食は、コウドゥナイ(リトアニア風餃子)を。
   
【 クライペダ/アンベルトン・クライペダ泊 】
10 クライペダ滞在 08:30
バス
■朝食後、全長96kmの細長い砂の半島クルシュー砂州に渡ります。 朝:○ 昼:名 夕:×
(ニダ) ■昼、ロシアとの国境近く、伝統的な木造家屋が多く立ち並ぶニダ市内観光。〝ヴェニスに死す”で有名な作家トーマス・マンの別荘を改装した「◎トーマス・マン博物館」、天気が良ければロシア領も見渡せる「●パルニッジョ砂丘」へ。
★昼食は、漁師の町ニダで魚料理をお召し上がりいただきます。
■観光後、クライペダに戻り、クライペダ市内観光。「●旧市街」、旧市街の中心地「●劇場広場」、「●ドラマ劇場」の観光をします。
18:00
□ご希望の方は添乗員が食事にご案内します。(実費)
   
【 クライペダ/アンベルトン・クライペダ泊 】
11 クライペダ 08:30
バス
■午前、リトアニア第二の都市カウナスへ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
■途中、「◎パジャイスリス修道院」、18世紀からの木造建築が集められた野外博物館「◎リトアニア民族生活博物館」を訪れます。
カウナス ■午後、カウナスの市内観光。杉原領事が執務を行った「◎杉原博物館(旧日本領事館)」、独立の際の記念碑が立ち並ぶ「●ヴィエニベス広場」、「●大聖堂」、「●旧市街」、「●カウナス城」、「●ぺルクーナスの家」へご案内します。
   
【 カウナス泊 】
12 カウナス 08:30
バス
■朝食後、リトアニアの首都ビリニュスへ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
ビリニュス【ビリニュスの歌と踊りの祭典】 ■着後、ビリニュスにて、4年に一度開催される「歌と踊りの祭典」にご案内します。祭典はリトアニア国民の半数以上が参加すると言われ、民族衣装を着た人々が歌や踊りを通して一つになり、故郷への想いを讃えます。
   
【 ビリニュス旧市街内/ヨーロッパ・ロイヤル泊 】
13 ビリニュス【ビリニュスの歌と踊りの祭典】 ■終日、ビリニュスの「歌と踊りの祭典」にご案内します。祭典の最終日、1万2千人の歌声が集結するステージをご覧頂きます。4年に一度、国民の想いと歌声が会場に広がり、人々の感動が一つになります。 朝:○ 昼:○ 夕:○
   
【 ビリニュス旧市街内/ヨーロッパ・ロイヤル泊 】
14 ビリニュス滞在 09:00
■午前、ビリニュス市内観光。"小さなローマ”と呼ばれる美しい街では16世紀に創立された「●ビリニュス大学」、レンガの美しい「●聖アンナ教会」、2,000以上もの彫刻群が圧倒的な「◎聖ペテロとパウロの教会」、「●夜明けの門」、「●大聖堂」、「◎リトアニア国立博物館」にご案内します。また、「●聖ヨハネ教会」の鐘楼より街を一望します。 朝:○ 昼:× 夕:×
13:00
□午後、自由時間。(ご希望の方は、添乗員が自由時間の散策や食事にご案内します。(実費))
   
【 ビリニュス旧市街内/ヨーロッパ・ロイヤル泊 】
15 ビリニュス滞在(トラカイ城) 09:00
■午前、湖に美しく佇む古城「◎トラカイ城」、リトアニア最初の首都と考えられるリトアニア大公の居城であった「●ケルナヴィ遺跡」にご案内します。 朝:○ 昼:名 夕:×
★昼食は、キビナイ(リトアニア風パイ)です。
(ウジュピス共和国) ■午後、パリのモルマントルにも似た芸術家村が形成された自称独立国「ウジュピス共和国」にご案内します。
■その後、ビリニュスに戻り、新緑が美しい市民の憩いの公園「●桜の園」、「●杉原千畝記念碑」にご案内します。
17:00
□ご希望の方は添乗員が食事にご案内します。(実費)
   
【 ビリニュス旧市街内/ヨーロッパ・ロイヤル泊 】
16 ビリニュス
飛行機
■朝、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。 朝:○ 昼:× 夕:機
   
【 機中泊 】
17 東京 1
■昼、成田空港到着。通関後、解散。
朝:機 昼:× 夕:×
1日目

□成田空港に出発2時間前に集合。

■午前、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、エストニアの首都タリンへ。

【タリン旧市街徒歩圏/ソコス・ヴィル泊 】

食事 朝:× 昼:機 夕:×

2日目

■午前、タリン市内観光。”中世の生きた博物館”と呼ばれる街では「●アレクサンドル・ネフスキー聖堂」、エストニア本土では最古の教会である「●大聖堂」、街のシンボル「●旧市庁舎」へご案内します。また、丘の上の「●トームペア城」の展望台よりタリンの町並みを一望します。

★昼食はエストニア名物セリャンカ(スープ)です。

□午後、自由行動。(ご希望の方は、添乗員が散策や夕食にご案内します。(実費))

【タリン旧市街徒歩圏/ソコス・ヴィル泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:×

3日目

■午前、タリン郊外の「●歌の原」、「●カドリオルク公園」を訪れます。

■その後、ロシア皇帝やチャイコフスキーの保養地であったハープサルへ。

■午後、ハープサル市内観光。13世紀後半に建てられた「●僧正の城」にご案内します。

■その後、フェリーを使いながらサーレマー島の中心地クレッサーレへ向かいます。

【 クレッサーレ泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

4日目

■午前、自然が美しいサーレマー島の観光。14世紀に建てられた「◎クレッサーレ城」、「●カーリークレーター」、「●アングラ風車群」にご案内します。

■その後、フェリーを使いながらエストニアの夏の都といわれるパルヌへ向かいます。

■途中、ムフ島に立ち寄り、「◎ムフ野外博物館」にご案内します。

■午後、バルト海貿易の重要な拠点であり、ハンザ同盟にも加わったパルヌの市内観光。17世紀の城門「●タリン門」、赤い尖塔の「●エリザベート教会」、14世紀の騎士団時代の城壁である「●レッドタワー」にご案内します。

【 パルヌ泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

5日目

■午前、フェリーにて、本土ではすでに失われた伝統的な生活文化が残り、世界無形文化遺産に登録されているキフヌ島へ渡ります。

■着後、島民の暮らしに欠かせない「●ロシア正教会」にご案内します。

★今でも伝統衣装を着て伝統的な生活をしているキフヌ島の家庭を訪問し、伝統の歌と踊りをご覧頂きます。

■観光後、フェリーにてパルヌに戻ります。

【 パルヌ泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

6日目

■朝食後、国境を越え、ラトビア共和国に入り首都リガへ。

■着後、リガ市内観光。"バルト海の真珠"と呼ばれる街では「●ユーゲントシュティール(アールヌーボー)建築群」と「◎ユーゲントシュティール博物館」、「●スウェーデン門」、「●猫の家」、「●リガ城」のある旧市街へご案内。また「◎聖ペテロ教会」では展望台にご案内し、リガの町を一望します。

★また、「◎リガ大聖堂」にてパイプオルガンコンサートにご案内します。

□午後、自由時間。(ご希望の方は添乗員が散策にご案内します。(実費))

★夕食はツーカス・リビニャス(豚のリブステーキ)です。

【 リガ旧市街徒歩圏内/ラディソンBLUダウガワ泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:名

7日目

■終日、1873年にスタートし、リガで5年に1度開催されている「歌と踊りの祭典」をお楽しみ下さい。ラトビアの伝統文化や愛国心を歌と踊りによって表現する祭典は、伝統衣装を着た人々が街中でパレードや舞踊、合唱のパフォーマンスを行います。

【 リガ旧市街徒歩圏内/ラディソンBLUダウガワ泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

8日目

■午前、かつてクールランド公国の首都として栄えたクルディーガの市内観光。赤い瓦屋根を載せた木造の家並みが続く「●旧市街」、ソ連時代にはコンサートホールとして使われていた17世紀の「●聖カトリーナ教会」、幅110m・高さ2m の「●ヴェンタの滝」にご案内します。

★昼食はカーポストゥ・ティーテニス(豚のリブステーキ)です。

■その後、日露戦争の際にバルティック艦隊の出航地であったリエパヤへ。

■午後、リエパヤの市内観光。石畳の道沿いに17世紀からの木造家屋が立ち並ぶ「●旧市街」、リエパヤで最も古い教会「●聖アンナ教会」、ロシア皇帝の命により造られた要塞跡が残り、ソ連時代は立ち入り禁止区域だった「●旧軍港地区(カロスタ)」にご案内します。

【 リエパヤ泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

9日目

■午前、国境を越えてリトアニア第三の街クライペダへ向かいます。

■途中、エルミタージュ美術館を手掛けた建築家ラストゥレリが建築し、バルトのヴェルサイユと言われる「◎ルンダーレ宮殿」を観光します。

★昼食はルンダーレ宮殿内のレストランでお召し上がり頂きます。

■午後、大小無数の十字架が立ち並ぶ「●十字架の丘」に立ち寄ります。

★夕食は、コウドゥナイ(リトアニア風餃子)を。

【 クライペダ/アンベルトン・クライペダ泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:名

10日目

■朝食後、全長96kmの細長い砂の半島クルシュー砂州に渡ります。

■昼、ロシアとの国境近く、伝統的な木造家屋が多く立ち並ぶニダ市内観光。〝ヴェニスに死す”で有名な作家トーマス・マンの別荘を改装した「◎トーマス・マン博物館」、天気が良ければロシア領も見渡せる「●パルニッジョ砂丘」へ。

★昼食は、漁師の町ニダで魚料理をお召し上がりいただきます。

■観光後、クライペダに戻り、クライペダ市内観光。「●旧市街」、旧市街の中心地「●劇場広場」、「●ドラマ劇場」の観光をします。

□ご希望の方は添乗員が食事にご案内します。(実費)

【 クライペダ/アンベルトン・クライペダ泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:×

11日目

■午前、リトアニア第二の都市カウナスへ。

■途中、「◎パジャイスリス修道院」、18世紀からの木造建築が集められた野外博物館「◎リトアニア民族生活博物館」を訪れます。

■午後、カウナスの市内観光。杉原領事が執務を行った「◎杉原博物館(旧日本領事館)」、独立の際の記念碑が立ち並ぶ「●ヴィエニベス広場」、「●大聖堂」、「●旧市街」、「●カウナス城」、「●ぺルクーナスの家」へご案内します。

【 カウナス泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

12日目

■朝食後、リトアニアの首都ビリニュスへ。

■着後、ビリニュスにて、4年に一度開催される「歌と踊りの祭典」にご案内します。祭典はリトアニア国民の半数以上が参加すると言われ、民族衣装を着た人々が歌や踊りを通して一つになり、故郷への想いを讃えます。

【 ビリニュス旧市街内/ヨーロッパ・ロイヤル泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

13日目

■終日、ビリニュスの「歌と踊りの祭典」にご案内します。祭典の最終日、1万2千人の歌声が集結するステージをご覧頂きます。4年に一度、国民の想いと歌声が会場に広がり、人々の感動が一つになります。

【 ビリニュス旧市街内/ヨーロッパ・ロイヤル泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

14日目

■午前、ビリニュス市内観光。"小さなローマ”と呼ばれる美しい街では16世紀に創立された「●ビリニュス大学」、レンガの美しい「●聖アンナ教会」、2,000以上もの彫刻群が圧倒的な「◎聖ペテロとパウロの教会」、「●夜明けの門」、「●大聖堂」、「◎リトアニア国立博物館」にご案内します。また、「●聖ヨハネ教会」の鐘楼より街を一望します。

□午後、自由時間。(ご希望の方は、添乗員が自由時間の散策や食事にご案内します。(実費))

【 ビリニュス旧市街内/ヨーロッパ・ロイヤル泊 】

食事 朝:○ 昼:× 夕:×

15日目

■午前、湖に美しく佇む古城「◎トラカイ城」、リトアニア最初の首都と考えられるリトアニア大公の居城であった「●ケルナヴィ遺跡」にご案内します。

★昼食は、キビナイ(リトアニア風パイ)です。

■午後、パリのモルマントルにも似た芸術家村が形成された自称独立国「ウジュピス共和国」にご案内します。

■その後、ビリニュスに戻り、新緑が美しい市民の憩いの公園「●桜の園」、「●杉原千畝記念碑」にご案内します。

□ご希望の方は添乗員が食事にご案内します。(実費)

【 ビリニュス旧市街内/ヨーロッパ・ロイヤル泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:×

16日目

■朝、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。

【 機中泊 】

食事 朝:○ 昼:× 夕:機

17日目

■昼、成田空港到着。通関後、解散。

食事 朝:機 昼:× 夕:×

日程表の見方

  • =入場観光
  • =下車観光(外観)
  • :飛行機
  • :バス
  • :電車
  • :船舶
  • :4WD・小型車
  • :ハイキング
  • 早朝4:00
  • 6:00
  • 午前8:00
  • 11:00
  • 午後14:00
  • 夕刻17:00
  • 19:00
  • 深夜22:00
  • 未明24:004:00

旅行代金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約9,010円(17年12月01日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋利用追加代金 ビジネスクラス利用追加代金 催行 早割
期限
出発日 料金 状況 詳細
18年06月24日(日) 18年06月24日(日) 歌の祭典 558,000円 98,000円

申込多数

残席わずか

120 02/23  
ポイント 歌の祭典
お一人部屋利用
追加代金
98,000円
ビジネスクラス
利用追加代金
早割期限 120 02/23

仮予約する


※ビジネスクラスご利用区間:東京⇔ヨーロッパ内都市 

催行欄の見方

  • 催行決定

    催行(出発)が決定しています。

  • 申込多数

    ご出発の1ヶ月前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)

  • 空白

    現在募集中です。

  • 残席わずか

    ご予約いただける席が4席以下になっています。

  • キャンセル待ち

    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。

  • お問い合わせください

    詳細はお問い合わせください。

  • 残席わずか:ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち:現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • お問い合わせください:詳細はお問い合わせください。

ツアー詳細

発着地 東京発着
国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌など国内35都市)
国内線手配料金:往復:20,000円、片道:10,000円(税別)
利用予定航空会社 フィンランド航空,スカンジナビア航空,日本航空,アエロフロート・ロシア航空,LOTポーランド航空
利用予定ホテル <タリン>ヴィル
<クレッサーレ>スパホテル・メリ 又は同等クラス
<パルヌ>パルヌ 又は同等クラス
<リガ>ラディソンBLUダウガワ
<クライペダ>アンベルトン・クライペダ
<カウナス>ベストウエスタン・サンタコス 又は同等クラス
<ビリニュス>ヨーロッパロイヤル
食事回数 朝食:15回・昼食:13回・夕食:10回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 13名 (最大22名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
旅券残存有効期間 帰国時3ヶ月以上

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。
※イベントやお祭りの変更などにより、観光順序や食事の付く個所を変更する場合もございます。
※教会は教会行事等により急遽閉館する場合がございますので、予めご了承下さい。
※リガの大聖堂では改修工事のため一部クローズになる可能性がございます。
※朝食はビュッフェまたはアメリカン・スタイルです。
※昼食、夕食のときはミネラルウォーターをご用意します。
※食後にコーヒー又は紅茶をお付けします。
※日程表内観光表記 ◎=入場観光、●=下車観光(外観) 

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

関連ツアー関連ツアー

  • ビリニュスの歌と踊りの祭典

    歌と踊りの祭典とバルト三国を極める旅 12日間

  • 独立への熱い思いを歌に託した人々の想いが今日も続いている/ビリニュスの歌と踊りの祭典にて

    ビリニュスとリガ2つの歌と踊りの祭典に沸く バルト三国古都巡り 9日間

  • リガの歌と踊りの祭典©LNKC archive

    関空発復路直行便 ビリニュスとリガ2つの歌と踊りの祭典歌と踊りの祭典に沸く バルト三国とヘルシンキ 10日間

関連特集関連特集

  • タリンの街並み

    中世ハンザ同盟の美都と、手付かずの大自然が共生する、バルト三国へ