【関空発着】世界遺産チョガ・ザンビルとペルシャ5大都市周遊 12日間 IRK2

中東三大遺跡の一つペルセポリスをはじめとするイランのハイライトに加え、聖地マシャドも訪問します。

  • 別名ローズモスクと呼ばれているナシル・アル・モルク・モスク

  • アケメネス朝ペルシャの栄光ペルセポリス

  • イマーム・モスクに施された見事なムカルナス(鍾乳飾り)

  • 憩いの場ともなっている世界遺産イマーム広場

  • 階段状ジッグラトの残るチョガ・ザンビル

  • シュシュタルの水利施設

ツアーのポイント

●古代エラム王国の貴重な遺跡チョガ・ザンビルへご案内。
●シーア派の聖地マシャドやゾロアスター教の信仰の残るヤズドも訪問。
●ペルセポリス観光の拠点シラーズと、ハイライトであるイスファハンは、それぞれ2連泊でじっくり観光します。
●ミネラルウォーターを毎日、お一人様につき1本ご用意します!(航空機の移動日を除く)

&npsp;

日程表日程表の見方

  訪問都市 時刻 日程内容・宿泊地 食事
1 □関西空港に出発2時間前に集合。 朝:× 昼:× 夕:機
大阪 深夜
飛行機
■深夜、エミレーツ航空にて、ドバイ乗り継ぎ、イランの首都テヘランへ。
   
【 機中泊 】
2 テヘラン 午前
■着後、テヘラン観光。歴代シャーのコレクションが展示されている中央銀行の「◎宝石博物館」、テヘランのシンボル「●アザディー・タワー」にご案内します。 朝:機 昼:○ 夕:○
   
【 テヘラン 泊 】
3 テヘラン 午前
飛行機
■午前、空路、アフワズへ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
アフワズ 午前
■着後、アケメネス朝の行政の中心地「●スーサ」、古代エラム王国の階段状ジグラットが残る「●チョガ・ザンビル」、「●シュシュタルの水利施設」へご案内します。
   
【 アフワズ 泊 】
4 アフワズ(ビシャプール)
バス
■朝食後、古代より文明が栄えたファロス州の州都シラーズへ。
■途中、ササン朝の都「●ビシャプール遺跡」を見学します。
朝:○ 昼:○ 夕:○
シラーズ
   
【 シラーズ 泊 】
5 シラーズ滞在 ■朝食後、シラーズ観光。「◎ハーフェズ廟」、別名“ローズモスク”と呼ばれる「◎ナシル・アル・モルク・モスク」、バラ園で有名な「●エラムガーデン」へご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(ペルセポリス)(ナクシュ・ロスタム)(ナクシュ・ラジャブ) ■その後、シラーズ近郊の古代遺跡観光。壮大な「●ペルセポリス王宮遺跡群」、アケメネス朝4代の王墓とゾロアスター教徒が礼拝に使用した拝火教神殿がある「●ナクシュ・ロスタム」、岩壁彫刻のある「●ナクシュ・ラジャブ」へご案内します。
   
【 シラーズ 泊 】
6 シラーズ 午前
バス
■朝食後、今なおゾロアスター教を守り続けているヤズドへ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(パサルガダエ) ■途中、アケメネス朝最初の都パサルガダエへ。「●キュロス2世の宮殿」や「●王墓」へご案内します。
ヤズド 夕刻
   
【 ヤズド 泊 】
7 ■朝食後、ヤズド観光。「●ゾロアスター教拝火神殿」、鳥葬のために使われた「●沈黙の塔」、「●ザラック・カナート」、「●金曜日のモスク」へご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
ヤズド
バス
■その後、隆盛を極めたイスファハンへ。
イスファハン 夕刻
   
【 イスファハン 泊 】
8 イスファハン滞在 ■終日、イスファハン観光。アッバース1世が建造した「●イマーム広場」、「◎イマーム・モスク」、「◎アリカプ宮殿」、「◎シャイフ・ロトフォラー・モスク」、「●バザール」、「◎四十柱宮殿」、「●金曜日のモスク」にご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
★チャイハネにてティータイムをお楽しみください。
★夜、イマーム広場の夜景にご案内します。
   
【 イスファハン 泊 】
9 ■朝食後、引き続きイスファハン観光。「●ヴァーンク教会」、「●ハージュ橋」、「●33アーチ橋」にご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
イスファハン 午後
飛行機
■午後、空路、イスラム教シーア派最大の聖地マシャドへ。
マシャド
   
【 マシャド 泊 】
10 ■朝食後、マシャド観光。金箔のドームと尖塔が美しい「●イマーム・レザー廟」へご案内します。 朝:○ 昼:名 夕:○
★昼食は、名物ケバブをご賞味ください。
マシャド 深夜
飛行機
■深夜、空路、テヘランへ。
テヘラン 深夜
   
【 テヘラン 泊 】
11 ■朝食後、テヘラン観光。「◎イラン考古学博物館」、「◎ゴレスターン宮殿」にご案内します。 朝:○ 昼:名 夕:機
★昼食は、壺の中で煮たアーブ・グーシュトを伝統的な食べ方でご賞味ください。
テヘラン
飛行機
■夜、エミレーツ航空にて、ドバイ乗り継ぎ、帰国の途へ。
   
【 機中泊 】
12 大阪 夕刻
■夕刻、関西空港到着。通関後、解散。
朝:機 昼:機 夕:×
1日目

□関西空港に出発2時間前に集合。

■深夜、エミレーツ航空にて、ドバイ乗り継ぎ、イランの首都テヘランへ。

【 機中泊 】

食事 朝:× 昼:× 夕:機

2日目

■着後、テヘラン観光。歴代シャーのコレクションが展示されている中央銀行の「◎宝石博物館」、テヘランのシンボル「●アザディー・タワー」にご案内します。

【 テヘラン 泊 】

食事 朝:機 昼:○ 夕:○

3日目

■午前、空路、アフワズへ。

■着後、アケメネス朝の行政の中心地「●スーサ」、古代エラム王国の階段状ジグラットが残る「●チョガ・ザンビル」、「●シュシュタルの水利施設」へご案内します。

【 アフワズ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

4日目

■朝食後、古代より文明が栄えたファロス州の州都シラーズへ。
■途中、ササン朝の都「●ビシャプール遺跡」を見学します。

【 シラーズ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

5日目

■朝食後、シラーズ観光。「◎ハーフェズ廟」、別名“ローズモスク”と呼ばれる「◎ナシル・アル・モルク・モスク」、バラ園で有名な「●エラムガーデン」へご案内します。

■その後、シラーズ近郊の古代遺跡観光。壮大な「●ペルセポリス王宮遺跡群」、アケメネス朝4代の王墓とゾロアスター教徒が礼拝に使用した拝火教神殿がある「●ナクシュ・ロスタム」、岩壁彫刻のある「●ナクシュ・ラジャブ」へご案内します。

【 シラーズ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

6日目

■朝食後、今なおゾロアスター教を守り続けているヤズドへ。

■途中、アケメネス朝最初の都パサルガダエへ。「●キュロス2世の宮殿」や「●王墓」へご案内します。

【 ヤズド 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

7日目

■朝食後、ヤズド観光。「●ゾロアスター教拝火神殿」、鳥葬のために使われた「●沈黙の塔」、「●ザラック・カナート」、「●金曜日のモスク」へご案内します。

■その後、隆盛を極めたイスファハンへ。

【 イスファハン 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

8日目

■終日、イスファハン観光。アッバース1世が建造した「●イマーム広場」、「◎イマーム・モスク」、「◎アリカプ宮殿」、「◎シャイフ・ロトフォラー・モスク」、「●バザール」、「◎四十柱宮殿」、「●金曜日のモスク」にご案内します。

★チャイハネにてティータイムをお楽しみください。

★夜、イマーム広場の夜景にご案内します。

【 イスファハン 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

9日目

■朝食後、引き続きイスファハン観光。「●ヴァーンク教会」、「●ハージュ橋」、「●33アーチ橋」にご案内します。

■午後、空路、イスラム教シーア派最大の聖地マシャドへ。

【 マシャド 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

10日目

■朝食後、マシャド観光。金箔のドームと尖塔が美しい「●イマーム・レザー廟」へご案内します。

★昼食は、名物ケバブをご賞味ください。

■深夜、空路、テヘランへ。

【 テヘラン 泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

11日目

■朝食後、テヘラン観光。「◎イラン考古学博物館」、「◎ゴレスターン宮殿」にご案内します。

★昼食は、壺の中で煮たアーブ・グーシュトを伝統的な食べ方でご賞味ください。

■夜、エミレーツ航空にて、ドバイ乗り継ぎ、帰国の途へ。

【 機中泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:機

12日目

■夕刻、関西空港到着。通関後、解散。

食事 朝:機 昼:機 夕:×

日程表の見方

  • =入場観光
  • =下車観光(外観)
  • :飛行機
  • :バス
  • :電車
  • :船舶
  • :4WD・小型車
  • :ハイキング
  • 早朝4:00
  • 6:00
  • 午前8:00
  • 11:00
  • 午後14:00
  • 夕刻17:00
  • 19:00
  • 深夜22:00
  • 未明24:004:00

旅行代金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約6,700円(17年07月20日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。) 
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋利用追加代金 ビジネスクラス利用追加代金 催行 早割
期限
出発日 料金 状況 詳細
18年04月16日(月) 18年04月16日(月) 関空発着 428,000円 60,000円 +500,000円  
ポイント 関空発着
お一人部屋利用
追加代金
60,000円
ビジネスクラス
利用追加代金
+500,000円
早割期限

仮予約する


※ビジネスクラス利用区間:大阪⇔テヘラン
※バラの開花時期は前後する場合がございます。

催行欄の見方

  • 催行決定

    催行(出発)が決定しています。

  • 申込多数

    ご出発の1ヶ月前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)

  • 空白

    現在募集中です。

  • 残席わずか

    ご予約いただける席が4席以下になっています。

  • キャンセル待ち

    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。

  • お問い合わせください

    詳細はお問い合わせください。

  • 残席わずか:ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち:現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • お問い合わせください:詳細はお問い合わせください。

ツアー詳細

発着地 大阪発着
国内線手配可能都市:札幌、福岡、東京(弊社指定便に限ります。詳しくはお問い合わせください。) 
国内線手配料金:往復:20,000円、片道:10,000円(税別)
利用予定航空会社 エミレーツ航空
利用予定ホテル <テヘラン>パルシアン・アサディ 又は同等クラス
<アフワズ>ナデリ 又は同等クラス
<シラーズ>パルスインターナショナル 又は同等クラス
<ヤズド>サファーイエ 又は同等クラス
<イスファハン>サフィール 又は同等クラス
<マシャド>ゴールデンパレスゴールデンパレス 又は同等クラス
食事回数 朝食:9回・昼食:10回・夕食:9回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 10名 (最大25名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等

必要

渡航手続手数料:5500円(税別)
査証代実費:2700円
必要書類:
●旅券(パスポート)
●お申込み時に弊社よりお送りします「イラン査証取得に関するアンケート」用紙
●証明写真 同一の写真2枚(縦4cm×横3cm) ※白黒写真のみ可。素人写真並びに眼鏡着用写真はイラン大使館では受理されません。パスポートの写真で眼鏡を着用している場合でも、査証申請時には眼鏡未着用の写真をご用意ください。
★必要書類はご出発の約4週間前までに届くよう簡易書留郵便にてご送付ください。

注意事項:
・イスラエルに渡航歴のある方はお問合せください。
・アメリカ合衆国に渡航の予定がある方、中南米方面やカナダへの渡航でアメリカでの乗り継ぎを予定されている方はご注意下さい。イランに渡航されますと、ビザ免除プログラム(ESTA:米国電子事前認証システム)を利用して渡米することができなくなった旨、発表されました(10年間有効の非移民ビザを取得すれば、渡米は可能です)。詳細はお問い合わせください。
旅券残存有効期間 イラン出国時6ヶ月以上
査証欄余白 見開き2頁以上

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので、事前にご確認のうえお申し込みください。
※現在、イランに入国する渡航者に対し、海外旅行保険への加入が義務付けられております。入国時に保険証券の提示を求められるため、必ずご加入いただきますようお願いいたします。尚、ご加入内容に条件がございますため、詳細はお問い合わせください。
※航空便発券のため、出発30日前までにお客様のパスポート番号、発行年月日を弊社までお知らせいただく必要がございます(ご旅行参加申込書にご記入いただければ結構です)。これから新たにパスポートのご取得、更新を予定されている場合は、お早めにお手続きをお済ませいただき、弊社までご連絡くださいますようお願い申し上げます。
※8日目の夜景は、悪天候等の事由によりご案内できない場合がございます。
※バスは大型でなく40席未満の中型となる場合がございます。

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

関連ツアー関連ツアー

  • 別名ローズモスクと呼ばれているナシル・アル・モルク・モスク

    イラン・ハイライト 8日間

  • イマーム・モスクに施された見事なムカルナス(鍾乳飾り)

    イラン世界遺産紀行 11日間

  • ペルセポリス近郊のナクシュ・ロスタムに残る「騎馬叙任式図」レリーフ

    イラン歴史物語 16日間

  • ダレイオス1世のビストゥーンの碑文

    ペルシャ帝国大周遊 22日間

関連特集関連特集

  • ペルセポリス

    イランの世界遺産と古代ペルシャの遺跡を訪ねる