イラン北西部とナヒチェヴァン自治共和国を訪ねて 12日間 IRW2

イランだけでなく、贅沢にナヒチェヴァン(アゼルバイジャン)にも訪れます!

  • 石のライオン像

  • マースーレー村

  • イランの学生たち

  • ノアの墓(ナヒチェヴァン)

  • モミネ・ハトゥン廟(ナヒチェヴァン)

ツアーのポイント

●イランから陸路国境を越え、アゼルバイジャンの飛び地ナヒチェヴァン自治共和国を訪れます。
●イラン北西部の世界遺産と素朴な村々、カスピ海沿岸まで足を延ばします。
●ミネラルウォーターを毎日、お一人様につき1本ご用意します!(航空機の移動日を除く)

&npsp;

日程表日程表の見方

  訪問都市 時刻 日程内容・宿泊地 食事
1 □成田空港又は羽田空港に出発2時間前に集合。 朝:× 昼:× 夕:機
東京
飛行機
■夜、空路、中東内都市乗り継ぎ、イランの首都テヘランへ。
   
【 機中泊 】
2 テヘラン 午前
飛行機
■着後、国内線に乗り継ぎ、空路、ケルマンシャーへ。 朝:機 昼:○ 夕:機
ケルマンシャー
   
【 ケルマンシャー 泊 】
3 ケルマンシャー 午前
バス
■朝食後、紀元前600年のメディナの首都として栄えたハマダンへ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(約190km/3時間)
■途中、ササン朝時代の浮き彫りが残る「●ターク・イ・ブスタン」、「●ビストゥーンの碑文」、パルティア時代の遺跡が残る「●カンガヴァール」に立ち寄ります。
ハマダン 夕刻
■着後、ハマダン観光。石の「●ライオン像」、「●金曜日のモスク」をご覧いただきます。
   
【 ハマダン 泊 】
4 ハマダン 午前
バス
■朝食後、ザンジャンへ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(約430km/7時間)
■途中、ソロモンの玉座として知られる「●タフテ・ソレイマン遺跡」にご案内します。
ザンジャン
   
【 ザンジャン 泊 】
5 ザンジャン 午前
バス
■朝食後、イルハン王朝の傑作「●スルタニエ」を見学します。その後、古来より貿易路の宿場町として栄えたタブリーズへ。 朝:○ 昼:○ 夕:名
キャンドバン ■途中、奇岩が林立する風景が見事な「●キャンドバン村」を訪れます。
タブリーズ
★夕食は名物キョフテ(肉団子)をお召し上がりください。
(合計約490km/6時間)
   
【 タブリーズ 泊 】
6 ■朝食後、タブリーズ観光。「●バザール」にご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
タブリーズジョルファ 午前
バス
■その後、ジョルファ近郊のアルメニア修道院建造物「●聖ステパノ教会」を見学し、国境を越えてアゼルバイジャンの飛び地ナヒチェヴァン自治共和国へ。
ナヒチェヴァン 夕刻
(合計約180km/3時間)
   
【 ナヒチェヴァン 泊 】
7 ナヒチェヴァン滞在 ■終日、ナヒチェヴァン観光。「◎ヘイダル・アリエフ博物館」、「◎絨毯博物館」、セルジュク朝の末裔アタベグの后廟「●モミネ・ハトゥン廟」、方舟伝説が残る「●ノアの墓」、「●岩塩坑」にご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:名
★夕食はウズラのケバブをどうぞ。
   
【 ナヒチェヴァン 泊 】
8 ナヒチェヴァン 午前
バス
■朝食後、国境を越え、イランのタブリーズへ戻ります。 朝:○ 昼:○ 夕:○
マクー ■途中、アルメニア人巡礼者が集まるマクーの「聖タデウス教会(黒の教会)」にご案内します。
タブリーズ 夕刻
(合計約480km/7時間)
   
【 タブリーズ 泊 】
9 タブリーズ 午前
バス
■朝食後、カスピ海沿岸の港町バンダルアンザリへ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
アルダビル ■途中、サファビー朝発祥の地アルダビルに立ち寄り、「●シェイフ・サフィ・オッディーン廟」にご案内します。
バンダルアンザリ 夕刻
(合計約460km/8時間)
   
【 バンダルアンザリ 泊 】
10 バンダルアンザリ滞在 ■午前、豊かな自然を満喫できるアンザリ潟をボートで遊覧します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(マースーレー村) ■午後、海抜1050mの山の急斜面に段々畑のような家が建ち並ぶ独特な風景の「●マースーレー村」を訪問します。
(合計約200km/4時間)
   
【 バンダルアンザリ 泊 】
11 バンダルアンザリ 午前
バス
■朝食後、テヘランへ。 朝:○ 昼:○ 夕:機
(約370km/5時間)
テヘラン
飛行機
■夜、空路、中東内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。
12 東京 深夜
■深夜、成田空港又は羽田空港到着。通関後、解散。 朝:機 昼:× 夕:×
1日目

□成田空港又は羽田空港に出発2時間前に集合。

■夜、空路、中東内都市乗り継ぎ、イランの首都テヘランへ。

【 機中泊 】

食事 朝:× 昼:× 夕:機

2日目

■着後、国内線に乗り継ぎ、空路、ケルマンシャーへ。

【 ケルマンシャー 泊 】

食事 朝:機 昼:○ 夕:機

3日目

■朝食後、紀元前600年のメディナの首都として栄えたハマダンへ。

■途中、ササン朝時代の浮き彫りが残る「●ターク・イ・ブスタン」、「●ビストゥーンの碑文」、パルティア時代の遺跡が残る「●カンガヴァール」に立ち寄ります。

■着後、ハマダン観光。石の「●ライオン像」、「●金曜日のモスク」をご覧いただきます。

【 ハマダン 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

4日目

■朝食後、ザンジャンへ。

■途中、ソロモンの玉座として知られる「●タフテ・ソレイマン遺跡」にご案内します。

【 ザンジャン 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

5日目

■朝食後、イルハン王朝の傑作「●スルタニエ」を見学します。その後、古来より貿易路の宿場町として栄えたタブリーズへ。

■途中、奇岩が林立する風景が見事な「●キャンドバン村」を訪れます。

★夕食は名物キョフテ(肉団子)をお召し上がりください。

【 タブリーズ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:名

6日目

■朝食後、タブリーズ観光。「●バザール」にご案内します。

■その後、ジョルファ近郊のアルメニア修道院建造物「●聖ステパノ教会」を見学し、国境を越えてアゼルバイジャンの飛び地ナヒチェヴァン自治共和国へ。

【 ナヒチェヴァン 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

7日目

■終日、ナヒチェヴァン観光。「◎ヘイダル・アリエフ博物館」、「◎絨毯博物館」、セルジュク朝の末裔アタベグの后廟「●モミネ・ハトゥン廟」、方舟伝説が残る「●ノアの墓」、「●岩塩坑」にご案内します。

★夕食はウズラのケバブをどうぞ。

【 ナヒチェヴァン 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:名

8日目

■朝食後、国境を越え、イランのタブリーズへ戻ります。

■途中、アルメニア人巡礼者が集まるマクーの「聖タデウス教会(黒の教会)」にご案内します。

【 タブリーズ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

9日目

■朝食後、カスピ海沿岸の港町バンダルアンザリへ。

■途中、サファビー朝発祥の地アルダビルに立ち寄り、「●シェイフ・サフィ・オッディーン廟」にご案内します。

【 バンダルアンザリ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

10日目

■午前、豊かな自然を満喫できるアンザリ潟をボートで遊覧します。

■午後、海抜1050mの山の急斜面に段々畑のような家が建ち並ぶ独特な風景の「●マースーレー村」を訪問します。

【 バンダルアンザリ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

11日目

■朝食後、テヘランへ。

■夜、空路、中東内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。

食事 朝:○ 昼:○ 夕:機

12日目

■深夜、成田空港又は羽田空港到着。通関後、解散。

食事 朝:機 昼:× 夕:×

日程表の見方

  • <食事>
  • :食事付
  • :各地の名物料理
  • :弁当(ボックスミール)
  • :機内食
  • ×:食事なし
  • =入場観光
  • =下車観光(外観)
  • :飛行機
  • :バス
  • :電車
  • :船舶
  • :4WD・小型車
  • :ハイキング
  • 早朝4:00
  • 6:00
  • 午前8:00
  • 11:00
  • 午後14:00
  • 夕刻17:00
  • 19:00
  • 深夜22:00
  • 未明24:004:00

旅行代金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約7,020円(19年08月20日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋利用追加代金 ビジネスクラス利用追加代金 催行 早割
期限
出発日 料金 状況 詳細
20年06月08日(月) 20年06月08日(月) 398,000円 50,000円 +500,000円

申込多数

120 02/07  
ポイント
お一人部屋利用
追加代金
50,000円
ビジネスクラス
利用追加代金
+500,000円
早割期限 120 02/07

仮予約する


※ビジネスクラス利用区間:東京⇔テヘラン



 

催行欄の見方

  • 催行決定

    催行(出発)が決定しています。

  • 申込多数

    ご出発の1ヶ月前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)

  • 空白

    現在募集中です。

  • 残席わずか

    ご予約いただける席が4席以下になっています。

  • キャンセル待ち

    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。

  • お問い合わせください

    詳細はお問い合わせください。

  • 残席わずか:ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち:現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • お問い合わせください:詳細はお問い合わせください。

ツアー詳細

発着地 東京発着
国内線手配可能都市: 札幌・名古屋・大阪・福岡を含む35都市
国内線手配料金:往復:20,000円、片道:10,000円(税別)
利用予定航空会社 カタール航空,エミレーツ航空,ターキッシュエアラインズ
利用予定ホテル <ケルマンシャー>ジャムシード 又は同等クラス
<ハマダン>パルシアンアンアザディ 又は同等クラス
<ザンジャン>パーク 又は同等クラス
<タブリーズ>タブリーズ・インターナショナル 又は同等クラス
<ナヒチェヴァン>テブリーズ 又は同等クラス
<バンダルアンザリ>カドサン 又は同等クラス
食事回数 朝食:9回・昼食:10回・夕食:8回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 10名 (最大25名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等

必要

渡航手続手数料:5500円(税別)
査証代実費:4100円(イラン)、US26ドル(約2640円)アゼルバイジャンe-viza

必要書類:

●旅券(パスポート)
●お申込み時に弊社よりお送りします「イラン査証取得に関するアンケート」用紙
●証明写真 写真1枚(縦4.5cm×横3.5cm) ※背景が白のカラー写真のみ可。素人写真並びに眼鏡着用写真はイラン大使館では受理されません。パスポートの写真で眼鏡を着用している場合でも、査証申請時には眼鏡未着用の写真をご用意下さい。
★必要書類はご出発の約4週間前までに届くよう簡易書留郵便にてご送付ください。



注意事項:
・イスラエルに渡航歴のある方はお問合せください。
・アメリカ合衆国に渡航の予定がある方、中南米方面やカナダへの渡航でアメリカでの乗り継ぎを予定されている方はご注意下さい。イランに渡航されますと、ビザ免除プログラム(ESTA:米国電子事前認証システム)を利用して渡米することができなくなった旨、発表されました(10年間有効の非移民ビザを取得すれば、渡米は可能です)。詳細はお問い合わせください。
旅券残存有効期間 イラン出国時6ヶ月以上
査証欄余白 3頁(うち見開き2頁)以上必要

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので、事前にご確認のうえお申し込みください。
※アゼルバイジャン査証代につきましては、残金ご請求時の為替レートにて日本円に換算してご請求申し上げます。
※3日目のビストゥーンの碑文は現在、修復中です。工事の足場などで充分にレリーフをご覧頂けない可能性がございます。予めご了承ください。
※現在、イランに入国する渡航者に対し、海外旅行保険への加入が義務付けられております。入国時に保険証券の提示を求められるため、必ずご加入いただきますようお願いいたします。(クレジットカード付帯保険は不可)
※バスは40シーター未満の中型となる場合がございます。
※タブリーズ市内の移動は小型バンに分乗となり、添乗員が同乗しない車両がございます。
※航空便発券のため、出発30日前までにお客様のパスポート番号、発行年月日を弊社までお知らせいただく必要がございます(ご旅行参加申込書にご記入いただければ結構です)。これから新たにパスポートのご取得、更新を予定されている場合は、お早めにお手続きをお済ませいただき、弊社までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

関連ツアー関連ツアー

  • 別名ローズモスクと呼ばれているナシル・アル・モルク・モスク

    イラン・ハイライト 8日間

  • イマーム・モスクに施された見事なムカルナス(鍾乳飾り)

    イラン世界遺産紀行 11日間

  • ビストゥーンの碑文

    ペルシャ帝国大周遊 ~ペルシャの歴史を堪能できる17の世界遺産を巡る旅~ 22日間

  • ペルセポリス近郊のナクシュ・ロスタムに残る「騎馬叙任式図」レリーフ

    イラン歴史物語 ~北西部カスピ海から聖地マシャドへ~ 16日間

関連特集関連特集

  • ペルセポリス

    イラン旅行・ツアー・観光特集~世界遺産と古代ペルシャの遺跡を訪ねる~