ポルトガル巨石文明絶景紀行~石に埋もれた町を見学~ 9日間 SPB9

【世界の絶景】まるで街の中に岩が転がり込んできたようなポルトガルの絶景モンサントやポルトガルに残る巨石遺跡を巡り謎に迫る旅です。

  • 巨岩と生きる村モンサント

  • 天空の町、モンサラーシュ

  • エヴォラ、ディアナ神殿

ツアーのポイント

●ポルトガル北東部の世界遺産で先史時代の岩絵が残るコア渓谷を訪問します。
●岩に埋もれた絶景で有名な村で、最もポルトガルらしい村といわれたモンサントを訪問します。
●「鷲の巣」と呼ばれる山頂にたたずむ村マルヴァオンや天空の村モンサラーシュを訪問します。

&npsp;

日程表日程表の見方

  訪問都市 時刻 日程内容・宿泊地 食事
1 東京 □成田空港に出発2時間前に集合。 朝:× 昼:× 夕:機
深夜
飛行機
■深夜、空路、中東内都市乗り継ぎリスボン又はポルトへ。
   
【 機中泊 】
2 リスボン又はポルト
バス
■着後、ポルトガル王サンシュ1世によって建設された街グアルダへ。 朝:機 昼:× 夕:○
グアルダ 夕刻
   
【 グアルダ 泊 】
3 グアルダ 午前
バス
■朝食後、ポルトガル北東部のコア川流域のコア渓谷へ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(コア渓谷) ■着後、コア渓谷の先史時代の「●岩絵遺跡群」の観光。コア渓谷には1万年から2万年前の馬、牛、他の動物、人物、抽象的な図像などの数千に及ぶ線刻画を見ることが出来ます。四輪駆動車でヴィラ・ノヴァ・デ・フォス・コア、カステロ・メリョールの岩絵を見学します。
(アンタ・デ・ペーラ・ド・モソ) ■観光後、「●アンタ・デ・ペーラ・ド・モソ(支石墓)」の見学。
グアルダ ■その後、グアルダに戻ります。
   
【 グアルダ 泊 】
4 グアルダ ■朝食後、かつて〝ポルトガルで最もポルトガルらしい村”と呼ばれた、巨岩の間に家々の建てられた村モンサントに御案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(モンサント) ★昼食はモンサントの巨岩レストランにてお召し上がり頂きます。
カステロ・ブランコ ■その後、18世紀のバロック様式の「◎宮殿庭園」が美しいカステロ・ブランコへ。
   
【 カステロ・ブランコ 泊 】
5 カステロ・ブランコ 午前
バス
■朝食後、紀元前3000年頃の遺跡と言われている「●アンタ・ド・タパダオン(支石墓)」の見学。その後、カステロ・デ・ヴィデへ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(メアダのメンヒル) ■途中、近郊のイベリア半島最大と言われている「●メアダのメンヒル」の見学。
(カステロ・デ・ヴィデ) ■着後、城壁に囲まれた白い町、カステロ・デ・ヴィデの散策をします。
■昼食後、16世紀に天正遣欧少年使節らも訪れた中世の街、エヴォラへ。
(マルヴァオン) ■途中、「鷲の巣」と呼ばれる岩山の頂上に佇む村、マルヴァオンに立ち寄ります。
エヴォラ 夕刻
   
【 エヴォラ 泊 】
6 エヴォラ ■朝食後、エヴォラ郊外の3つの巨石遺跡「●クロムレック・ドス・アルメンドレス(環状列石)」、「●メニール・ドス・アルメンドレス(立石)」、「●アンタ・グランデ・ド・ザンブジェイロ(ドルメン・支石墓)」の観光。 朝:○ 昼:名 夕:○
(モンサラーシュ) ■その後、ポルトガルで最も美しい村のひとつに選ばれた、天空の村モンサラーシュを訪れます。
■又、近郊の「●メニール・ド・オウテイロ(立石)」の見学。
■観光後、エヴォラへ戻ります。
★昼食は、バカリャウ・ア・ブラーシュ(干し鱈とジャガイモの卵とじ料理)です。
   
【 エヴォラ 泊 】
7 エヴォラ 午前
バス
■朝食後、エヴォラ市内観光。ローマ時代の遺跡「●ディアナ神殿」、「◎カテドラル」とその「◎回廊」、アズレージョの美しい「◎ロイオス教会」を訪ねます。 朝:○ 昼:名 夕:×
■観光後、リスボンへ。
リスボン 夕刻
□着後、自由時間。
★昼食は、カルネ・デ・ポルコ・ア・アレンテジャーナ(豚肉とアサリを炒めた郷土料理)です。
   
【 リスボン 泊 】
8 リスボン 午後
飛行機
■午後、空路、中東内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。 朝:○ 昼:× 夕:機
   
【 機中泊 】
9 東京 深夜
■深夜、成田空港又は羽田空港着。通関後、解散。 朝:機 昼:× 夕:×
1日目

□成田空港に出発2時間前に集合。

■深夜、空路、中東内都市乗り継ぎリスボン又はポルトへ。

【 機中泊 】

食事 朝:× 昼:× 夕:機

2日目

■着後、ポルトガル王サンシュ1世によって建設された街グアルダへ。

【 グアルダ 泊 】

食事 朝:機 昼:× 夕:○

3日目

■朝食後、ポルトガル北東部のコア川流域のコア渓谷へ。

■着後、コア渓谷の先史時代の「●岩絵遺跡群」の観光。コア渓谷には1万年から2万年前の馬、牛、他の動物、人物、抽象的な図像などの数千に及ぶ線刻画を見ることが出来ます。四輪駆動車でヴィラ・ノヴァ・デ・フォス・コア、カステロ・メリョールの岩絵を見学します。

■観光後、「●アンタ・デ・ペーラ・ド・モソ(支石墓)」の見学。

■その後、グアルダに戻ります。

【 グアルダ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

4日目

■朝食後、かつて〝ポルトガルで最もポルトガルらしい村”と呼ばれた、巨岩の間に家々の建てられた村モンサントに御案内します。

★昼食はモンサントの巨岩レストランにてお召し上がり頂きます。

■その後、18世紀のバロック様式の「◎宮殿庭園」が美しいカステロ・ブランコへ。

【 カステロ・ブランコ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

5日目

■朝食後、紀元前3000年頃の遺跡と言われている「●アンタ・ド・タパダオン(支石墓)」の見学。その後、カステロ・デ・ヴィデへ。

■途中、近郊のイベリア半島最大と言われている「●メアダのメンヒル」の見学。

■着後、城壁に囲まれた白い町、カステロ・デ・ヴィデの散策をします。

■昼食後、16世紀に天正遣欧少年使節らも訪れた中世の街、エヴォラへ。

■途中、「鷲の巣」と呼ばれる岩山の頂上に佇む村、マルヴァオンに立ち寄ります。

【 エヴォラ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

6日目

■朝食後、エヴォラ郊外の3つの巨石遺跡「●クロムレック・ドス・アルメンドレス(環状列石)」、「●メニール・ドス・アルメンドレス(立石)」、「●アンタ・グランデ・ド・ザンブジェイロ(ドルメン・支石墓)」の観光。

■その後、ポルトガルで最も美しい村のひとつに選ばれた、天空の村モンサラーシュを訪れます。

■又、近郊の「●メニール・ド・オウテイロ(立石)」の見学。

■観光後、エヴォラへ戻ります。

★昼食は、バカリャウ・ア・ブラーシュ(干し鱈とジャガイモの卵とじ料理)です。

【 エヴォラ 泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

7日目

■朝食後、エヴォラ市内観光。ローマ時代の遺跡「●ディアナ神殿」、「◎カテドラル」とその「◎回廊」、アズレージョの美しい「◎ロイオス教会」を訪ねます。

■観光後、リスボンへ。

□着後、自由時間。

★昼食は、カルネ・デ・ポルコ・ア・アレンテジャーナ(豚肉とアサリを炒めた郷土料理)です。

【 リスボン 泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:×

8日目

■午後、空路、中東内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。

【 機中泊 】

食事 朝:○ 昼:× 夕:機

9日目

■深夜、成田空港又は羽田空港着。通関後、解散。

食事 朝:機 昼:× 夕:×

日程表の見方

  • =入場観光
  • =下車観光(外観)
  • :飛行機
  • :バス
  • :電車
  • :船舶
  • :4WD・小型車
  • :ハイキング
  • 早朝4:00
  • 6:00
  • 午前8:00
  • 11:00
  • 午後14:00
  • 夕刻17:00
  • 19:00
  • 深夜22:00
  • 未明24:004:00

旅行代金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約7,870円(17年12月01日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。) 
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋利用追加代金 ビジネスクラス利用追加代金 催行 早割
期限
出発日 料金 状況 詳細
18年11月07日(水) 18年11月07日(水) 298,000円 38,000円 +350,000円 120 07/10  
ポイント
お一人部屋利用
追加代金
38,000円
ビジネスクラス
利用追加代金
+350,000円
早割期限 120 07/10

仮予約する


※ビジネスクラスご利用区間:東京⇔ポルト又はリスボン

催行欄の見方

  • 催行決定

    催行(出発)が決定しています。

  • 申込多数

    ご出発の1ヶ月前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)

  • 空白

    現在募集中です。

  • 残席わずか

    ご予約いただける席が4席以下になっています。

  • キャンセル待ち

    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。

  • お問い合わせください

    詳細はお問い合わせください。

  • 残席わずか:ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち:現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • お問い合わせください:詳細はお問い合わせください。

ツアー詳細

発着地 東京発着/国内線手配可能(福岡・札幌・名古屋・大阪・その他35都市)
国内線手配料金:往復:20,000円、片道:10,000円(税別)
利用予定航空会社 エミレーツ航空,ターキッシュエアラインズ
利用予定ホテル ヴァングアルダ 又は同等クラス
トリップ 又は同等クラス
カルヴァリオ 又は同等クラス
ドン・ペドロ 又は同等クラス
食事回数 朝食:6回・昼食:5回・夕食:5回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 13名 (最大22名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
旅券残存有効期間 帰国時3か月以上

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。
※このツアーの移動は道路事情によりマイクロバス(20人乗り前後)を利用します。又、遺跡等へは四輪駆動車等へ乗り換えて行く場合もございます。
※朝食は、ビュッフェ又はアメリカン・スタイルです。

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

関連ツアー関連ツアー

  • カマラ・デ・ロボス/マデイラ島 

    ポルトガル物語~マデイラ島や陽光溢れる南部アルガルヴェ地方も訪問~ 15日間

  • 天空の村モンサラーシュ

    ポルトガル・華麗なるポサーダ紀行 12日間

  • リスボンのシンボル、ケーブルカー

    ポルトガル・ハイライト~石の町モンサントにも訪問~ 9日間

  • ドン・ルイス1世橋とポルトの街並み

    ビジネスクラスで行く 優雅なポルトガル、小さな村のポサーダ紀行 10日間

関連特集関連特集

  • リスボンのシンボル市電

    ユーラシア大陸最西端、ポルトガルの魅力