マデイラ島とリスボンの休日 8日間 SPM8

ヨーロッパの花籠と呼ばれる避寒地マデイラ島で5つ星ホテルに3連泊しゆっくりと島の見所を巡ります。

  • 漁村カマラ・デ・ロボス

  • フンシャルの街並み

  • タチウオのマデイラ風

  • マグロのステーキ

  • とんがり屋根のサンタナ村

  • リスボンの街並み

ツアーのポイント

●常春のマデイラ島ではフンシャルの5つ星ホテルに滞在。世界遺産の太古の森や、伝統的な暮らしが息づく可愛らしい村を訪れます。
●リスボンでも5つ星ホテルに2連泊。再訪の方でもお楽しみいただけるようご案内する観光地を厳選しました。
●リスボンの自由時間もお楽しみください。

&npsp;

日程表日程表の見方

  訪問都市 時刻 日程内容・宿泊地 食事
1 □成田または羽田空港に出発2時間前に集合。 朝:× 昼:機 夕:×
東京 午前
飛行機
■午前、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、リスボンへ。
   
【 リスボン泊 】
2 リスボン 午前
飛行機
■午前、空路、マデイラ島の中心地フンシャルへ。 朝:弁 昼:名 夕:名
フンシャル
■着後、フンシャル市内観光。「◎サンタ・カタリーナ公園」、「●大聖堂」にご案内します。
★昼食は、エスペターダ(串焼きバーベキュー)をどうぞ。
★夕食はタチウオのマデイラ風です。
   
【 フンシャル/5つ星ホテル泊 】
3 フンシャル滞在(カマラ・デ・ロボス) ■朝食後、マデイラ島漁業の中心地カマラ・デ・ロボスへ。世界第二位の高さを誇る「●ジラオン岬」を訪れます。 朝:○ 昼:名 夕:○
(セイシェル)(ポルト・モニス) ■その後、セイシャルの『花嫁のベール』と称される美しい滝に立寄り、溶岩によって作られた自然のプール「●ポルト・モニス」へ。
★昼食はマデイラ名物マグロのステーキをどうぞ。
(サンタナ村) ■さらに、藁葺きのとんがり屋根の家が今も点在するサンタナ村へ。
   
【 フンシャル/5つ星ホテル泊 】
4 フンシャル滞在 ■朝食後、山間の村モンテを訪ねます。世界各国のエキゾチックな植物が集められた「◎モンテ宮殿の庭園」にご案内します。 朝:弁 昼:名 夕:名
(モンテ) ■午後、「●エイラ・ド・セラードの展望台」、また、世界遺産にも指定された太古からの森林地帯「●ラウリシルヴァ」にご案内します。
   
【 フンシャル/5つ星ホテル泊 】
5 フンシャル滞在 午前
飛行機
■午前、空路にてリスボンに戻ります。 朝:弁 昼:○ 夕:○
リスボン
■着後、リスボン市内観光へ。「◎アズレージョ博物館」、「●サンタ・ジュスタのリフト」、リスボンで最も古い街並みを残す「●アルファマ地区」の散策にご案内します。
★夕食、哀愁漂うファドの調べとともに。
   
【 リスボン/5つ星ホテル泊 】
6 リスボン滞在 □終日、自由時間。(ご希望の方は添乗員が散策やお食事にご案内いたします。) 朝:○ 昼:× 夕:×
   
【 リスボン/5つ星ホテル泊 泊 】
7 リスボン
飛行機
■朝、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。 朝:弁 昼:× 夕:機
   
<機中泊>
8 東京
■昼、成田または羽田空港到着。通関後、解散。
※夜到着便となる場合もございます。
朝:機 昼:× 夕:×
1日目

□成田または羽田空港に出発2時間前に集合。

■午前、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、リスボンへ。

【 リスボン泊 】

食事 朝:× 昼:機 夕:×

2日目

■午前、空路、マデイラ島の中心地フンシャルへ。

■着後、フンシャル市内観光。「◎サンタ・カタリーナ公園」、「●大聖堂」にご案内します。

★昼食は、エスペターダ(串焼きバーベキュー)をどうぞ。

★夕食はタチウオのマデイラ風です。

【 フンシャル/5つ星ホテル泊 】

食事 朝:弁 昼:名 夕:名

3日目

■朝食後、マデイラ島漁業の中心地カマラ・デ・ロボスへ。世界第二位の高さを誇る「●ジラオン岬」を訪れます。

■その後、セイシャルの『花嫁のベール』と称される美しい滝に立寄り、溶岩によって作られた自然のプール「●ポルト・モニス」へ。

★昼食はマデイラ名物マグロのステーキをどうぞ。

■さらに、藁葺きのとんがり屋根の家が今も点在するサンタナ村へ。

【 フンシャル/5つ星ホテル泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

4日目

■朝食後、山間の村モンテを訪ねます。世界各国のエキゾチックな植物が集められた「◎モンテ宮殿の庭園」にご案内します。

■午後、「●エイラ・ド・セラードの展望台」、また、世界遺産にも指定された太古からの森林地帯「●ラウリシルヴァ」にご案内します。

【 フンシャル/5つ星ホテル泊 】

食事 朝:弁 昼:名 夕:名

5日目

■午前、空路にてリスボンに戻ります。

■着後、リスボン市内観光へ。「◎アズレージョ博物館」、「●サンタ・ジュスタのリフト」、リスボンで最も古い街並みを残す「●アルファマ地区」の散策にご案内します。

★夕食、哀愁漂うファドの調べとともに。

【 リスボン/5つ星ホテル泊 】

食事 朝:弁 昼:○ 夕:○

6日目

□終日、自由時間。(ご希望の方は添乗員が散策やお食事にご案内いたします。)

【 リスボン/5つ星ホテル泊 泊 】

食事 朝:○ 昼:× 夕:×

7日目

■朝、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。

<機中泊>

食事 朝:弁 昼:× 夕:機

8日目

■昼、成田または羽田空港到着。通関後、解散。
※夜到着便となる場合もございます。

食事 朝:機 昼:× 夕:×

日程表の見方

  • =入場観光
  • =下車観光(外観)
  • :飛行機
  • :バス
  • :電車
  • :船舶
  • :4WD・小型車
  • :ハイキング
  • 早朝4:00
  • 6:00
  • 午前8:00
  • 11:00
  • 午後14:00
  • 夕刻17:00
  • 19:00
  • 深夜22:00
  • 未明24:004:00

旅行代金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約35,940円(18年3月03日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋利用追加代金 ビジネスクラス利用追加代金 催行 早割
期限
出発日 料金 状況 詳細
18年12月29日(土) 18年12月29日(土) 548,000円 68,000円 +600,000円

残席わずか

120 08/31  
ポイント
お一人部屋利用
追加代金
68,000円
ビジネスクラス
利用追加代金
+600,000円
早割期限 120 08/31

仮予約する


※ビジネスクラス利用区間:東京⇔ヨーロッパ内都市

催行欄の見方

  • 催行決定

    催行(出発)が決定しています。

  • 申込多数

    ご出発の1ヶ月前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)

  • 空白

    現在募集中です。

  • 残席わずか

    ご予約いただける席が4席以下になっています。

  • キャンセル待ち

    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。

  • お問い合わせください

    詳細はお問い合わせください。

  • 残席わずか:ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち:現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • お問い合わせください:詳細はお問い合わせください。

ツアー詳細

発着地 東京発着/国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌など国内35都市)
国内線手配料金:往復20,000円、片道10,000円(税別)
利用予定航空会社 イベリア航空,エールフランス航空,KLMオランダ航空,ルフトハンザドイツ航空,スイスインターナショナルエアラインズ,ブリティッシュ・エアウェイズ,フィンランド航空
利用予定ホテル <リスボン>ルテシア 又は同等クラス
<フンシャル>ペスターナ・グランド 又は同等クラス
<リスボン>VIP・グランド 又は同等クラス
食事回数 朝食:6回・昼食:4回・夕食:3回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 13名 (最大22名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
旅券残存有効期間 帰国時3ヶ月以上

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。
 

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

関連ツアー関連ツアー

  • カマラ・デ・ロボス/マデイラ島 

    ポルトガル物語~マデイラ島や陽光溢れる南部アルガルヴェ地方も訪問~ 15日間

  • 天空の村モンサラーシュ

    ポルトガル・華麗なるポサーダ紀行 12日間

  • リスボンのシンボル、ケーブルカー

    ポルトガル・ハイライト~石の町モンサントにも訪問~ 9日間

  • 巨岩と生きる村モンサント

    ポサーダにも泊まる、ポルトガル小さな街巡り 8日間

関連特集関連特集

  • リスボンのシンボル市電

    ユーラシア大陸最西端、ポルトガルの魅力