レンブラント・ルーベンス・ブリューゲル 三大巨匠の道 9日間 WBA9

2019年はレンブラントとブリューゲルの記念年。オランダ絵画とフランドル絵画の黄金時代を駆け抜けたレンブラント・ルーベンス・ブリューゲルの三大巨匠ゆかりの地を巡り、絵画の変遷に見える彼らの足跡を巡ります。

  • レンブラント作『夜警』/アムステルダム国立美術館蔵

  • ベルギー、アントワープ、ノートルダム大聖堂、ルーベンス、キリストの降架

  • 写真タイトル: アムステルダム/レンブラントの家

  • ルーベンス/キリストの昇架/アントワープ大聖堂

  • ブリューゲル/バベルの塔/ボイマンスファンベーニンゲン美術館

  • 住居兼アトリエであったルーベンスの家/アントワープ

ツアーのポイント

●5/16発は国立美術館が所蔵するレンブラントの全作品が展示されるレンブラント展やマウリッツハウス美術館のレンブラント展にご案内します。
●10/27発は国立美術館で開催されるレンブラント展とシャルル・ド・ロレーヌ宮で開催されるブリューゲル展にご案内します。
●ブリュッセルではグランプラス徒歩圏内ダのヒルトン・シティーに宿泊。また、アントワープでは聖母教会大聖堂(ノートルダム大聖堂)までトラムで1本のホテルに宿泊です。
●バロック美術の主要舞台アントワープに3連泊します。
●通常のオランダ・ベルギーのツアーでは訪れない「マイヤー・ヴァン・デン・ベルク美術館」や「ノートルダム・デュ・ラ・シャペル」教会などの観光地にもご案内致します。

&npsp;

日程表日程表の見方

  訪問都市 時刻 日程内容・宿泊地 食事
1 □成田又は羽田空港に出発の2時間前にご集合下さい。 朝:× 昼:機 夕:機
東京 午前
飛行機
■午前、空路、(ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、)オランダの首都アムステルダムへ。
アムステルダム 深夜
   
【 アムステルダム 泊 】
2 アムステルダム滞在 08:30
バス
【「光と影の魔術師」レンブラントの足跡をたどる2日間】
■終日、アムステルダム市内観光。世界最大のレンブラントのコレクションを所蔵する「◎国立美術館」にご案内します。
※5/16発は「アムステルダム国立美術館のレンブラント」展へ。国立美術館が所蔵するレンブラントの全作品約400点が初公開されます。
※10/27発は「レンブラントとベラスケス」展へ。リアリズムと宗教を基にしたレンブラントとベラスケスの作品を展示する特別展です。
朝:○ 昼:○ 夕:○
■また、1639年から破産するまでの約20年間住んでいた「◎レンブラントの家」やレンブラントが眠る「◎西教会」、代表作『夜警』の群像が立ち並ぶ「●レンブラント広場」にご案内します。
   
【 アムステルダム 泊 】
3 アムステルダムライデン 08:00
バス
■朝食後、レンブラントの故郷ライデンへ。「●レンブラントの生家跡」や「●レンブラント橋」にご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
デン・ハーグ ■その後、デン・ハーグ市内観光。レンブラント作『テュルプ博士の解剖学講義』を所蔵する「◎マウリッツハイス美術館」を訪問。
※5/16発は「レンブラントとマウリッツハウス」展へ。マウリッツハウス美術館が所蔵し、普段の未公開作品を含むレンブラントの全作品18点が展示されます。
ロッテルダム ■午後、オランダ第2の都市ロッテルダムへ。ブリューゲルやレンブラントなどの名画を収蔵する「◎ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館」、変わった外観の「●キューブハウス」にご案内します。
アントワープ 19:00
■夕刻、『フランダースの犬』の舞台アントワープへ。
   
【 アントワープ市内中心部泊 】
4 アントワープ滞在 09:00
【アントワープを活動拠点にした巨匠ルーベンスに迫る2日間】
■終日、アントワープ市内観光。ルーベンスの最高傑作『キリストの降架』『聖母被昇天』がある「◎聖母大聖堂(ノートルダム大聖堂)」、29年間暮らした邸宅兼アトリエであった「◎ルーベンスの家」にご案内。
朝:○ 昼:名 夕:○
★昼食はワーテルゾーイ(クリームシチュー)です。
■午後、『眠れる幼子イエスに祈りを捧げる聖母マリア』などルーベンスのパトロンが収集したルーベンスの作品を所蔵する「◎スナイデルス・ロコックス邸」にご案内します。
   
【 アントワープ市内中心部泊 】
5 アントワープ滞在 09:30
■終日、アントワープ市内観光。ルーベンスが手掛けた書籍のデザインや挿絵を展示する世界最古の印刷工房「◎プランタン=モレトゥス印刷博物館」、ルーベンスの祭壇画?聖家族のエジプト逃避?がある「◎聖カロルス・ボロメウス教会」やルーベンスが埋葬される「◎聖ヤコブ教会」にご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:×
16:00
□夕刻より、自由時間。ご希望の方は添乗員が夕食にご案内致します。(実費)
   
【 アントワープ市内中心部泊 】
6 アントワープ 08:30
バス
【謎多き天才画家ピーテル・ブリューゲル1世に迫る2日間】
■午前、アントワープにあるブリューゲルの『12の諺』『狂女フリート』を所蔵する「◎マイヤー・ヴァン・デン・ベルグ美術館」へ。
朝:○ 昼:○ 夕:○
ブリューゲル街道 ■その後、ブリューゲルが愛したブリュッセル近郊のブリューゲル街道へ。ブリューゲル作『盲人の寓話』に描かれている「●シント・アナ・ペーデ教会」、『絞首台の上のカササギ』に描かれた水車がある「●シント・ヘルトルディス・ペーデ」、ブリューゲルの描いた原風景が広がる「◎ガーズビーク城」にご案内します。
ブリュッセル 18:00
   
【 ブリュッセル/グランプラス徒歩圏内泊 】
7 ブリュッセル滞在 08:00
バス
■午前、ブリュッセル市内観光。「●グラン・プラス」や「●小便小僧の像」、ブリューゲルが眠る「◎ノートルダム・デュ・ラ・シャペル教会」、ブリューゲルの『ベツレヘムの戸籍調査』『叛逆天使の墜落』がある「◎王立美術館」にご案内します。 朝:○ 昼:名 夕:×
★昼食はムール貝の白ワイン蒸しとデザートはワッフルです。
14:00
□午後、自由時間。(ご希望の方は添乗員が散策や夕食にご案内致します。(実費))
★10/27発は午後、通常はベルギー王立図書館に所蔵されているブリューゲルなどの版画を集めた特別展「白黒のブリューゲルの世界」展が開催されている「◎シャルル・ド・ロレーヌ宮」にご案内します。
   
【 ブリュッセル/グランプラス徒歩圏内泊 】
8 ブリュッセル
飛行機
■朝、空路、(ヨーロッパ都市内乗り継ぎ)、帰国の途へ。 朝:○ 昼:× 夕:機
   
【 機中泊 】
9 東京
■昼、羽田又は成田空港到着。通関後、解散。
(※夕刻到着便となる場合もございます。)
朝:機 昼:× 夕:×
1日目

□成田又は羽田空港に出発の2時間前にご集合下さい。

■午前、空路、(ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、)オランダの首都アムステルダムへ。

【 アムステルダム 泊 】

食事 朝:× 昼:機 夕:機

2日目

【「光と影の魔術師」レンブラントの足跡をたどる2日間】
■終日、アムステルダム市内観光。世界最大のレンブラントのコレクションを所蔵する「◎国立美術館」にご案内します。
※5/16発は「アムステルダム国立美術館のレンブラント」展へ。国立美術館が所蔵するレンブラントの全作品約400点が初公開されます。
※10/27発は「レンブラントとベラスケス」展へ。リアリズムと宗教を基にしたレンブラントとベラスケスの作品を展示する特別展です。

■また、1639年から破産するまでの約20年間住んでいた「◎レンブラントの家」やレンブラントが眠る「◎西教会」、代表作『夜警』の群像が立ち並ぶ「●レンブラント広場」にご案内します。

【 アムステルダム 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

3日目

■朝食後、レンブラントの故郷ライデンへ。「●レンブラントの生家跡」や「●レンブラント橋」にご案内します。

■その後、デン・ハーグ市内観光。レンブラント作『テュルプ博士の解剖学講義』を所蔵する「◎マウリッツハイス美術館」を訪問。
※5/16発は「レンブラントとマウリッツハウス」展へ。マウリッツハウス美術館が所蔵し、普段の未公開作品を含むレンブラントの全作品18点が展示されます。

■午後、オランダ第2の都市ロッテルダムへ。ブリューゲルやレンブラントなどの名画を収蔵する「◎ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館」、変わった外観の「●キューブハウス」にご案内します。

■夕刻、『フランダースの犬』の舞台アントワープへ。

【 アントワープ市内中心部泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

4日目

【アントワープを活動拠点にした巨匠ルーベンスに迫る2日間】
■終日、アントワープ市内観光。ルーベンスの最高傑作『キリストの降架』『聖母被昇天』がある「◎聖母大聖堂(ノートルダム大聖堂)」、29年間暮らした邸宅兼アトリエであった「◎ルーベンスの家」にご案内。

★昼食はワーテルゾーイ(クリームシチュー)です。

■午後、『眠れる幼子イエスに祈りを捧げる聖母マリア』などルーベンスのパトロンが収集したルーベンスの作品を所蔵する「◎スナイデルス・ロコックス邸」にご案内します。

【 アントワープ市内中心部泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

5日目

■終日、アントワープ市内観光。ルーベンスが手掛けた書籍のデザインや挿絵を展示する世界最古の印刷工房「◎プランタン=モレトゥス印刷博物館」、ルーベンスの祭壇画?聖家族のエジプト逃避?がある「◎聖カロルス・ボロメウス教会」やルーベンスが埋葬される「◎聖ヤコブ教会」にご案内します。

□夕刻より、自由時間。ご希望の方は添乗員が夕食にご案内致します。(実費)

【 アントワープ市内中心部泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:×

6日目

【謎多き天才画家ピーテル・ブリューゲル1世に迫る2日間】
■午前、アントワープにあるブリューゲルの『12の諺』『狂女フリート』を所蔵する「◎マイヤー・ヴァン・デン・ベルグ美術館」へ。

■その後、ブリューゲルが愛したブリュッセル近郊のブリューゲル街道へ。ブリューゲル作『盲人の寓話』に描かれている「●シント・アナ・ペーデ教会」、『絞首台の上のカササギ』に描かれた水車がある「●シント・ヘルトルディス・ペーデ」、ブリューゲルの描いた原風景が広がる「◎ガーズビーク城」にご案内します。

【 ブリュッセル/グランプラス徒歩圏内泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

7日目

■午前、ブリュッセル市内観光。「●グラン・プラス」や「●小便小僧の像」、ブリューゲルが眠る「◎ノートルダム・デュ・ラ・シャペル教会」、ブリューゲルの『ベツレヘムの戸籍調査』『叛逆天使の墜落』がある「◎王立美術館」にご案内します。

★昼食はムール貝の白ワイン蒸しとデザートはワッフルです。

□午後、自由時間。(ご希望の方は添乗員が散策や夕食にご案内致します。(実費))

★10/27発は午後、通常はベルギー王立図書館に所蔵されているブリューゲルなどの版画を集めた特別展「白黒のブリューゲルの世界」展が開催されている「◎シャルル・ド・ロレーヌ宮」にご案内します。

【 ブリュッセル/グランプラス徒歩圏内泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:×

8日目

■朝、空路、(ヨーロッパ都市内乗り継ぎ)、帰国の途へ。

【 機中泊 】

食事 朝:○ 昼:× 夕:機

9日目

■昼、羽田又は成田空港到着。通関後、解散。
(※夕刻到着便となる場合もございます。)

食事 朝:機 昼:× 夕:×

日程表の見方

  • <食事>
  • :食事付
  • :各地の名物料理
  • :弁当(ボックスミール)
  • :機内食
  • ×:食事なし
  • =入場観光
  • =下車観光(外観)
  • :飛行機
  • :バス
  • :電車
  • :船舶
  • :4WD・小型車
  • :ハイキング
  • 早朝4:00
  • 6:00
  • 午前8:00
  • 11:00
  • 午後14:00
  • 夕刻17:00
  • 19:00
  • 深夜22:00
  • 未明24:004:00

旅行代金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約38,170円(18年10月10日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋利用追加代金 ビジネスクラス利用追加代金 催行 早割
期限
出発日 料金 状況 詳細
現在お申込みいただける出発日はございません


*ビジネスクラス利用区間:東京⇔ヨーロッパ内都市

催行欄の見方

  • 催行決定

    催行(出発)が決定しています。

  • 申込多数

    ご出発の1ヶ月前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)

  • 空白

    現在募集中です。

  • 残席わずか

    ご予約いただける席が4席以下になっています。

  • キャンセル待ち

    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。

  • お問い合わせください

    詳細はお問い合わせください。

  • 残席わずか:ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち:現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • お問い合わせください:詳細はお問い合わせください。

ツアー詳細

発着地 東京発着
国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌など国内35都市)
国内線手配料金:往復:20,000円、片道:10,000円(税別)
利用予定航空会社 KLMオランダ航空,エールフランス航空,スカンジナビア航空,アリタリア-イタリア航空,ブリティッシュ・エアウェイズ,ルフトハンザドイツ航空,フィンランド航空,スイスインターナショナルエアラインズ,LOTポーランド航空,オーストリア航空
利用予定ホテル <アムステルダム>マリオット 又は同等クラス
<アントワープ>ファン・デル・ファルク
<ブリュッセル>ヒルトン・シティー 又は同等クラス
食事回数 朝食:7回・昼食:6回・夕食:4回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 13名 (最大22名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
旅券残存有効期間 帰国時3か月以上

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。
※美術館の所蔵作品は館外貸し出しなどでご案内頂けない場合もございます。予めご了承下さい。
※エールフランス航空、KLMオランダ航空を利用する場合は、パリもしくはアムステルダムからブリュッセル及びブルージュへ特急列車TGV号(2等車)またはタリス号(2等車)、もしくはバスにて移動する場合もございます。
※ビジネスクラス利用区間:東京⇔ヨーロッパ内都市
※朝食はビュッフェまたはアメリカン・スタイルです。
※10月は例年黄葉の季節です。気象条件により若干前後しますので、予めご了承下さい。

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

関連ツアー関連ツアー

  • 花の楽園キューケンホフ公園も訪問します

    【2019年新ツアー発表!】ベネルクス物語 15日間

  • 一面のチューリップ畑(4月撮影)/オランダ

    【2019年新ツアー発表!】連泊で楽しむ 花のオランダ・ベルギーの旅 10日間