英国南西部、ウェールズとコーンウォール半島 13日間 WE13

英国の中の異国、独特な文化と伝統の残るウェールズから、伝説と絶景の宝庫コーンウォール半島を巡る旅

  • アーサー王伝説と共にパワースポットとしても有名なグラストンベリー・トール

  • 古代からの聖地コーンウォールのセイント・マイケルズ・マウント

  • 1人の女性が50年かけて作り上げた野外劇場ミナックシアター

  • 7人の修道女が立っているようにみえる白亜層の断崖絶壁セブンシスターズ

  • ウェールズの古城も巡ります。世界遺産のコンウィ城にて

  • ボドナント・ガーデンでは6月にキングサリが咲きます。

ツアーのポイント

●大自然と独特の伝統文化が残るウェールズの魅力に迫ります。「もう1つの英国」ウェールズをお楽しみ下さい。
●アーサー王伝説のゆかりの地グラストンベリーや、ティンタジェルキャッスルを訪問します。
●廃墟になった修道院跡や大聖堂など、神秘的なパワースポットにも立ち寄ります。
●個人では訪れにくいコーンウォール半島を丁寧に巡ります。
●世界遺産の海岸ジュラシック・コーストを訪れます。
●エリザベス女王も訪れた、歴史あるライのマーメイド・インにご宿泊。

&npsp;

日程表日程表の見方

  訪問都市 時刻 日程内容・宿泊地 食事
1 □成田空港又は羽田空港に出発2時間前に集合。 朝:× 昼:機 夕:×
東京 午前
飛行機
■午前、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、イングランドのマンチェスターへ。
マンチェスター 深夜
   
【 マンチェスター(空港周辺)泊 】
2 マンチェスター 08:30
バス
■午前、独自の文化、言語を継承するウェールズ地方に向かいます。 朝:○ 昼:名 夕:○
(約135km/1時間半) ■英国屈指の庭園「◎ボドナント・ガーデン」を訪ねます。
★昼食は、ウェールズ名物ウェリッシュ・レアビット(チーズの料理)です。
コンウィ ■午後、コンウィ市内観光。ヨーロッパ最大級の名城「◎コンウィ城」を見学し、コンウィの町にて「●英国で一番小さな家」に立ち寄ります。
(約10km/20分)
スランディドノ 17:00
   
【 スランディドノ泊 】
3 スランディドノ 08:00
バス
■午前、英国皇太子がプリンス・オブ・ウェールズの称号を受けることでも知られる「◎カナーヴォン城」見学後、山並みや渓流が美しい「●スノードニア国立公園」へ。スランベリスからスノードン登山列車に乗車し、ウェールズの最高峰スノードン山(1,085m)に登ります。 朝:○ 昼:○ 夕:○
カナーヴォン 電車
スノードニア国立公園 ■さらに、アルファベットで58字という世界で最も長い駅名と言われる「●ランヴァイル・プルグ・・(以下省略)」に立ち寄ります。
(往復約110km/2時間半) 17:00
   
【 スランディドノ泊 】
4 スランディドノ 08:00
バス
■朝食後、ウェールズの守護聖人聖デイヴィッツの本山として有名な町セント・デイヴィッツへ。 朝:○ 昼:名 夕:○
(約210km/3時間)
ネヴァレン/ペントレ・イヴァン ■途中、ケルト十字のある「●ネヴァレン村の教会」、新石器時代の遺跡「●ペントレ・イヴァン」に立ち寄ります。
(約40km/1時間) ★昼食はフィッシュ・アンド・チップスです。
セント・デイヴィッツ ■セント・デイヴィッツ市内観光。ウェールズの信仰の中心地である「●大聖堂」と「●司教館跡」にご案内します。
(約46km/1時間)
ペンブローク 19:00
   
【 ペンブローク 泊 】
5 ペンブローク 09:00
バス
■朝食後、ウェールズの首都カーディフへ向かい、カーディフ市内観光。ノルマン様式の「◎カーディフ城」「●スランダフ大聖堂」「◎セント・ファーガンス国立歴史博物館」を見学します。 朝:○ 昼:名 夕:○
(約160km/2時間)
カーディフ
★昼食はウェールズ名物ラム料理です。
   
【 カーディフ 泊 】
6 カーディフ 08:00
バス
■午前、ワーズワースが賞賛した南ウェールズで最も美しい遺跡といわれる「◎ティンタン・アベイ」観光。 朝:○ 昼:名 夕:○
(約60km/1時間) ★昼食は、ローストビーフとヨークシャープディングです。
グラストンベリー ■その後、グラストンベリー市内観光。「●グラストンベリー・トール」、「◎グラストンベリー修道院」を見学します。
(約170km/2時間半) ■また、「●ウェルズの大聖堂」に立ち寄り、コーンウォール半島のプリマスへ。
プリマス 19:30
   
【 プリマス泊 】
7 プリマス滞在 08:00
バス
■終日、イギリスのリヴィエラと呼ばれるコーンウォール半島の観光。 朝:○ 昼:名 夕:○
セント・マイケルズ・マウント ■干潮時のみ本土と地続きとなる島に建つイギリス版モン・サン・ミッシェル「●セント・マイケルズ・マウント」、「●ミナック・シアター」、英国本土最西端の「●ランズ・エンド」にご案内します。
ランズ・エンド ★昼食は、コーンウォール半島の名物コーニッシュ・パースティ(肉と野菜のパイ)です。
(往復約290km/5時間) 18:30
   
【 プリマス泊 】
8 プリマス 08:00
バス
■朝食後、アーサー王伝説が残る「●ティンタジェル・キャッスル」へご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(約70km/1時間半)
ティンタジェル・キャッスル
(約70km/1時間半)
ダートムーア国立公園 ■また、荒野に荒々しい岩山が点在するダートムーア国立公園にて、素晴らしい眺望が広がる高さ450mの「●ヘイトアの岩」、アガサ・クリスティ―が小説を執筆した「●ムーアランドホテル」にご案内します。
(約50km/1時間)
トーキー ■また、アガサ・クリスティーの生まれ故郷トーキーに立ち寄ります。
(約35km/40分)
エクセター 18:30
   
【 エクセター 泊 】
9 エクセター 08:00
バス
■朝食後、世界最長のアーチ型天井がある「●エクセター大聖堂」の見学。 朝:○ 昼:名 夕:○
(全体で約210km/4時間) ■その後、恐竜が生息していた中生代の地層が残るジェラシック・コースト(ドーソット及び東デヴォン海岸)の観光。近辺で発掘された化石断崖が聳える「●ウェスト・ベイ」、恐竜の首のように見える奇岩「●ダートル・ドア」、浸食で出来た円形の入江「●ラルワース・コーヴ」、波の浸食で岩に穴が空いた「●ステイヤー・ホール」にご案内します。
★昼食は魚料理です。
サウサンプトン 19:00
   
【 サウサンプトン 泊 】
10 サウサンプトン 08:00
バス
■午前、イーストボーンの白亜の絶壁セブンシスターズにご案内し、ビーチーヘッドにも立ち寄ります。 朝:○ 昼:○ 夕:○
セブンシスターズ
ビーチーヘッド
(全体で約190km/4時間) ■また、全体がアンティークのような小高い丘の上の町ライにご案内します。
ライ 15:30
★お泊まりはエリザベス女王も訪れた老舗のマーメイド・インです。
   
【 ライ/マーメイド・イン 泊 】
11 ライ 09:00
バス
■朝食後、首都ロンドンへ向かいます。 朝:○ 昼:× 夕:×
(約120km/3時間)
ロンドン 12:00
□着後、自由時間。(ご希望の方は添乗員が散策や食事にご案内します。(実費))
   
【 ロンドン 泊 】
12 ロンドン 午前
飛行機
■午前、空路、(ヨーロッパ内都市乗り継ぎ)帰国の途へ。 朝:○ 昼:× 夕:機
   
【 機中泊 】
13 東京
■昼、成田空港又は羽田空港到着。通関後、解散。
(※夕刻到着便となる場合もございます)
朝:機 昼:× 夕:×
1日目

□成田空港又は羽田空港に出発2時間前に集合。

■午前、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、イングランドのマンチェスターへ。

【 マンチェスター(空港周辺)泊 】

食事 朝:× 昼:機 夕:×

2日目

■午前、独自の文化、言語を継承するウェールズ地方に向かいます。

■英国屈指の庭園「◎ボドナント・ガーデン」を訪ねます。

★昼食は、ウェールズ名物ウェリッシュ・レアビット(チーズの料理)です。

■午後、コンウィ市内観光。ヨーロッパ最大級の名城「◎コンウィ城」を見学し、コンウィの町にて「●英国で一番小さな家」に立ち寄ります。

【 スランディドノ泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

3日目

■午前、英国皇太子がプリンス・オブ・ウェールズの称号を受けることでも知られる「◎カナーヴォン城」見学後、山並みや渓流が美しい「●スノードニア国立公園」へ。スランベリスからスノードン登山列車に乗車し、ウェールズの最高峰スノードン山(1,085m)に登ります。

■さらに、アルファベットで58字という世界で最も長い駅名と言われる「●ランヴァイル・プルグ・・(以下省略)」に立ち寄ります。

【 スランディドノ泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

4日目

■朝食後、ウェールズの守護聖人聖デイヴィッツの本山として有名な町セント・デイヴィッツへ。

■途中、ケルト十字のある「●ネヴァレン村の教会」、新石器時代の遺跡「●ペントレ・イヴァン」に立ち寄ります。

★昼食はフィッシュ・アンド・チップスです。

■セント・デイヴィッツ市内観光。ウェールズの信仰の中心地である「●大聖堂」と「●司教館跡」にご案内します。

【 ペンブローク 泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

5日目

■朝食後、ウェールズの首都カーディフへ向かい、カーディフ市内観光。ノルマン様式の「◎カーディフ城」「●スランダフ大聖堂」「◎セント・ファーガンス国立歴史博物館」を見学します。

★昼食はウェールズ名物ラム料理です。

【 カーディフ 泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

6日目

■午前、ワーズワースが賞賛した南ウェールズで最も美しい遺跡といわれる「◎ティンタン・アベイ」観光。

★昼食は、ローストビーフとヨークシャープディングです。

■その後、グラストンベリー市内観光。「●グラストンベリー・トール」、「◎グラストンベリー修道院」を見学します。

■また、「●ウェルズの大聖堂」に立ち寄り、コーンウォール半島のプリマスへ。

【 プリマス泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

7日目

■終日、イギリスのリヴィエラと呼ばれるコーンウォール半島の観光。

■干潮時のみ本土と地続きとなる島に建つイギリス版モン・サン・ミッシェル「●セント・マイケルズ・マウント」、「●ミナック・シアター」、英国本土最西端の「●ランズ・エンド」にご案内します。

★昼食は、コーンウォール半島の名物コーニッシュ・パースティ(肉と野菜のパイ)です。

【 プリマス泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

8日目

■朝食後、アーサー王伝説が残る「●ティンタジェル・キャッスル」へご案内します。

■また、荒野に荒々しい岩山が点在するダートムーア国立公園にて、素晴らしい眺望が広がる高さ450mの「●ヘイトアの岩」、アガサ・クリスティ―が小説を執筆した「●ムーアランドホテル」にご案内します。

■また、アガサ・クリスティーの生まれ故郷トーキーに立ち寄ります。

【 エクセター 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

9日目

■朝食後、世界最長のアーチ型天井がある「●エクセター大聖堂」の見学。

■その後、恐竜が生息していた中生代の地層が残るジェラシック・コースト(ドーソット及び東デヴォン海岸)の観光。近辺で発掘された化石断崖が聳える「●ウェスト・ベイ」、恐竜の首のように見える奇岩「●ダートル・ドア」、浸食で出来た円形の入江「●ラルワース・コーヴ」、波の浸食で岩に穴が空いた「●ステイヤー・ホール」にご案内します。

★昼食は魚料理です。

【 サウサンプトン 泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

10日目

■午前、イーストボーンの白亜の絶壁セブンシスターズにご案内し、ビーチーヘッドにも立ち寄ります。

■また、全体がアンティークのような小高い丘の上の町ライにご案内します。

★お泊まりはエリザベス女王も訪れた老舗のマーメイド・インです。

【 ライ/マーメイド・イン 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

11日目

■朝食後、首都ロンドンへ向かいます。

□着後、自由時間。(ご希望の方は添乗員が散策や食事にご案内します。(実費))

【 ロンドン 泊 】

食事 朝:○ 昼:× 夕:×

12日目

■午前、空路、(ヨーロッパ内都市乗り継ぎ)帰国の途へ。

【 機中泊 】

食事 朝:○ 昼:× 夕:機

13日目

■昼、成田空港又は羽田空港到着。通関後、解散。
(※夕刻到着便となる場合もございます)

食事 朝:機 昼:× 夕:×

日程表の見方

  • <食事>
  • :食事付
  • :各地の名物料理
  • :弁当(ボックスミール)
  • :機内食
  • ×:食事なし
  • =入場観光
  • =下車観光(外観)
  • :飛行機
  • :バス
  • :電車
  • :船舶
  • :4WD・小型車
  • :ハイキング
  • 早朝4:00
  • 6:00
  • 午前8:00
  • 11:00
  • 午後14:00
  • 夕刻17:00
  • 19:00
  • 深夜22:00
  • 未明24:004:00

旅行代金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約48,630円(19年11月20日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋利用追加代金 ビジネスクラス利用追加代金 催行 早割
期限
出発日 料金 状況 詳細
20年06月03日(水) 20年06月03日(水) 598,000円 122,000円 +350,000円

申込多数

お問い合わせください

60 04/03  
ポイント
お一人部屋利用
追加代金
122,000円
ビジネスクラス
利用追加代金
+350,000円
上級エコノミークラス利用追加代金 +150,000円
早割期限 60 04/03
  • ※6/3は例年ボトナントガーデンのキングサリの季節です。花の開花時期については気象条件により多少前後することを予めお含み下さい。

仮予約する

  • 上級エコノミークラス利用追加代金… +150,000円
20年10月07日(水) 20年10月07日(水) 黄葉 578,000円 122,000円 +350,000円 120 06/09  
ポイント 黄葉
お一人部屋利用
追加代金
122,000円
ビジネスクラス
利用追加代金
+350,000円
上級エコノミークラス利用追加代金 +150,000円
早割期限 120 06/09

仮予約する

  • 上級エコノミークラス利用追加代金… +150,000円

※6/3は例年ボトナントガーデンのキングサリの季節です。花の開花時期については気象条件により多少前後することを予めお含み下さい。

※ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス利用区間:東京⇔ヨーロッパ内都市


 

催行欄の見方

  • 催行決定

    催行(出発)が決定しています。

  • 申込多数

    ご出発の1ヶ月前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)

  • 空白

    現在募集中です。

  • 残席わずか

    ご予約いただける席が4席以下になっています。

  • キャンセル待ち

    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。

  • お問い合わせください

    詳細はお問い合わせください。

  • 残席わずか:ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち:現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • お問い合わせください:詳細はお問い合わせください。

ツアー詳細

発着地 東京発着/国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌・その他国内35都市)
 
利用予定航空会社 ブリティッシュ・エアウェイズ,エールフランス航空,KLMオランダ航空,ルフトハンザドイツ航空,フィンランド航空,スカンジナビア航空
利用予定ホテル <マンチェスター>エアポート・イン 又は同等クラス
<スランディドノ>セイント・ジョージ 又は同等クラス
<ペンブローク>ベストウエスタン・ランフェイコート 又は同等クラス
<カーディフ>ノボテルセンター 又は同等クラス
<プリマス>クラウンプラザ 又は同等クラス
<エクセター>メルキュール・サウスゲート 又は同等クラス
<サウサンプトン>ホリデイイン 又は同等クラス
<ライ>マーメイドイン
<ロンドン>ヒルトン・ケンジントン 又は同等クラス
食事回数 朝食:11回・昼食:9回・夕食:9回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 13名 (最大20名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
旅券残存有効期間 帰国時まで

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。
※第3日目のスノードン登山列車は雨天の時、また乗車人数が少ない場合、運行が中止となる場合もございます。
※4日目はミニバンを、コーンウォール半島では中型バス(20人~30人乗り)を使用します。
※ジュラシックコーストのダードル・ドアまでは、片道約1.5㎞、約30分間、砂利道を歩きますので、履き慣れた、歩き易い靴をご用意下さい。
※マーメイド・インは、お部屋によって調度品や広さにばらつきがございます。予めご了承ください。
※朝食はビュッフェまたは、イングリッシュ・スタイルです。

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

関連ツアー関連ツアー

  • コンウィ城/ウェールズ

    英国の異郷ウェールズを極める~カントリーハウスにも宿泊~ 10日間

  • 20世紀における最も素晴らしい庭園といわれるヒドコートマナーガーデンにもご案内します

    【ブリティッシュエアウェイズ・復路直行便利用】ビジネスクラスで行く 連泊で楽しむゆったり英国周遊~コッツウォルズ3連泊~ 14日間

  • 印象派の画家達に愛された漁港オンフルール

    のどかなブルターニュの田舎巡りと印象派の故郷ノルマンディー 12日間

  • ジャイアント・コーズウェー/北アイルランド(OP一例)

    北アイルランド・南アイルランド周遊 13日間

関連特集関連特集

  • グラストンベリー・トール

    ウェールズ(英国)旅行・ツアー・観光特集~知られざる英国の秘境と伝説の地コーンウォール~