ヨーロッパの異郷、バスク~魅惑の独特の文化と旅する喜び~

スペイン、フランスにまたがる国なき国バスク。近年注目のバスク地方の魅力をご紹介します。

バイヨンヌ
バイヨンヌにて
サンセバスティアンのバル
バル(イメージ)
サン・ジャン・ド・リュズにて
バスク印の菓子(イメージ)

アフリカで生まれた人類が、一進一退を繰り返しながら世界へ広がり始めた頃、

大西洋とピレネー山脈がであう現在のスペインやフランスのあたりは、

湿気を含んだ恵みの雨が石灰岩の土壌に樫等の木々を茂らせ、

多様な哺乳類が住む森と川、山や海が人々の生活を支えていました。
ここには、フランスのラスコーやスペインのアルタミラなど、

太古の人類がその足跡を残す山々があり、

気候の変化に伴い移動を繰り返す人類を優しく守ってきた土地でもあります。

 

歴史的にバスクと呼ばれる地域は、

スペイン北西部からフランス南西部にまたがる領域で、

ヨーロッパのどの言語の影響も受けていない言葉を話し、

独特と文化を持つ人々が連綿と伝統と歴史を繋いできました。

 

近代国家の国境がバスクを2つの国籍に別けてはいますが、今もその伝統は変わりません。

ヨーロッパのどの地域とも似ていて、それでいて個性が色濃いバスク。

独特の風土と、先進的な感性が、21世紀の新しい価値観となって、私たちを旅へと誘います。


ユーラシア旅行社のスペインツアーやフランスツアーでは
このような魅力溢れるバスク地方にも注目し
様々なコースでこの地方にご案内をしています。
是非お気軽にご相談下さい。

※訪れる都市や観光内容などは各ツアーをご覧下さい。
時期や年によってはご案内がない場合もございます。予めお含みおきください。

バスクのシンボル「ラウブル」と「イクリニャ」

バスク地方の旅で見かける、

この風車のようなシンボルマーク。

バスク十字と呼ばれるラウブルです。

4枚の羽が4元素をイメージしているという説もありますが、

定かではありません。

 

一方、赤地に白十字、緑のばってんが入ったバスクの旗は

イクリニャと呼ばれます。

バスク人の赤、ゲルニカの樫の樹の緑、

キリスト教信仰の白が合わさっているといわれます。

いずれも彼ら民族の象徴といえる記号です。
お土産屋さんのキーホルダーからマカロンの缶や刺繍、

町の彫刻等などいろいろな所で見かけます。

バスク十字が彫られた墓石(アスカンにて)
バスク十字が刻まれた墓石、アスカンにて

スペインのバスク地方

経済の中心地、ビルバオ

バスクは現在の行政区分で言うと、

スペインに4県、フランスに1地方とに別れています。
そのうち、スペイン側バスクの玄関口がビルバオです。

前世紀に工業都市として発達し、

バスク全体の経済を押し上げてきた街です。

現在ビルバオを訪れると、

街を貫くピカピカの高速道路、いくつものドックが並ぶ港、

大きなサッカー場やビル郡、郊外には工場と、

近代的な街並みが海を背に広がっています。

ユーラシア旅行社の北スペインバスクツアーで訪れるビルバオの旧市街
ビルバオ旧市街

旧市街とグッゲンハイム美術館

古きよきバスク様式の建物が並ぶ、ビルバオ旧市街。
狭い路地に額をつき合わせるように並ぶカラフルなビルは、

ガラス張りのバルコニーや庭の花がとっても華やか。

そんな旧市街と港へ向かう運河の間にあるのが、

アルミホイルをくしゃっとまとめたような

独特のフォルムのグッゲンハイム美術館です。

アメリカにあるグッゲンハイムの分館で、

中には近代美術が展示されています。
 

裏手の運河側には

東京の六本木ヒルズのと同じ蜘蛛のオブジェがあります。

正面には旧市街に向かって

ジェフ・クーンズ作のお花の犬パピー(12.4m)がお出迎え。

四季折々のお花で明るく飾られています。
 

ユーラシア旅行社の北スペイン・バスクツアーで訪れるビルバオのグッゲンハイム美術館と花犬パピー
グッゲンハイム美術館と花犬パピー

最古、そして現役の運搬橋!世界遺産のビスカヤ橋

ビルバオ郊外にある世界遺産のビスカヤ橋。
これは世界最古にして今も現役の運搬橋です。

運搬橋、というのは耳なじみがない方が多いと思います。

港へ向かう大型の船が通過する川の対岸へ、

車を渡す方法として考案された橋です。

船が通過する川では、

高架の橋をつくっている街や

跳ね橋を作っているところもありますね。

 

ビルバオで問題になったのは、

緩やかなスロープを作ることができない土地の狭さです。

そこで、1893年にエッフェル塔で有名なエッフェル氏の

弟子である建築家が手がけたのがこの運搬橋。

人も車もゴンドラに載せて対岸へ渡すので、

橋としては非常に省スペース。

船はゴンドラの通過の合い間に橋の下をくぐります。

 ゴンドラは、両側に旅客用の部屋があり

真ん中が乗用車などのスペース。

対岸まではおよそ3分。

市民にとっては通勤通学の足で、

日常的に利用されている身近な世界遺産なのです。
 

ユーラシア旅行社のスペイン・バスクツアーで訪れるビルバオの世界遺産ビスカヤ橋
世界遺産のビスカヤ橋
ユーラシア旅行社スペイン・バスクツアーで訪れるビルバオの世界遺産ビスカヤ橋
ビスカヤ橋のゴンドラ

美食の発信地サン・セバスティアン(ドノスタシア)

大西洋ビスケー湾がさらに陸に入り込んだコンチャ湾。

帆立貝のように緩やかな曲線を描く静かな湾を

抱きかかえるように延ばした2本の腕。

そんな形をしたサン・セバスティアンは、

大西洋に面した海のリゾートであり、

バスクでも指折りの美食の町です。


ユーラシア旅行社のバスクの旅では
サンセバスティアンに連泊するものもありますので
街を一望するモンテ・イゲルドの丘に登ったり

海辺のプロムナードで椰子を揺らす風を感じましょう


小腹が空いたら旧市街へ。

立ち飲み屋バール文化が盛んなサンセバスティアン。

海の幸山の幸を取り入れた創作料理など

腕自慢の店主が軒を連ねていますから

バールの梯子も楽しみです。

サン・セバスティアン、スペイン
スペイン・バスクの街、サン・セバスティアン

オンダリビア(フエンテ・ラビア)の木組みの街

スペインバスクのなかでは北の方、

フランス国境すれすれの所にある、オンダリビア。

工業的に発展したビルバオや

新市街の開発が進むサンセバスティアンよりも

ちょっと田舎という事もあり、

昔ながらの木組みの家並みや、

鄙びた石畳の町がよく保存されています。

ユーラシア旅行社のスペイン・バスクツアーで訪れるオンダリビアの木組みの家々
オンダリビアにて

悲劇のゲルニカ

中世、バスク地方の中心はこのゲルニカにあり、

伝説的なオークの樹の前で、

歴代の王たちは政権交代の儀式を行い、

その玉座の正当性を証していました。

近代国家の波がバスクを分断しても、

彼らの独立心のよりどころであったゲルニカ。

しかしスペイン内乱の折、

フランコ独裁政権に反旗を翻したゲルニカは爆撃され、

多くの市民が犠牲となりました。

 

スペインの中で、

同じく独立心が強いカターニャに縁があるピカソは

この事件に憤り、

その怒りが彼に大作「ゲルニカ」を描かせたといいます。

バスクのオークの樹は奇跡的に爆撃を免れ、

現代も娘・孫娘の樹たちがその代を受け継ぎ、

彼らの伝統を未来へと伝えています。

ユーラシア旅行社の北スペイン・バスクツアーで訪れるゲルニカのオークの樹
ゲルニカのオークの樹
ゲルニカの町におかれたゲルニカのタイル絵
ゲルニカにて(絵の本物はマドリッドにあります)

この人もバスク人!フランシスコ・ザビエルの故郷、ナバーラ

歴史的な意味でのスペインバスクには、

現在の行政区分でいうバスク自治州3県の他に、

一県一州のナバーラ州も含まれます。

 

ナバーラ州の中心は、

ヘミングゥエイの「日はまた登る」で

牛追い祭りが世界的に有名になったパンプローナです。

 

さらに、パンプローナから東へ小1時間走ったところ、

荒涼とした高原にぽつんと佇むのが写真のハビエル城です。

ここは、日本で最も有名なバスク人ともいえる、

宣教師フランシスコ・ザビエルが生まれ

幼少期を過ごしたところなのです。

500年前、

遠く日本まで宣教の旅に来たフランシスコ・ザビエルも

バスクの人だったと思うと、

また少しバスクを見る目が変わってきませんか?

ユーラシア旅行社の北スペイン・バスクツアーで訪れる、ナバーラのハビエル城
ナバーラのハビエル城

フランスのバスク地方(フレンチバスク)

バイヨンヌ

きれいな川、という名をもつバイヨンヌ。

ニーブ川沿いに発達した町は、

ローマ時代より、

スペインとピレネー以北のヨーロッパを結ぶ

海沿いの幹線道路に位置し、発展してきました。

フレンチ・バスクとほぼ同義に使われる、

ピレネー・アトランティック県の県庁所在地でもあります。

 

カラフルな木組みのマンションが並ぶ旧市街を歩くと、

チョコレート屋さんが結構目に留まります。

新大陸からもたらされたカカオ、チョコレートが、

スペインやポルトガルからやってきたユダヤ人によって、

フランスで初めてこの街に伝えられて以来、

街の名物となっています。

 

また、ツアーによっては朝市にご案内するものも。

新鮮な食材が並ぶマーケットは、

眺めて歩くだけでも心躍ります。

フレンチバスク、バイヨンヌ
バイヨンヌ
バイヨンヌの朝市
バイヨンヌの朝市にて

大西洋を望むリゾート地ビアリッツ

19世紀、ナポレオン三世の皇后ウジェニーが別荘を建てたのをきっかけに、

多くのフランス貴族が訪れるようになったビアリッツ。

スペイン国境にもほど近い海辺のプロムナードには

レストランが並び、海の幸を求めるバカンス客が。

暑い夏には、

キリリと冷えたシードル(リンゴの発泡酒)がお勧めです。

 

かつて大西洋に乗り出した船乗りは、

新大陸からいろいろなものを故郷のバスクに持ち帰りました。

その一つがチョコレート。

バスクが発祥のベレー帽の形を模したチョコレートケーキ

「ベレーバスク」も、甘いもの好きにはたまりません。

お店によってムースのコーティングが

チョコレートソースだったり粒粒のチョコレートだったり

ついつい食べ比べてしまいたくなる美味しさです。

ビアリッツ
ビアリッツ
ビアリッツのチョコレートケーキ「ベレーバスク」
ベレーバスク(イメージ)

ピレネー山麓の宿場町、サン・ジャン・ピエ・ド・ポール

ピレネー山麓のにあるバスクの町のひとつに、

サン・ジャン・ピエ・ド・ポールがあります。

北スペインにある聖地サンティアゴ巡礼の道は、

パリ・トゥールの道、ウェズレーの道、ル・ピュイの道、

アルル・サンジルの道の4ルートが最も人気があるのですが、

このうち前から3つのルートが合流し、

ピレネー山脈越えのスタート地点となるこの街は、

巡礼のスタート地として現在最も人気のあるところです。

 

昔ながらの街並みに、帆立貝をつけた大荷物の巡礼者たち。

マントが撥水加工のレインウェアにかわり、

頭他袋がザックになったとはいっても、

中世の風景を彷彿とさせてくれます。

ユーラシア旅行社のフランスツアーで訪れるフレンチバスクのサン・ジャン・ピエ・ド・ポー
サン・ジャン・ピエ・ド・ポー

美食の郷バスク

バールとピンチョス

バールは居酒屋、というイメージが強いですが、

朝食のトーストや仕事の合い間のコーヒーブレイク、

富くじやタバコを買ったり、

スロットでおじさんがひまをつぶしていたり、

夕食前の一杯をひっかけ、井戸端会議に花を咲かせる場

それがスペインのバルです。

私たち旅行者にとっては、

道を聞いたりお手洗いを借りたりできる頼もしい存在。

 

さらに、一般的なレストランが昼食は14時ごろ、

夕食は20時や21時から、というスペインにおいて

24時間軽食を取ることもできる場所というのも重要です。

 

そんなバルで、スペイン語が知らない旅行者の強い味方が

バゲットにハムやサラダ、マリネなどが載った

オープンサンド「ピンチョ(ス)=爪楊枝の意味」や、

小皿料理「タパ(タパス(ス)=小皿の意味」。

カウンターにずらっと現物が並んでいますので

目で見てほしいものを指差しで頼めばOK

言葉ができなくても問題ないのです。

 

ピンチョは、

美食の街サン・セバスティアンが発祥といわれ、

旧市街にはピンチョスが並ぶバルが軒を連ねています

2つ3つ食べると結構お腹もいっぱいになりますので、

何を食べようかいつも迷います。

海の街サン・セバスティアンでは、

魚介の具がのったピンチョスが多く、

日本の方のお口にも合うと好評です。

ユーラシア旅行社の北スペイン・バスクツアーで訪れる、サンセバスティアンの旧市街
サンセバスティアン旧市街にて
サン・セバスティアンのバルにて
ピンチョスが並ぶバルのカウンター(イメージ)

マカロン

フランスの高級お菓子として

すっかり日本でもおなじみのマカロンですが、

その原型をたどるとバスク地方にたどり着きます。

 

諸説あるのですが、有力なものでは、

フレンチバスクの小さな町サン・ジャン・ド・リュズの

老舗「メゾン・アダム」が、

ルイ14世とマリアテレジアの婚礼の際に作ったものが

元祖マカロンなのだとか。
 

そう聞くととても華やかなお菓子のような気がしますが、

お店のショーウィンドーに並んでいるのは、

素焼きのクッキーのようなお菓子。

ふわっと香アーモンド、もっちりとした食感

優しい甘さの素朴な味です。

賞味期限は大体1週間。

缶入りのものですと、

容器も残ってよいお土産になるのではないでしょうか。

 

元祖マカロン。サン・ジャン・ド・リュズのメゾン・アダムにて
メゾン・アダムの元祖マカロン
メゾン・アダムのマカロン
メゾン・アダムにて(イメージ)

バスクの唐辛子、ギャンティーヤ

バスクといえば、唐辛子。

市場に行けば山盛りの唐辛子が豪快に売られていて、

バールに入ればこの青唐辛子の酢漬けや

塩で炒めたりしただけの唐辛子が、これまた山盛りに。

隣の席のおじさんのテーブルには

その山盛りの唐辛子が置かれ、

酒のつまみにそれをぼりぼりと口に運んでいるのです。

 

辛くないのかな、と心配してしまいますが、

日本のシシトウみたいなモノで、

一度食べだすとぽりぽり食べ続けてしまうものです。

料理の仕方は、他にも、唐辛子を煮込んだ料理や、

粉やソースにした料理もたくさんあります。
ピペラード(赤ピーマンの唐辛子煮)や
バカラオ・ピルピル(干し鱈の唐辛子風煮込み)等

ユーラシア旅行社のバスクツアーでも

各地の名物料理をご用意しておりますので

是非お楽しみ下さい

ユーラシア旅行社のバスクツアー、フランスの市場で見かけたギャンティーヤ
ギャンティーヤ(イメージ)

新食感!凝乳

山のバスクでは、古くから酪農が盛ん。

特に、山羊や羊はずっと人間のよきパートナーでした。

山羊や羊の乳を使ったチーズも盛んですが、

スーパーにも並ぶ庶民のデザートに、

凝乳というのがあります。

英語ではカードと呼ばれるこれ、

普通のヨーグルトよりも栄養素が高くチーズの部類だそう。

市場では素焼きの入れ物に入ったものもあります。

生ものですのでそのまま日本に持ち帰るのは難しいですが、

素焼きの入れ物だけならお土産にできるかも…。

本来は羊の乳で作るものですが牛乳製のものも見かけます。

スペインではクァハーダ、フランスではブルビ、

バスク語ではマミアと呼ばれます。

ユーラシア旅行社のバスクツアー、バスク地方の市場で見かける凝乳
凝乳(イメージ)

バスクの手仕事

ピカソも愛用したバスク織り

現在では太さが異なる縞柄がスタンダードのバスク織り。

かのパブロ・ピカソも愛用したと言われます。

 

もともとは、麻の生地にひし形模様、

太めの藍の線が入ったものでしたが、

ここ百年くらいで現在の柄が主流となりました。

 

船乗り達の使用に耐える丈夫さも人気の秘密。

最近では、衣類以外の製品も多く店頭に並んでいます。

バスクの布屋
フレンチバスク、布屋にて(イメージ)

伝統の靴エスパドリーユ

ジュート麻の靴底を持つ軽い履き心地の靴、

エスパドリーユもバスク生まれ。

こちらも船乗りさん愛用の伝統の靴です。

近年、ファッション業界からも注目されています。

 

ツアー中、ためし履きして購入というのは

なかなか難しいかもしれませんが、

日本のファッション誌などで目にされたときは

ぜひ遠いバスクの地へ思いを馳せてみてください。

フレンチバスク伝統の靴、エスパドリーユ
エスパドリーユ(イメージ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーラシア旅行社の
海外ツアー、海外旅行
「ユーラシアの旅」

旅本来の満足を追究しその喜びがお客様の人生の隅々まで行き渡ることが私たちの願いです。

 

電子パンフレット