ケニア旅行・ツアー・観光特集~マサイマラ、アンボセリサファリでビックファイブを求め、ヌーの川渡り見学挑戦も~

東アフリカに広がるケニアのサバンナは野生動物の楽園。サファリで素顔の動物達に会いに行きましょう!

  • ケニアのビッグファイブ(ライオン、ヒョウ、バッファロー、サイ、アフリカゾウ)

  • ドライブサファリにて

  • アフリカゾウ

  • ヒョウ

  • チーター

 

 

アフリカの大地が育んできた生命のドラマが繰り広げられるケニアの広大なサバンナ。地球上でも最も巨大な移動の一つであるヌーの大移動を追い、特に野生動物が多く躍動する国立公園や保護区に焦点を絞ってそのドラマに迫ります。

ケニアとは(基本情報)

【正式名称】ケニア共和国
【面積】58.3万平方キロメートル(日本の約1.5倍)
【人口】4,970万人(2017年:国連)
【首都】ナイロビ(Nairobi)
【民族】キクユ族,ルヒヤ族,カレンジン族,ルオ族,カンバ族等
【言語】スワヒリ語,英語
【宗教】伝統宗教,キリスト教,イスラム教
【時差】日本よりマイナス6時間

 

 

ケニアの気候・ベストシーズンはいつ?

ナイロビの気候、ケニア ナイロビの気温

 赤道直下にあるケニアは一年を通じて月毎の気温の変化はあまりありません。また、みどころは標高1,000m以上の高原地帯に位置している為、極端に暑くなる事はありません。乾季・雨季があり、3~6月頃、11~12月頃が雨季、それ以外の時期が概ね乾季に分類されます。但し、近年の気候の変化で以前程乾季・雨季の差が感じられない年も増えているようです。有名なヌーの川渡りはケニアで8月前後に見られる可能性が高まりますが、その年の状況によって前後する場合があります。
 乾季は比較的雨が少なく一般的に観光しやすいシーズンです。水場も少なくなりますので、動物も若干見つけやすくなります。一方で、草が枯れ気味で埃が多く、動物に集まるサファリカーも多いという難点もあります。一方雨季は文字通り雨量が増えるものの、一日中降り続ける事はあまりありません。サバンナがみずみずしく、また、相対的にサファリカーが少なくなる為、サファリがしやすいメリットもあります。
 尚、例年11~5月頃にヌーの大群はタンザニア側のセレンゲティへ渡って行きますが、その他の動物(特に肉食獣)はケニア側に留まっているので、サファリでは一年を通して動物と出会う事が出来ます。

ケニアおすすめ観光、サファリの四大ポイント

  • ケニア、タンザニアのビッグファイブ

    ケニアのビッグファイブ(ライオン、ヒョウ、バッファロー、サイ、アフリカゾウ)

  • マサイマラ

    ドライブサファリにて

  • BTKC・ボートサファリ

    ボートサファリにて

【こだわり1】ユニークな宿泊施設を厳選!
ケニア・タンザニアでは、各地でサファリをご満喫頂くとともに、宿泊するロッジでもユニークな体験がお楽しみ頂けるよう、宿泊施設や宿泊地を厳選しました!
思い出に残るケニア・タンザニアならではの滞在をご堪能下さい。

【こだわり2】サファリカーは全員窓側のゆったりサファリ
サファリカーは全員窓側限定! ドライブサファリや移動を、よりゆったりとご満喫頂けるために、9人乗り(3人×3列)のサファリカーに、最大5名に限定して全員窓側に座れるよう配車しますので、動物の撮影も余裕を持ってできます。

【こだわり3】サファリ・ファースト
大クレーターの中に通年で動物達が暮らすタンザニアのンゴロンゴロ、キリマンジャロの麓に広がる草原にアフリカゾウを始めとして多数の動物が息づくアンボセリ国立公園、そしてマサイマラの三泊等、当該時期により野生動物達と出会える可能性が高い場所に絞って、サファリ中心の日程でご案内します。また、ツアーによっては通常の早朝と夕方だけでなく、昼前後や午後の時間もサファリにご案内します。サファリの時間を多くとる事で、動物達の目撃情報をもとにより遠くの場所までサファリが出来るようになります。

【こだわり4】双眼鏡無料貸し出し
双眼鏡を無料で貸し出し致します!せっかくケニア・タンザニア旅行に行くからには、動物たちをより大迫力で見たい!でも、その為だけにわざわざ双眼鏡を買うのは勿体無い…
ユーラシアの旅では、"ツアーコードBK及びBTから始まる全てのコース"を対象に無料で双眼鏡をレンタル致します。

サファリはビックファイブを見よう!

  • BK_サファリにて(イメージ)/マサイマラ

    バッファロー

  • BKM0・ゾウ

    アフリカゾウ

  • ケニア、ナクル湖、サイ

    サイ

  • ケニア,アンボセリ国立公園

    ヒョウ

  • BKTC・ライオン

    ライオンのプライド

その他の動物達も色々見られるチャンスがあります。

  • BKM0・マサイマラ

    チーター

  • BKTC・マサイマラ

    キリン

  • BK06・シマウマ

    シマウマ

  • ケニア、ハイエナとシマウマ

    ハイエナとシマウマ

  • ケニア、カバ

    カバ

  • ケニア、バブーン(ヒヒ)

    バブーン(ヒヒ)

大自然のスペクタクル、マラ川と支流におけるヌーの川渡り

  • ヌーの川渡り(マサイマラ/ケニア)

    ヌーの川渡り(イメージ)

  • BKT2・ヌーの川渡り

    ヌーの川渡り(イメージ)

 四国の約1.5倍もの広大なサバンナが広がり、国境をまたいで繋がるタンザニアのセレンゲティとケニアのマサイマラ。この中をヌーとシマウマの大群が新鮮な草を求めて、一年を通して時計回りに移動します。これが世に言われる“ヌーの大移動”です。毎年2~3月に南セレンゲティで産み落とした子供たちに脚力が付く生後半年前後の時期にヌーの大群はケニア側のマサイマラに生える草を求めて一気に北上します。しかしケニアに入って現れるのがマラ川やその支流、最大の難所です。この川には一年に一度のご馳走を心待ちにする世界最大級の爬虫類であるナイルワニも数多く生息し、沿岸にライオンやヒョウなどの肉食獣が待ち伏せしている事も少なくありません。
 このような命の危険が迫る難所でもヌー達はやがて勇気を振り絞って川を渡って行きます。先頭が川に飛び込むと、続々と後に続いてヌーやシマウマが川を渡って行きます。ワニに襲われたり、急流に流されたりする個体もいますが、それでも生きる為に前に進むしかありません。子供たちも力を振り絞って親になんとか付いていきます。
 大自然のドラマに台本はありません。その年の天候によって移動時期や場所も異なる為、ヌーの川渡りが見学が出来るかどうかは、運にも左右されるため、全てのツアーでマサイマラに3泊滞在にし、サファリも一般的な数時間単位のドライブサファリではなく、ロッジから遠くの場所で川渡りがあってもその場に行けるよう、終日のドライブサファリで組んでおります。
※ヌーの川渡りは動物の自然現象の為必ずご覧頂けるとは限りません。予めお含みおき下さいますようお願い申し上げます。

ケニアの国立公園と保護区

マサイマラ国立保護区

  • BKA6アンボセリチーター

    BKA6アンボセリチーター

  • ヌーの大群、マサイマラ

    ヌーの大群、マサイマラ

  • ヌーの川渡りが起きるマラ川、マサイマラ、ケニア

    マサイマラを流れるマラ川

ケニア西部、タンザニア側のセレンゲティ国立公園と陸続きの国立保護区。ビッグファイブが生息し、特にライオンの多さでも知られ、サファリの聖地として世界中から愛好家が集う野生動物の楽園。大きさは大阪府と同程度、区内にはマラ川やその支流が流れ、8月前後にはヌーの大群が決死の川渡りに挑みます。

アンボセリ国立公園

  • キリマンジャロ

    アンボセリ国立公園とアフリカ最高峰キリマンジャロ

  • アンボセリ国立公園、ケニア

    アンボセリ国立公園

アフリカ最高峰キリマンジャロの麓に広がるアンボセリ国立公園は、アフリカゾウが多く、ケニアでも有数の動物の楽園として知られています。サバンナ越しにキリマンジャロを見渡す事の出来る絶好のロケーションに位置しており、天候に恵まれればその偉容を仰ぐ事が出来ます。
ユーラシアの旅では、敷地内からキリマンジャロを望めるロッジに宿泊します。天候に恵まれれば、日中の雄姿と夜の満天の星も是非お楽しみ下さい!

アバーディア国立公園

  • ツリートップス

    アバーディア国立公園の樹上ロッジより

  • BK06・樹上ホテル

    アバーディア国立公園の樹上ロッジ

ケニア中部に佇むアバーディア国立公園。この公園はケニアでも名物の樹上ロッジが複数あります。公園内の深部に位置する「ツリートップス」もその一つ。1952年英国女王エリザベスが訪れ、そこで父の訃報と女王即位のニュースが届き、一躍有名になりました。建物には、動物達が集う水場に隣接しており、テラスがその水場に向かって設置されているので、ホテルに居ながらのサファリを楽しむ事が出来ます。

マサイ族とマサイ族の村

BKA6マサイ族(イメージ) マサイ族の村にて

ケニアからタンザニアにかけて住む先住民であるマサイ族。本来は遊牧民族として暮らして来たが、数多くの遊牧地が国立公園や自然保護区に指定され、近年は定住化を余儀なくされるケースが増えております。マサイジャンプと呼ばれる独特のダンスを行い、かつてのライオン狩りや身体能力の高さでも知られています。現在でも昔ながらの住居が並ぶ村も点在しており、一部ツアーではご案内します。

ケニアのロッジ、ホテル事情

  • キボ・サファリ・キャンプ、アンボセリ国立公園、ケニア

    アンボセリのテント式ロッジ

  • 樹上ロッジ・ツリートップス内部、ケニア、アバーディア

    アバーディアの樹上ロッジ内部

  • マラセレナ

    マサイマラのマラ・セレナ・ロッジ

ケニアはみどころが国立公園や自然保護区に集中している為、首都ナイロビを除き、宿泊は概ねロッジです。都市的ホテルのような機能性はない為、シャワーのみでお湯の出が良くない事があります。反面、自然の中に位置しており、ケニアならではの雄大な自然を感じられる施設が多いです。

ケニアの料理・食事事情

  • ケニアの食事一例

    ロッジのビュッフェ(イメージ)

  • ケニアの食事一例

    ケニアの食事(一例)

  • ナイロビ、レストラン、ケニア

    ゲームミートのグリル(イメージ)

旅で訪れるケニアの食事は、概ね西洋料理が多く提供されます。また、いずれの食事もバイキング形式が多くなります。自然の中に位置しているロッジは素材や調理に限界がある為、食事につきましては、多大な期待を抱かない事をお勧めします。時折サバンナならではのゲームミート(野生動物、主にレイヨウ類)が提供される事があります。

ケニア、首都ナイロビの治安は大丈夫?

首都ナイロビの一部地域には、外務省より危険情報レベル2「不要不急の渡航は止めてください。」が発出されておりますが、ツアーでは立ち寄りは致しません。また、ソマリア国境付近や海岸線の治安は流動的ですが、国立公園や自然保護区は警備も敷かれており、治安は安定しております。
また、各宿泊施設では、大型肉食獣対策もとられておりますので、自然の中のロッジでも安心してお過ごし頂く事ができます。

黄熱病予防接種証明書(イエローカード)について

黄熱病予防接種証明書(イエローカード) 黄熱病予防接種証明書(イエローカード)

ケニアは黄熱に感染する危険のある国です。生後9か月以上のすべての渡航者に黄熱の予防接種が推奨されています。接種先につきましては、こちらのリンクをご参照ください。
また、入国経路によりましては、黄熱病予防接種証明書(イエローカード)が必須となる場合がございます。詳しくは各ツアー日程表下部をご参照ください。
必須のツアーにつきましては、接種予約が恒常的に混雑しており、お早めにお問合せ頂く事をお勧め致します。(通常は接種の1~2ヶ月前より予約可能ですが、各接種機関に詳細をお問合せください)
尚、弊社の一部ツアーで利用するケニア/タンザニア間の陸路国境では、公式に禁忌証明書(Medical Exemption)での通過が許可されない為、必ず黄熱病予防接種(イエローカード)が必須です。
※WHOが、2016年7月より黄熱病予防接種の有効期間を10年から生涯有効に変更しました。2016年6月以前に接種した予防接種も自動的に生涯有効とみなされますので、一度取得された黄熱病予防接種証明書(イエローカード)は紙面上の有効期限が切れていてもご利用頂けます。

おすすめ海外ツアーおすすめ海外ツアー

  • 東部、南部アフリカ絶景7ヶ国大周遊の旅~タンザニア、ケニア、ボツワナ、ザンビア、ジンバブエ、ナミビア、南アフリカ~ 16日間

    東部、南部アフリカ絶景7ヶ国大周遊の旅~タンザニア、ケニア、ボツワナ、ザンビア、ジンバブエ、ナミビア、南アフリカ~ 16日間

  • ケニア・タンザニアハイライト 9日間

    ケニア・タンザニアハイライト 9日間

  • ヌーの川渡り見学挑戦!ケニア・タンザニア周遊と樹上ホテル 12日間

    ヌーの川渡り見学挑戦!ケニア・タンザニア周遊と樹上ホテル 12日間

  • ビジネスクラス利用 アンボセリ・ナクル湖・マサイマラ ケニア三大名所で充実サファリ 11日間

    ビジネスクラス利用 アンボセリ・ナクル湖・マサイマラ ケニア三大名所で充実サファリ 11日間

  • ヌーの川渡り見学挑戦!ムパタ・サファリ・クラブに4連泊、マサイマラサファリ三昧 9日間

    ヌーの川渡り見学挑戦!ムパタ・サファリ・クラブに4連泊、マサイマラサファリ三昧 9日間

  • 【おひとり参加限定の旅】こだわりロッジで巡るケニア悠々サファリ 9日間

    【おひとり参加限定の旅】こだわりロッジで巡るケニア悠々サファリ 9日間

電子パンフレット

  • 2020年4月~12月 ワイルドアフリカ

    2020年4月~12月 ワイルドアフリカ

一覧を見る