ペルー旅行・ツアー特集

観光充実!満足度が違うぺルー旅行へ。

  • マチュピチュ遺跡

  • 展望列車でマチュピチュへ!

  • インティプンク遺跡より見下ろすマチュピチュ遺跡

  • ウロス島、チチカカ湖

  • ナスカの地上絵、ハチドリ

 

 

ユーラシア旅行社のペルー旅行・ツアーは世界遺産マチュピチュ観光にこだわります!

ユーラシア旅行社のペルーツアーはマチュピチュ村のホテル「エル・マピ」に2泊!!

  • マチュピチュ村

    マチュピチュ村でお土産物屋巡り

  • エル・マピ

    スタイリッシュなホテル「エル・マピ」

ユーラシア旅行社のペルーツアーではマチュピチュ遺跡の麓、遺跡からバスで片道約30分のマチュピチュ村に2泊します。ここに宿泊することにより、クスコからの日帰り客がマチュピチュに到着する前の朝の時間帯やクスコへ帰った後の夕方の時間帯に観光客もまばらな静かなマチュピチュ遺跡をじっくりと観光することができるのです。
宿泊するホテル「エル・マピ」はマチュピチュのメインストリートに面するスタイリッシュなホテル。村散策をするのにも絶好の立地です。遺跡の観光後は温泉の露天風呂で地元の人たちと触れ合いながら旅の疲れを癒やしたり、カラフルな民芸品のマーケットを覘いたりしながら思い出の一時を過ごすことが可能です。

展望列車でマチュピチュへ!

  • 世界遺産マチュピチュ遺跡!

    マチュピチュ遺跡

  • 展望列車、マチュピチュ

    展望列車でマチュピチュへ!

マチュピチュ遺跡観光の拠点、マチュピチュ村へは、オリャンタイタンボ駅から約1時間30分の列車の旅。
ユーラシア旅行社のペルーツアーではガラス張りの大きな窓が特徴の展望列車でマチュピチュを目指します。車窓からは、万年雪を頂いたアンデス山脈や、激しい流れのウルバンバ川、そしてアンデスの懐に抱かれた小さな村に暮らす人々の様子がご覧頂けます。移りゆく道中の風景がマチュピチュへの期待のボルテージをどんどん上げてくれるのです。

ペルーのハイライト、マチュピチュ遺跡は1.5日かけてたっぷり観光!

  • VUP4 マチュピチュ

    マチュピチュ遺跡

  • VUP マチュピチュは日本語ガイドが案内!

    日本語ガイドが丁寧にご案内します

15世紀半ば、標高約2400mの山中にインカ帝国が建造したマチュピチュ。その目的は宗教都市、王の離宮など様々な説が唱えられていますが未だ解明されておらず、突然、放棄された理由もまた謎に包まれています。麓からはその存在が確認できないため、その後のスペインによる征服の際も破壊を免れ、1911年にアメリカ人歴史学者ハイラム・ビンガムによって発見されるまで、400年以上にわたり知られることはありませんでした。そのため、保存状態が良く、今にも遺跡の影からインカの人々が顔を覗かせてくるようです。
ユーラシア旅行社のペルーツアーでは、マチュピチュ遺跡の麓のマチュピチュ村に2泊し、マチュピチュ遺跡を終日かけて詳しくご案内させて頂き、さらに翌日も半日の自由時間をお楽しみ頂けます。2日間に渡り、マチュピチュ遺跡での贅沢な時間をお過ごし下さい。

インティプンク(太陽の門)遺跡までインカ古道を歩く

  • インティプンク(太陽の門)からマチュピチュへ入場。いよいよマチュピチュが目の前に!

    インティプンク遺跡より見下ろすマチュピチュ遺跡

  • インティプンク、ペルー

    インカ古道を歩く!

インカ帝国時代、首都クスコとその統治下の都市を結ぶため、約4万キロに及び張り巡らされていたインカ古道。マチュピチュ遺跡からマチュピチュの本来の入り口インティプンク(太陽の門)遺跡まで約40分のハイキングで、このインカ古道の石畳を自分の足で実際に歩いてみることができるのです。
ユーラシア旅行社のペルーツアーでは、自由時間にご希望の方を無料でインティプンクまでのハイキングにご案内させて頂きます。かつて多くの人々が行き交ったであろう、インカ古道。過ぎし日に思いを馳せながら、是非、歩いてみてください。

ペルーツアーの高山病対策

高度順応の為、宿泊順にも配慮しています!

聖なる谷のホテル 聖なる谷のホテル

低地から高地に急激に移動すると、高山病にかかりやすくなると言われています。その対策としてはまずは高地に身体を慣れさせることです。
 
ユーラシア旅行社のペルーツアーでは、低地のリマから移動後、すぐに標高3,400mのクスコには宿泊せず標高2,900m程のインカの聖なる谷や、標高2,000mのマチュピチュ村で2~3泊します。そこで、少しずつ身体を順応させてから、標高3,400mのクスコ、さらに標高3,800mのプーノ等へ向かいます。

ユーラシア旅行社のペルーツアーでは添乗員がパルスオキシメーターを持参します!

パルスオキシメーター パルスオキシメーター

毎日、自分自身の体調を注意深く観察することも高山病の重症化を予防する方法の一つです。
 ユーラシア旅行社のペルーツアーでは添乗員が動脈中の酸素飽和濃度と脈拍数を測定する「パルスオキスメーター」を持参し、お客さまご自身の自覚症状だけに頼ることなく、客観的に日々の体調管理をして頂くお手伝いを致します。
 

ユーラシア旅行社で行く、ペルーツアーの豊富なラインナップ

「はるばる南米大陸までやってきたのだからペルーだけじゃもったいない!」そんな方のために、ユーラシア旅行社のペルーツアーでは、ペルーと一緒にボリビア、アルゼンチン、ブラジルなどの人気の観光地を巡る多彩なラインナップをご用意しております。
 

ペルーツアーでボリビア「ウユニ塩湖」も訪ねる

  • VUP4 幻想的な雨季のウユニ塩湖

    幻想的な雨季のウユニ塩湖

  • ウユニ塩湖、乾季

    乾季のウユニ塩湖

  • VAU6ウユニ塩湖

    ウユニ塩湖

近年、大人気のウユニ塩湖。標高約3,700mのアンデス高原地帯に広がり、その規模は南北約100km、東西約250km、面積約12,000平方km(四国の約2/3の大きさ)に及び、世界最大の塩湖と言われます。太古の昔、アンデス山脈が隆起した際、海水が山頂に残り、流出する川を持たない地形と、乾燥した気候が、ウユニ塩湖特有の景色を創り上げました。
乾季には湖が干し上がり果てしない真っ白な世界に、そして雨季には降った雨が湖面に張り大地が巨大な鏡に変貌する姿は、本当に幻想的。正に自然の芸術です。
 
ペルー、ウユニ塩湖ツアーでは、ウユニ名物塩のホテルにご宿泊頂き、充実の観光にご案内。天候に恵まれれば、ドラマティックに空の色を変えていく夕陽鑑賞や満天の星空鑑賞もお楽しみ頂けることでしょう。

ペルーツアーでイグアスの滝まで足を伸ばす

大迫力!イグアスの滝 大迫力!イグアスの滝

先住民の言葉で”大いなる水”を意味する「イグアスの滝」。その名の通り、全長約4kmに渡って連なる、大小約300もの数の落差40~80m前後の高さの滝から、毎分36億リットルもの水が轟音とともに流れちます。イグアスの滝を有するイグアス国立公園はユネスコの世界遺産にも登録されています。

ペルー、イグアスの滝ツアーでは、ダイナミックな「悪魔のノド笛」を真上から見下ろすアルゼンチン側、滝の全貌を眺められるブラジル両側からご案内致します。

ペルーツアーでチチカカ湖へ

ウロス島

ウロス島、チチカカ湖 ウロス島、チチカカ湖

面積は約8300平方km(琵琶湖の約12倍)もあり、船の航行できる湖としては世界一最高地(標高約3,810m)といわれるチチカカ湖。インカの初代皇帝はこの湖に現れたという伝説も残ります。
湖にはトトラと呼ばれる葦を積み重ねて作った浮島が、大小合わせて40程あり、インディヘナ先住民を中心に約700人が暮らしています。伝統的な暮らしを守り続けるウロス島を訪問し、葦で作られたトトラ舟の体験試乗もお楽しみください。

チチカカ湖を望むホテルに宿泊!

プーノホセアントニオ ホセ・アントニオ/プーノ

ユーラシア旅行社のペルーツアーには、チチカカ湖を望むホテルに宿泊するコースもございます。
標高約3800mのため空気も澄みきっており、天候に恵まれれば、夜には満天の星空が、朝には朝日を受けて煌めく神秘的なチチカカ湖がご覧頂けることでしょう。
 

ペルーツアーでナスカの地上絵の遊覧飛行へ

VUPナスカの地上絵 ナスカの地上絵、ハチドリ

荒涼とした大地に描かれた、ハチドリ、クモ、サル、コンドルなどの巨大な地上絵。紀元前後~800年頃に栄えた、ナスカ文化時代に描かれたと言われています。あまりにも大きすぎて地上からは確認できないため、20世紀初頭にパイロットが上空を偶然飛ぶまで発見されませんでした。
その目的は、天体の動きから農耕の時期を示したもの、雨乞いの儀式の為に使われたもの、はたまた宇宙人の滑走路として使われた等、諸説ありますが、未だ、謎に包まれています。

ペルーの名物料理を堪能!

コンチータ・ア・ラ・パルメサーナ、ペルー コンチータ・ア・ラ・パルメサーナ

ジャガイモ、ピーマン、トウモロコシ、トマト等、日本でもお馴染みの野菜で、中南米で生まれたものが色々あります。また、太平洋に面している町々では、魚介類も有名です。
ホタテ貝のチーズ焼きコンチータ・ア・ラ・パルメサーナ、アンデス原産の栄養豊富な穀物キヌアのスープなど、ペルーの名物料理もお楽しみください。

フォルクローレショーも愉しむ!

クスコ、フォルクローレショー フォルクローレショー

「コンドルは飛んで行く」や「花祭り」など、誰もが一度は耳にしたことのあるフォルクローレの名曲。ケーナ、サンポーニャ、チャランゴ等の楽器で奏でられるフォルクローレの音色は、雄大なアンデスの景色を思い起こさせ、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。

ペルーにて、本場のフォルクローレショーをお楽しみください。

ペルーツアーでインティライミ祭へ!

  • インティライミ祭、ペルー

    インティライミ祭にて

  • 2017年インティライミ祭にて弊社添乗員撮影

    インティライミ祭にて

ペルー最大の祭りにして、南米三大祭にも数えられるインティライミ。インカ帝国時代、毎年、冬至の日に、彼らにとって絶対的な存在であった「太陽(インティ)」に対して、その年の収穫に感謝し、次の年の豊作を願って盛大に行われていたお祭りです。

スペインの征服後、途絶えていましたが、60年ほど前に復活し、まるでタイムスリップしたかのように、当時の様子を今に伝えています。
祭は、サントドミンゴ教会(太陽の神殿)で、儀式開始の宣言がなされた後、サクサイワマン遺跡へ移動し、民族衣装を身にまとった人々による華やかな時代絵巻が繰り広げられます。ホラ貝とラッパの音と共に、インカの兵士や人々が舞い、王妃が入場。そして神輿に乗った皇帝が登場すると、トウモロコシで作った聖なる酒チチャを太陽や山などの自然、そして大地の神パチャママに捧げた後飲み干し、人々と分かち合います。さらに、太陽の光を集めて火を熾し、生贄としてリャマを捧げ、太陽の光の元、あらゆる自然に感謝し、共に助け合い生きていこうと民衆に呼びかけ、メインセレモニーは幕を閉じます。

おすすめ海外ツアーおすすめ海外ツアー

  • ペルー・ボリビア、アンデス物語 ~マチュピチュ、ウユニ、チチカカ湖とアンデス豪華列車の旅~ 14日間

    ペルー・ボリビア、アンデス物語 ~マチュピチュ、ウユニ、チチカカ湖とアンデス豪華列車の旅~ 14日間

  • こだわりホテルとアンデス絶景列車で巡るマチュピチュ・ナスカ・クスコ・チチカカ湖 10日間

    こだわりホテルとアンデス絶景列車で巡るマチュピチュ・ナスカ・クスコ・チチカカ湖 10日間

電子パンフレット

  • 2018年 夏・秋・冬 南米の大自然 

    2018年 夏・秋・冬 南米の大自然 

一覧を見る