旅行代金
-
目的地
コートジボワール、シエラレオネ、リベリア
出発日
-
発着地
東京
ツアー日数
-
ツアーコード
BWL9
ツアーのポイント

●ギニア湾岸西部の3ヵ国のハイライトを巡る旅。
●モンロビアのリバッサワイルドライフサンクチュアリ、コロニアル建築が彩るコートジボワールの世界遺産グランバッサムも訪問します。
●ミネラルウォーターを毎日、お1人様につき1本ご用意します。(航空機移動日を除く)

日程表

日程 訪問都市 時刻 スケジュール 食事
1日目 □成田又は羽田空港に出発3時間前に集合。
×
×
東京 ■夜、空路、ソウル経由、アディスアベバ、アフリカ内都市乗り継ぎ、又は、ドバイ、アフリカ内都市乗り継ぎ、シエラレオネのフリータウンへ。

【 機中泊 】

2日目 フリータウン 夕刻 ■着後、ホテルへ。

【 フリータウン泊 】

×
3日目 フリータウン滞在 ■午前、フリータウン近郊に位置する西部半島国立公園内に位置する「●タクグマ・サンクチュアリ」へ。密林の疑似環境で保護されたチンパンジーたちの姿をお楽しみ下さい。
■午後、フリータウン市内観光。大統領官邸でもある「●ステートハウス」、解放奴隷達のアフリカ復帰の象徴でもあった「●王庭の門」を見学します。

【 フリータウン泊 】

4日目 フリータウン 午前 ■午前、空路、アフリカ内都市乗り継ぎ、リベリアの首都モンロビアへ。
×
モンロビア 夕刻 ■着後、ホテルへ。

【 モンロビア泊 】

5日目 モンロビア滞在 ■朝食後、終日モンロビア市内観光。「●リバッサワイルドライフサンクチュアリ」にご案内します。
■また、アメリカ大陸からアフリカに戻ってきた解放奴隷達が辿りついた「●プロビデンス島」を望みます。

【 モンロビア泊 】

6日目 モンロビア ■朝、空路、アフリカ内都市乗り継ぎ、コートジボワールのアビジャンへ。
×
アビジャン 夕刻 ■着後、ホテルへ。

【 アビジャン泊 】

7日目 アビジャン滞在 ■朝食後、植民地時代の町並みを残すグラン・バッサムへ。
■着後、グラン・バッサム歴史地区の観光。「●フランス人居住跡」や「●元行政地区」などを散策。
■その後、ヴァチカンを模して建てられたアビジャンの「●サン・ポール大聖堂」にご案内します。

【 アビジャン泊 】

8日目 アビジャン ■昼、空路、アディアスアベバ乗り継ぎ、ソウル経由、又はドバイ乗り継ぎ、帰国の途へ。

【 機中泊 】

×
9日目 東京 深夜 ■深夜、成田又は羽田空港到着。通関後、解散。
×
×
基本日程
1日目

□成田又は羽田空港に出発3時間前に集合。

■夜、空路、ソウル経由、アディスアベバ、アフリカ内都市乗り継ぎ、又は、ドバイ、アフリカ内都市乗り継ぎ、シエラレオネのフリータウンへ。

【 機中泊 】

食事
×
×
2日目

■着後、ホテルへ。

【 フリータウン泊 】

食事
×
3日目

■午前、フリータウン近郊に位置する西部半島国立公園内に位置する「●タクグマ・サンクチュアリ」へ。密林の疑似環境で保護されたチンパンジーたちの姿をお楽しみ下さい。

■午後、フリータウン市内観光。大統領官邸でもある「●ステートハウス」、解放奴隷達のアフリカ復帰の象徴でもあった「●王庭の門」を見学します。

【 フリータウン泊 】

食事
4日目

■午前、空路、アフリカ内都市乗り継ぎ、リベリアの首都モンロビアへ。

■着後、ホテルへ。

【 モンロビア泊 】

食事
×
5日目

■朝食後、終日モンロビア市内観光。「●リバッサワイルドライフサンクチュアリ」にご案内します。

■また、アメリカ大陸からアフリカに戻ってきた解放奴隷達が辿りついた「●プロビデンス島」を望みます。

【 モンロビア泊 】

食事
6日目

■朝、空路、アフリカ内都市乗り継ぎ、コートジボワールのアビジャンへ。

■着後、ホテルへ。

【 アビジャン泊 】

食事
×
7日目

■朝食後、植民地時代の町並みを残すグラン・バッサムへ。

■着後、グラン・バッサム歴史地区の観光。「●フランス人居住跡」や「●元行政地区」などを散策。

■その後、ヴァチカンを模して建てられたアビジャンの「●サン・ポール大聖堂」にご案内します。

【 アビジャン泊 】

食事
8日目

■昼、空路、アディアスアベバ乗り継ぎ、ソウル経由、又はドバイ乗り継ぎ、帰国の途へ。

【 機中泊 】

食事
×
9日目

■深夜、成田又は羽田空港到着。通関後、解散。

食事
×
×

旅行代金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約89,940円(23年11月1日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)

現在お申込みいただける出発日はございません

旅行条件

利用予定航空会社 エチオピア航空,エミレーツ航空
利用予定ホテル <フリータウン>バルモイ 又は同等クラス
<モンロビア>ベラカサ 又は同等クラス
<アビジャン>オノモ 又は同等クラス
食事回数 朝食:6回・昼食:3回・夕食:6回(食事回数に機内食は含まれておりません)
最少催行人数 10名(最大19名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等 必要:ガーナ、コートジボワール、シエラレオネ、リベリア
査証代計:42,000円、渡航手続手数料:5,500円(税込)

必要書類:
●旅券(パスポート)
●黄熱病予防接種証明書(イエローカード)のカラーコピー ※査証申請時に必要

証明写真:
同一の写真2枚(4.5㎝×3.5㎝、カラーかつ背景が「白」のみ可、6か月以内に撮影)

注意事項:
★必要書類をご出発の約1ヶ月前までに届くよう簡易書留郵便にてご送付下さい。到着が遅れますと、ビザを取得できない場合がございますのでご注意下さい。又、お預かりしましたパスポートはご出発日までご返却できません。

予防接種:
黄熱病予防接種証明書(イエローカード)のカラーコピーが必要です。ご出発の40日前までを目安に必ずお受け下さい。
旅行残存有効期間 コートジボワール出国時6か月以上
査証欄余白 23頁 内連続20頁以上(表裏未使用連続10枚)+見開き2頁×1ヵ所

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。
※開閉館の都合により観光日や観光順序を入れ替えてご案内する場合がございます。
※査証申請時に黄熱病予防接種証明(イエローカード)のカラーコピーが必要です。予防接種の予約も恒常的に混み合っております為、早めのご予約をお勧め致します。詳しくはパンフレットをご請求下さい。
※現地航空便のスケジュールは非常に流動的なため、一部日程を入れ替えさせて頂くことがございます。
※一部ホテルでは、場所柄、基本的にぬるま湯のシャワーのみとなります。また給水や電力制限がある場合がございます。
※移動は小型~中型バスを利用します。一部の行程では4WDやバンに分乗となり、添乗員が同乗しない場合ございます。
※土地柄、カップルでのご参加の場合、ダブルベッド利用になる場合がございます。
※一部の観光は他のお客様との混乗となる場合がございます。
※お一人で参加され、他の参加者との相部屋を希望される場合は、ご旅行申込時にお申し出ください。最終的(ご旅行出発時)にお相手となる同性の方がいらっしゃる場合に限り、相部屋という条件にて承ります。お相手がいらっしゃらない場合にはお一人部屋をご利用いただき、お一人部屋利用追加代金を申し受けます。
※国内線追加代金:本州/往復22,000円、片道11,000円、北海道・四国・九州・沖縄/往復32,000円、片道16,000円(税込)

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
日本旅行業協会正会員
〒102-8642
東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

03-3265-1691

営業時間 10:00~17:00(土日祝除く)