旅行代金
828,000円
目的地
ルクセンブルク
出発日
2024年9月22日(日)
発着地
東京
ツアー日数
7日
ツアーコード
WBL7
ツアーのポイント

●「大公国」と唯一の名がついたルクセンブルク大公国を隅々まで巡ります。
●ルクセンブルク市内に楽々5連泊。
●変化に富んだ景観が魅力的な地方都市も訪れます。
●モーゼルワインの醸造所にてワインの試飲もお楽しみ頂きます。

日程表

日程 訪問都市 時刻 スケジュール 食事
1日目 □成田又は羽田空港に出発の3時間前にご集合下さい。
×
×
東京 午前 ■午前、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、ルクセンブルクへ。
ルクセンブルク 深夜

【 ルクセンブルク 泊 】

2日目 ルクセンブルク
(約50km/1時間)
08:30 ■午前、南部のル・テール・ルージュ(赤い土)地方へ。
【赤い土地方】 ■着後、ルクセンブルクが発展するきっかけとなったエッシュ・シュル・アルゼット市内観光。アールデコ建築が並ぶ「●アルゼット通り」、「●レジスタンス広場」にご案内します。
午後 ★国の経済を支えた鉱山列車TRAIN1900にもご乗車頂きます。
17:30 □ご希望の方は添乗員が夕食にご案内致します。(実費)

【 ルクセンブルク 泊 】

3日目 ルクセンブルク
【モーゼル地方】
08:00 ■午前、良質なぶどうの産地モーゼル地方へ。
(約30㎞/45分) ■途中、シェンゲン市内観光。「●シェンゲン協定記念碑」、協定の話し合いが行われた「●コッホハウス」、ヴィクトール・ユーゴーが描いた「●シェンゲン城」にご案内します。
シェンゲン
(約50㎞/1時間)
■また、モーゼルワインの醸造所にてワインの試飲もお楽しみ下さい。
エシュテルナッハ
【ミュラータール地方】
■午後、小スイスとも呼ばれるミュラータール地方へ向かい、ルクセンブルク建国の地エシュテルナッハ市内観光。建立当時の姿が残る「◎聖ウィリブロード大教会」、「◎修道院博物館」へ。

【 ルクセンブルク 泊 】

4日目 ルクセンブルク
【アルデンヌ地方】
08:30 ■午前、優美な古城と美しい自然が溢れるアルデンヌ地方へ。
(約70㎞/1時間) ■着後、白亜の城「◎クレルヴォー城」を訪ねます。
クレルヴォー ■午後、ウール渓谷に佇むヴィアンデン市内観光。ユーゴーの夏の別荘「◎ヴィクトール・ユーゴー博物館」、大公一家ゆかりの「◎ヴィアンデン城」にご案内します。
(約30㎞/30分) ★昼食はルクセンブルクの国民食ジュット・マット・ガーデボウネンです。
エッシュ・シュル・シュール ■また、箱庭のように可愛らしい街エッシュ・シュル・シュール村にて散策をお楽しみ下さい。
(約45㎞/50分) 18:30

【 ルクセンブルク 泊 】

5日目 ルクセンブルク
08:30 ■終日、ルクセンブルク市内観光。「●大公宮殿」、「●アドルフ橋」、「●シュマン・ド・ラ・コルニッシュ」、「●ノートルダム寺院」、「●サンジャン教会」、「◎国立美術・歴史博物館」にご案内します。
×
★昼食はリースリングワインのジュレをパイ皮とパテの間に流し込んで固めたパテ・オ・リースリングです。
■また、国際金融の中心地キュルシュベルクの丘(新市街)も訪問。
■又、ヨーロッパ最大のメディアグループであるRTLグループの放送局の見学。

【 ルクセンブルク 泊 】

6日目 ルクセンブルク ■朝、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。

【 機中泊 】

×
7日目 東京 午前 ■午前、羽田又は成田空港到着。通関後、解散。
(※夕刻到着便となる場合もございます。)
×
×
基本日程
1日目

□成田又は羽田空港に出発の3時間前にご集合下さい。

■午前、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、ルクセンブルクへ。

【 ルクセンブルク 泊 】

食事
×
×
2日目

■午前、南部のル・テール・ルージュ(赤い土)地方へ。

■着後、ルクセンブルクが発展するきっかけとなったエッシュ・シュル・アルゼット市内観光。アールデコ建築が並ぶ「●アルゼット通り」、「●レジスタンス広場」にご案内します。

★国の経済を支えた鉱山列車TRAIN1900にもご乗車頂きます。

□ご希望の方は添乗員が夕食にご案内致します。(実費)

【 ルクセンブルク 泊 】

食事
3日目

■午前、良質なぶどうの産地モーゼル地方へ。

■途中、シェンゲン市内観光。「●シェンゲン協定記念碑」、協定の話し合いが行われた「●コッホハウス」、ヴィクトール・ユーゴーが描いた「●シェンゲン城」にご案内します。

■また、モーゼルワインの醸造所にてワインの試飲もお楽しみ下さい。

■午後、小スイスとも呼ばれるミュラータール地方へ向かい、ルクセンブルク建国の地エシュテルナッハ市内観光。建立当時の姿が残る「◎聖ウィリブロード大教会」、「◎修道院博物館」へ。

【 ルクセンブルク 泊 】

食事
4日目

■午前、優美な古城と美しい自然が溢れるアルデンヌ地方へ。

■着後、白亜の城「◎クレルヴォー城」を訪ねます。

■午後、ウール渓谷に佇むヴィアンデン市内観光。ユーゴーの夏の別荘「◎ヴィクトール・ユーゴー博物館」、大公一家ゆかりの「◎ヴィアンデン城」にご案内します。

★昼食はルクセンブルクの国民食ジュット・マット・ガーデボウネンです。

■また、箱庭のように可愛らしい街エッシュ・シュル・シュール村にて散策をお楽しみ下さい。

【 ルクセンブルク 泊 】

食事
5日目

■終日、ルクセンブルク市内観光。「●大公宮殿」、「●アドルフ橋」、「●シュマン・ド・ラ・コルニッシュ」、「●ノートルダム寺院」、「●サンジャン教会」、「◎国立美術・歴史博物館」にご案内します。

★昼食はリースリングワインのジュレをパイ皮とパテの間に流し込んで固めたパテ・オ・リースリングです。

■また、国際金融の中心地キュルシュベルクの丘(新市街)も訪問。

■又、ヨーロッパ最大のメディアグループであるRTLグループの放送局の見学。

【 ルクセンブルク 泊 】

食事
×
6日目

■朝、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。

【 機中泊 】

食事
×
7日目

■午前、羽田又は成田空港到着。通関後、解散。
(※夕刻到着便となる場合もございます。)

食事
×
×
日程表の見方
食事について
  • 食事つき
  • 各地の名物料理
  • 弁当(ボックスミール)
  • 機内食
  • ×食事なし
観光について
  • 入場観光
  • 下車観光(外観)
移動について
  • 飛行機
  • バス
  • 電車
  • 船舶
  • 4WD・小型車
  • ハイキング
時間帯について
  • 早朝 4:00
  • 6:00
  • 午前 8:00
  • 11:00
  • 午後 14:00
  • 夕刻 17:00
  • 19:00
  • 深夜 22:00
  • 未明 24:00 4:00

旅行代金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約129,120円(23年11月10日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)

出発日 旅行代金 お一人部屋
利用追加代金
プレミアムエコノミー
利用追加代金
ビジネス
クラス
利用追加代金
催行
2024年9月22日(日) 828,000円 80,000円 +200,000円 +600,000円 募集中
お一人部屋 (利用追加代金) 80,000円
プレミアムエコノミー (利用追加代金) +200,000円
ビジネスクラス (利用追加代金) +600,000円

※ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス利用区間:東京~最初に到着するヨーロッパ内都市/最後に出発するヨーロッパ内都市~東京

催行欄の見方
募集中
現在募集中です。
催行決定
催行(出発)が決定しています。
申込多数
ご出発の45日~30日前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)
  • 残席僅か
    ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち
    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • 要問合せ
    詳細は要問合せ。
  • 空席状況は常に変動しており、お申込みのタイミングによっては満席の場合もございます。ご了承ください。
  • 出発が決定しているツアーでも、査証、航空便、現地手配等の事情により、締切りとなったツアーは掲載していない場合もございます。
    ご検討中のツアーがございましたら、お気軽にお問合せください。

旅行条件

発着地 東京発着・国内線手配可能(札幌・名古屋・大阪・福岡など35都市)※下部参照
利用予定航空会社 KLMオランダ航空,エールフランス航空,ルフトハンザドイツ航空,スイス・インターナショナル・エアラインズ,ブリティッシュエアウェイズ,オーストリア航空
利用予定ホテル <ルクセンブルク>ノボテル ルクセンブルグ センター 又は同等クラス
食事回数 朝食:5回・昼食:4回・夕食:3回(食事回数に機内食は含まれておりません)
最少催行人数 10名(最大19名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
旅行残存有効期間 帰国時3か月以上

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。
※開閉館の都合により観光日や観光順序を入れ替えてご案内する場合がございます。
※朝食はビュッフェまたはアメリカン・スタイルです。
※お一人で参加され、他の参加者との相部屋を希望される場合は、ご旅行申込時にお申し出ください。最終的(ご旅行出発時)にお相手となる同性の方がいらっしゃる場合に限り、相部屋という条件にて承ります。お相手がいらっしゃらない場合にはお一人部屋をご利用いただき、お一人部屋利用追加代金を申し受けます。
※国内線追加代金:本州/往復22,000円、片道11,000円、北海道・四国・九州・沖縄/往復32,000円、片道16,000円(税込)

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
日本旅行業協会正会員
〒102-8642
東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

03-3265-1691

営業時間 10:00~17:00(土日祝除く)

関連する旅行