アイルランドをぐるりと周遊して魅力を満喫!

究極の自然美とケルトの世界

ユーラシア旅行社のアイルランド ドゥーン・エンガス
ドゥーン・エンガス(イメージ)
ユーラシア旅行社のアイルランドツアーで行くアデア村
「最も可愛い村」アデア
ユーラシア旅行社のアイルランドツアーで行くキャリック・ア・リードつり橋
キャリック・ア・リード吊り橋

人間を寄せ付けない極限的な風景と、人々の心を癒す牧歌的な風景が共存する不思議な国アイルランド。

ヨーロッパの最果てにあるこの島国には、今も神秘的なケルト文明の遺跡が残り、独自の美の世界を見ることができます。

ユーラシア旅行社のアイルランドツアーでは、北アイルランドにも足を伸ばしこの島ならではの魅力に迫ります。

アイルランドで出会う、究極の自然美

巨人伝説の地ジャイアンツ・コーズウェイ

北アイルランドまで足を延ばして出会うのは、ジャイアンツ・コーズウェイの絶景。

バスを降りると、約4万本もの玄武岩の柱状節理が密集し、その光景は壮観!中には高さが12mもある「ジャイアント・オルガン」「馬の靴」「貴婦人の扇」などと名付けられた不思議な奇岩もあります。
 

ユーラシア旅行社のアイルランドツアーでは、北アイルランドまで足を延ばします。

ユーラシア旅行社で行くアイルランドツアーのジャイアンツ・コーズウェー
ジャイアンツ・コーズウェー

最果ての島・イニシュモア島まで足を延ばす!

イニシュモア島とはゲール語で大きな島という意味。ゲール語というのはケルトの古語で、現在アイルランドで日常的にゲール語を使う人は約2%のみ。

そしてイニシュモア島は、そのゲール語の数少ない使用地域の一つなのです。

 

イニシュモア島には約4千年前から人が住んでいた記録が残されており、ケルトの遺跡が島中に点在しています。

特に馬蹄の形をしたドゥーン・エンガスと呼ばれる古代遺跡は圧巻!

 

そして最後にもう一つ、この島の見逃せないポイント。それは妖精レプラコーンの家!アイルランドでは、今も妖精神話が息づいているのです。
 

ユーラシア旅行社のアイルランドツアー最大のこだわりは、イニシュモア島への訪問です。

 

ユーラシア旅行社で行くアイルランドツアーのドゥーン・エンガス
ドゥーン・エンガス

アイルランドで知る、ケルト幻想の世界

アイルランドで出会うケルトの美

ユーラシア旅行社のアイルランドツアーで行くモナスタボイス
美しいケルト十字/モナスタボイス

アイルランドには、神殿・大墳墓など諸説があるボイン渓谷の遺跡・ニューグレンジ、バレン高原に残る「巨人のテーブル」、アラン諸島のイニシュモア島の絶壁の上に残る遺跡ドゥーン・エンガスなど、荒々しい大自然の中に壮大な遺跡が太古の昔からそのまま点在しています。

 

西ヨーロッパの先住民族であったケルト人は、古代ローマの勢力に押されて北に追いやられ、ブリテン島やアイルランド島まで撤退を余儀なくされました。

その後、衰退したケルト文明は神秘と謎に包まれたまま、多くの伝説や神話をこの国に残しました。

ハリー・ポッターや、ロード・オブ・ザ・リングなどに登場するゴブリン、トロール、ドワーフ、レプラホーン(靴を直す小人)なども、ケルト文化の伝説や神話をもとにしています。

ダブリンを楽しむ!

聖パトリック大聖堂や国立博物館を見学した後、自由時間にパブに立ち寄ってはいかがでしょうか。

ダブリンには無数のパブが建ち並び、軽快なリズムのアイリッシュ音楽が鳴り響きます。

U2を生んだこの町は音楽の町でもあるのです。
 

ユーラシア旅行社のアイルランドツアーの最後は、首都ダブリンに連泊してダブリンをお楽しみいただきます。


また、3月はキリスト教の宣教師でアイルランドで数々の伝説を残したセント・パトリックを偲んでパレードが開催されます。パレード当日は、アイルランドのシンボルカラー「緑」で街が埋め尽くされ、アイルランドが一年で最も賑わう様子をご覧下さい。

[関連記事:ツアー添乗員ブログ]

緑に染まるダブリン~アイルランドのセント・パトリックデー~

 

ユーラシア旅行社のアイルランドツアーで行くダブリン、テンプルバー
テンプル・バーなどパブが並ぶダブリンの町
このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーラシア旅行社の
海外ツアー、海外旅行
「ユーラシアの旅」

旅本来の満足を追究しその喜びがお客様の人生の隅々まで行き渡ることが私たちの願いです。

 

電子パンフレット