ユーラシア旅行社の海外自由旅行で理想のご旅行を

ユーラシア旅行社の「海外自由旅行」とは?

私達が定義する自由旅行とは、「お客様ごと」に「自由にデザインされた」ご旅行のことです。
団体ツアーは、できるだけ多くの人に好まれ、より多くのお客様にご参加頂けるような訪問地と日程を想定し、プランが組まれています。
そのため、様々なお客様の個々のご希望をすべて満たすことは難しく、妥協が必要な部分がござます。
私達は、ご希望のプランが見つからないお客様や、独自のプランで旅をしたいお客様に「自分の希望や好みに合わせて自由にデザインできる旅行」をご提案し、お客様の「理想の旅」の実現のお手伝いをしています。
 

数多くのモデルプランをご用意することで、プラン作りのイメージを膨らませます

添乗員同行ツアーで築いてきた、世界各国への旅行手配の実績と、自由旅行チームとしての「添乗員無しでいかに不安なくご旅行いただけるか」、「自由旅行ならではの楽しみを、いかにプランに反映するか」を考え実践して参りました経験をもとに、ホームページ上に数多くのモデルプランをご紹介しています。モデルプランをご覧いただくことで、旅の行程や予算がイメージしやすくなります。
モデルプランはお勤めの方もご利用しやすいよう、6日間~9日間の日程が中心です。
「ガイド同行の観光充実プラン」、「航空便と宿泊ホテル手配中心のフリープラン」、「周遊型」、「滞在型」、「専用車で巡るプラン」、「列車で巡るプラン」など、訪問地域の特徴に合わせ、多様なプランをご用意しています。
お客様にとってぴったりのプランがございましたら、そのままお申込み頂けます。
 

日本語ガイド同行プランを多数ご用意

ブータンの日本語ガイド(イメージ)

「えっ、こんなところで」と言われる地域でも日本語をたくみに操るガイドが増えています。言葉の不安は日本語ガイドで解消いただけます。

専用ガイド・専用車プランが充実

体調や疲れ具合にあわせて休憩を増やしたり、訪問場所の調整をすることが可能です。専用ガイドや運転手に相談しながらマイペースに旅をお楽しみいただけます。

1名様からいつでも出発

ご予定にあわせて出発日を自由に選択できます。
添乗員付きツアーにあるようなツアーキャンセルが無く、
確実な旅行計画を組んでいただけます。

土産物店への強制立寄りが無い旅のご提供

貴重な観光時間を無駄にするコミッション目当ての土産物店訪問を行程に組み入れることはありません。

モデルプランをアレンジし、お客様のご希望にあわせた日程をつくることが可能です

利用航空会社やホテルの変更、延泊や訪問地の追加等、モデルプランの日程をアレンジするご相談も承ります。
ご希望のアレンジ内容に添って日程とお見積を作成いたします。
 

発着地・利用航空便を変更したい

具体例1:モデルプランでは「東京発着」となっているが、「名古屋発着」にアレンジしたい
具体例2:「成田空港 午前出発」のモデルプランを「羽田空港 深夜出発」の便利用に変更し、仕事を終えた日の夜から出発したい
具体例3:マイレージを貯めているので、スターアライアンス系航空会社を利用したい

延泊したい(日数を延ばしたい)、減泊したい(日数を減らしたい)

具体例1:最終宿泊地のパリで1泊追加したい
具体例2:休みが7日間しかとれないので、「マルタ島滞在8日間」のモデルプランを7日間に変更したい
具体例3:帰路の乗り継ぎ地、ドバイで1泊追加したい

日本語ガイド・専用車手配を追加したい(なくしたい)

具体例1:モデルプランでは「終日自由行動(ガイドの手配無し)」になっている日に、専用日本語ガイドの手配を追加したい
具体例2:モデルプランでは「専用日本語ガイド+専用車」が手配されている日が2日間あるが、手配は1日だけにし、残り1日は自由行動日にしたい
 

ホテルを変更したい

具体例1:ドイツを訪問するモデルプランに「古城ホテル」の宿泊を組み入れたい
具体例2:スペインのモデルプラン、グラナダの4つ星ホテル宿泊になっている日を「パラドール宿泊」にランクアップしたい
具体例3:シチリア島のタオルミナに滞在するモデルプランで、ホテルの部屋を海側にしてほしい

訪問地や観光プログラムを追加・変更したい

具体例1:アンボセリ国立公園でのサファリも組み入れたい(ケニア)
具体例2:日本よりお得な「シルク製品のオーダーメイドショップ」訪問を組み入れたい(ベトナム、カンボジア)
具体例3:ブハラでは民族舞踊観賞を組み入れたい(ウズベキスタン)

食事内容・条件を変更したい

具体例1:プランに含まれている食事の一部を「自由食」(食事手配無し)にして、ガイドさんの意見を聞いて現地で決めたい
具体例2-美食の町リヨンの最後の晩は、ミシュランの星付きレストランで食べてみたい(フランス)
具体例3-胃腸休めのため、夕食を予定しない日を1日作りたい(夕食回数を1回減らしたい)

利用交通手段を変更したい

具体例1-ワルシャワ~クラクフ間の専用車移動を航空便移動に変更したい(ポーランド)
具体例2-キャンディからヌワラ・エリヤへは高原列車で旅してみたい(スリランカ)
具体例3-クスコからプーノまではツアーバスの代わりに豪華列車「エクスプローラー号」で移動したい(ペルー)

異なる国のモデルプラン同士を組み合わせ、一つのツアーにしたい

具体例1-チェコのモデルプランに、パリ中心の、別のモデルプランを組み合わせたい
具体例2-カンボジアのモデルプランにベトナムやラオスを組み合わせたい

現地手配のみお願いしたい(航空券手配は不要)

具体例1-マイレージ特典航空券を利用したいので、現地手配のみお願いしたい
具体例2-出張でスペインに行く予定があり、日本発着ではなく現地発着という形でお願いしたい
具体例3-別の国から出発する知人と、現地合流で旅行がしたい

お客様のご希望をお聞きして、イチからオーダーメイドの旅づくりをします

多くのモデルプランがあっても、お客様の理想のプランを完全に網羅することはできません。
ご希望のモデルプランが見つからないお客様へは、オーダーメイドの旅づくりをご提案します。
自由旅行チームが長きに渡って携わり、蓄積してきた「お客様のご希望を元にイチから旅をデザインする」
経験とノウハウをもとに、お客様のご希望をお聞きしながら世界で一つのオーダーメイドの旅作りをしていきます。
完全オーダーメイドの旅(自由旅行)の見積依頼フォームより、お気軽にご相談ください。
専任の担当者が、お客様専用のご旅行プランを作成いたします。
ご相談はお電話・FAXでも承ります。

お問合せからご出発まで、専任の担当スタッフが一貫してご案内します

お客様ごとに担当スタッフが付き、一緒に旅作りを行い、理想の旅の実現に尽力します。
複数のスタッフが担当する場合と異なり、お客様にコミュニケーション上のストレスをおかけすることなく、また責任の所在を明確にすることで、より良いサービスのご提供が可能になります。

お客様に対して、わかりやすい説明を心がけます

「わかりやすい説明」は、お客様が私どもに、ひいては今回の旅に、より安心を感じていただけるための重要なポイントと心得ます。
例えば、何らかの提案をさせていただく際には根拠をきちんと示します。
また、書面や口頭の説明だけでは不十分な場合は、地図や写真を活用し、お客様によりご理解頂けるよう努めます。

質問や相談はとてもありがたいです

私達が常に念頭においているのは、「お客様の旅への不安をできるだけ取り除くこと」です。
お客様から寄せられるご質問やご相談に一つ一つ丁寧に対応することで、不安軽減に少しでも役立ちたいと考えています。

チームとしての情報共有で、蓄積した経験値をすべてのお客様に活用します

個々のスタッフがお客様との仕事の中で得た情報や経験値を自由旅行部内で共有し、
全てのお客様に等しくご提供をしています。
チームとして仕事をすることのメリットを最大限引き出すことが、お客様の満足を高めることに繋がっています。

旅行中のお困りの時にも、しっかり対応します

ご旅行中、万が一の時にもご安心いただけますよう、
現地連絡先はもちろん、24時間対応の弊社連絡先をご出発前にお渡しします。
自由旅行の手配経験と添乗経験が豊富な社員が問題解決まで対応をします。

 

ユーラシア旅行社海外自由旅行、個人旅行、旅の情報館

ガイド・運転手へのチップに関して ユーラシア旅行社自由旅行部からのご案内と考え方

個人で自由旅行をされるお客様から最も多くご質問を頂くのが『ガイド・運転手』へのチップに関することです。
「どうしてチップが存在するのか?」
「チップの額は誰が、どのように決めているのか?」
「支払うタイミングはいつがいいのか?」
日本人にとっては馴染みのないチップの習慣ですが、海外を旅するためには予め知っておきたい重要なポイントです。

 
 

当社モデルプラン(アレンジプランを含む)、オーダーメイドの旅のガイド・運転手に関する「チップ額」のご案内表記に関して

●当社ホームページ上に掲載のモデルプランでは、ご旅行代金表のそばに「チップの目安合計額と詳細」を記載しています。
●当社自由旅行編のパンフレットでは、旅行代金欄のそばに目安合計額をご案内しています。
●モデルプランのアレンジやオーダーメイドの旅をご提案させていただく場合には、見積書提出時に目安合計額をご案内しています。
●ご旅行ご出発前にお届けする「旅のしおり」の「現地情報」の中で、お客様のツアーにあわせた目安額をご案内しています。

私どもがご案内している、「チップの目安額」の根拠と実際のお支払いに関して

観光ガイドや運転手へのチップは、入場観光や下車観光など、「契約内容が履行された」ならば、規定の額がほぼ確実に支払われている現状があります。
当社がお客様にご案内する国・地域ごとの「目安額」も、それぞれの国のガイドや運転手が、契約内容を履行した場合、「一般的に受け取っている額」が基本です。
お客様の実際の支払い額は、提供されたサービスの内容次第で増減することがあってよいです。
万が一、お客様に不快感を与えるようなサービスが提供された場合、目安額から減額いいただいて結構ですし、
逆に、ガイドのサービスが大変素晴らしいものであった場合には、追加していただくことがあってもよいと思います。

<ガイド・運転手の報酬体系の成り立ち>
ガイドや運転手への報酬体系は、国にもよりますが、おおむね、サービスの提供を受けたお客様からある程度チップが支払われることを前提に規定されています。
つまり、ガイド・運転手の総収入=「基本手当て」+「チップ」となります。
ガイドや運転手に基本手当てを支払うのは、多くの場合、私どものパートナーで、ガイドや運転手を直接雇用する「現地手配会社」です。
当社では、チップは「現地にて」お客様から「直接」お支払いいただくことをお願いしています。
その最も大きな理由は、多くの国で、このスタイルが商習慣として確立されており、彼らを雇用する現地手配会社、ガイドや運転手自身の希望でもあることからです。
ちなみに、当社の添乗員付きツアーにおいても、添乗員が必ず「現地で」、「直接」チップを支払います。

ガイド・運転手へのチップ支払いに対する当社の考え方

ガイドが同行する旅においては、旅やその土地の印象は同行ガイドによって大きく左右されることがあります。私どもはその重要性を理解しており、慎重にガイドの選定を行っています。
また、よい結果を残してくれる優秀なガイドとは長期にわたり良い関係を築きたいと考えますし、当社と働くこと(当社のお客様を迎えること)に少しでも多くの喜びを感じてもらいたいと考えます。人が直接提供するサービスは、そういう部分が実際のサービスの良し悪しに小さくない影響を及ぼすと考えるからです。
そのために私どもが気を配るべきことは様々あります。彼らの雇用先会社とよい関係が築けていなかったり、手配会社を通じた彼らへの支払い(基本手当て)が他社よりも低かったりすることはあってはなりません。
そして、チップもしかりです。観光業のガイドや運転手が受け取るチップについて、「ほぼ確実に支払われ、余程のことがない限り目安額から減額されない」ことが、概ね既定の事実となっているのであれば、当社のお客様へのご案内が、実現されるものであるべきと考えます。
以上を踏まえ当社のガイド、運転手へのチップに関するご案内は「払っても払わなくてもどちらでもよいです」というものではなく、「ある程度満足のいくサービスが提供された場合には、原則、目安額を確実にお支払いください」というものになります。 
一方、チップ支払いの情報が、お客様のお申込み後に、突然表出するのはお客様に対して公平ではありません。そこで、私どもが旅行代金をご案内する際には、ツアー中に必要となる「チップ目安合計額」をあわせて提示するようにしています。旅行代金同様に、実質支払いが必要になるもの(旅行に必要な金額)として、ご覧いただけるようにとの考えに基づきます。
 

チップを支払う理想のタイミング

ガイドや運転手それぞれの、お客様に対する「予定されている全サービスの終了時」です。
半日観光であれば観光終了時、7 日間の全行程同行ガイドであれば、7日目のサービス終了時に7日間分をまとめてお支払いいただくのが理想のタイミングです。
チップを「現地で」「(サービス終了時に)直接渡す」ことのメリットとして、ガイドや運転手の緊張感が維持され、より質の高いサービス提供が担保される可能性が高まることも挙げられます。