英国の異郷ウェールズを極める~カントリーハウスにも宿泊~ 10日間 WEW0

ウェールズの大自然と見所をたっぷりご案内。ウェールズ生まれのデザイナー、ローラアシュレイの夫が買い取った館を改装したカントリーハウスにも滞在します。

  • コンウィ城

  • スノードニア国立公園を走るスノードン登山列車のご乗車もお楽しみください

  • ローラ・アシュレイのカントリーハウスにも宿泊します※客室一例、お部屋によってお部屋の広さや調度品にばらつきがございます

  • ポンテカサステ水路橋にてナローボートクルーズもお楽しみください

  • ワーズワースも絶賛した廃修道院ティンタン・アベイ

  • 世界一長い駅名看板「ランヴィル・プルグヴィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ」

ツアーのポイント

●ウェールズだけを丁寧にめぐる旅です。
●ルイスキャロルが『不思議の国のアリス』を執筆した海辺の保養地スランディドノで3連泊し、世界遺産の古城巡りなどたっぷり見学します。
●英国屈指の庭園ボドナント・ガーデンにご案内します。6月は黄金のキングサリの季節です。
●ブレコンでは世界で数件しかないローラ・アシュレイのファブリックを使用したカントリーハウスに泊まります。
●ウェリッシュ・ウイスキーの製造所にもご案内します。試飲もお楽しみください。

&npsp;

日程表日程表の見方

  訪問都市 時刻 日程内容・宿泊地 食事
1 □成田又は羽田空港に出発2時間前に集合。 朝:× 昼:× 夕:機
東京 深夜
飛行機
■午前、空路、ドーハ乗り継ぎ、マンチェスターへ。
   
【機中泊 】
2 マンチェスター
バス
■着後、ウェールズへ。 朝:機 昼:× 夕:○
ポントカサステ ■周囲は自然あふれる「◎ポントカサステ水路橋」にご案内します。地上38メートルの水路橋の上でゆったりとしたナローボートクルーズをお楽しみ下さい。
■観光後、海に面した保養地スランディドノへ。
スランディドノ 夕刻
   
【 スランディドノ 泊 】
3 スランディドノ バス ■終日、北ウェールズの観光。 朝:○ 昼:名 夕:○
ボドナント・ガーデン ■午前、英国屈指の庭園「◎ボドナント・ガーデン」を見学します。四季折々の花や木々が園内を彩ります。
コンウィ ■その後、コンウィの観光。ヨーロッパ最大級の名城「◎コンウィ城」、「●英国一小さな家」に立ち寄ります。
スランディドノ ★昼食のデザートにはウェリッシュケーキをどうぞ。
(往復約30km/1時間)
   
【 スランディドノ 泊 】
4 スランディドノ バス ■引き続き、北ウェールズの観光。 朝:○ 昼:名 夕:○
カナーヴォン ■英国皇太子がプリンス・オブ・ウェールズの称号を受けることでも知られる「◎カナーヴォン城」を見学します。
★昼食は、ウェールズ名物のラム料理です。
アングルシー島 ■また、ウィリアム王子とキャサリン妃が新婚生活を過ごしたアングルシー島の「◎ビューマリス城」へ。アルファベットで58字で世界で最も長い駅名と言われる「●ランヴァイル・プルグ・・(以下省略)駅」に立ち寄ります。
スランディドノ
(往復約120km/2時間)
   
【 スランディドノ泊 】
5 スランディドノ(約45km/1時間) 午前
バス
■朝食後、スノードニア国立公園へ。 朝:○ 昼:名 夕:○
スランベリス ■スノードン登山列車でスノードン山に登ります(1085m)
スノードニア国立公園 ★昼食は、ウェールズ名物のウェリッシュ・レアビット(チーズを使った料理)です。
(約180km/3時間) ■その後、海岸街道を南ウェールズへ。
カーディガンまたは代替都市 夕刻
   
【 カーディガンまたは代替都市泊 】
6 カーディガンまたは代替都市 午前
バス
■午前、新石器時代の遺構がある「●ペントレ・イヴァン」、ケルト十字が残る「●ネヴァレン村の教会」に立ち寄り、ウェールズの守護聖人を祀るセント・デイヴィッツへ。 朝:○ 昼:名 夕:○
セント・デイヴィッツ ■着後、「●大聖堂」と「●司教館跡」にご案内します。
★昼食にはラバーブレッド(岩海苔)料理をどうぞ。
テンビー ■その後、パステルカラーの港町テンビーを散策後、ウェールズの大自然を満喫できるブレコンビーコンズ国立公園へ向かいます。
ブレコン近郊 夕刻
★お泊りはローラ・アシュレイのカントリーハウスです。
(全体で約230km/4時間)
   
【ブレコン近郊/スランゴイドホールホテル 泊 】
7 ブレコン近郊 午前
バス
■朝食後、イングランドとウェールズの境界線に位置するヘイ・オン・ワイヘ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
ヘイ・オン・ワイ ■アンティークのお店や古本屋が多いことで知られる『古書の聖地』ヘイ・オン・ワイの街を散策します。
ブレコンビーコンズ国立公園 ■その後、ブレコンビーコンズ国立公園をドライブし、カーディフへ。途中、「◎ペンダリン(ウイスキー製造所)」を見学します。
(全体で約150km/3時間) ★ウェリッシュ・ウイスキーの試飲もお楽しみください。
カーディフ 夕刻
   
【 カーディフ泊 】
8 カーディフ滞在 午前
バス
■朝食後、カーディフ市内観光。「●カーディフ城」、「●スランダフ大聖堂」、古代からのウェールズ人の生活様子を再現した「◎ウェールズ民俗博物館」を見学します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
カーリオンティンタン・アベイ ■午後、「●カーリオンの円形劇場」、ワーズワースが賞賛した南ウェールズで最も美しいといわれる「◎ティンタン・アベイ」にご案内します。
(往復約60km/1時間半)
   
【 カーディフ泊 】
9 □出発まで、自由時間。(ご希望の方は、添乗員が散策やお食事にご案内します。(実費)) 朝:○ 昼:× 夕:機
カーディフ 午後
飛行機
■午後、空路、ドーハ乗り継ぎ、帰国の途へ。
   
【 機中泊 】
10 東京 深夜
■深夜、成田又は羽田空港到着。通関後、解散。
朝:機 昼:× 夕:×
1日目

□成田又は羽田空港に出発2時間前に集合。

■午前、空路、ドーハ乗り継ぎ、マンチェスターへ。

【機中泊 】

食事 朝:× 昼:× 夕:機

2日目

■着後、ウェールズへ。

■周囲は自然あふれる「◎ポントカサステ水路橋」にご案内します。地上38メートルの水路橋の上でゆったりとしたナローボートクルーズをお楽しみ下さい。

■観光後、海に面した保養地スランディドノへ。

【 スランディドノ 泊 】

食事 朝:機 昼:× 夕:○

3日目

■終日、北ウェールズの観光。

■午前、英国屈指の庭園「◎ボドナント・ガーデン」を見学します。四季折々の花や木々が園内を彩ります。

■その後、コンウィの観光。ヨーロッパ最大級の名城「◎コンウィ城」、「●英国一小さな家」に立ち寄ります。

★昼食のデザートにはウェリッシュケーキをどうぞ。

【 スランディドノ 泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

4日目

■引き続き、北ウェールズの観光。

■英国皇太子がプリンス・オブ・ウェールズの称号を受けることでも知られる「◎カナーヴォン城」を見学します。

★昼食は、ウェールズ名物のラム料理です。

■また、ウィリアム王子とキャサリン妃が新婚生活を過ごしたアングルシー島の「◎ビューマリス城」へ。アルファベットで58字で世界で最も長い駅名と言われる「●ランヴァイル・プルグ・・(以下省略)駅」に立ち寄ります。

【 スランディドノ泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

5日目

■朝食後、スノードニア国立公園へ。

■スノードン登山列車でスノードン山に登ります(1085m)

★昼食は、ウェールズ名物のウェリッシュ・レアビット(チーズを使った料理)です。

■その後、海岸街道を南ウェールズへ。

【 カーディガンまたは代替都市泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

6日目

■午前、新石器時代の遺構がある「●ペントレ・イヴァン」、ケルト十字が残る「●ネヴァレン村の教会」に立ち寄り、ウェールズの守護聖人を祀るセント・デイヴィッツへ。

■着後、「●大聖堂」と「●司教館跡」にご案内します。

★昼食にはラバーブレッド(岩海苔)料理をどうぞ。

■その後、パステルカラーの港町テンビーを散策後、ウェールズの大自然を満喫できるブレコンビーコンズ国立公園へ向かいます。

★お泊りはローラ・アシュレイのカントリーハウスです。

【ブレコン近郊/スランゴイドホールホテル 泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

7日目

■朝食後、イングランドとウェールズの境界線に位置するヘイ・オン・ワイヘ。

■アンティークのお店や古本屋が多いことで知られる『古書の聖地』ヘイ・オン・ワイの街を散策します。

■その後、ブレコンビーコンズ国立公園をドライブし、カーディフへ。途中、「◎ペンダリン(ウイスキー製造所)」を見学します。

★ウェリッシュ・ウイスキーの試飲もお楽しみください。

【 カーディフ泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

8日目

■朝食後、カーディフ市内観光。「●カーディフ城」、「●スランダフ大聖堂」、古代からのウェールズ人の生活様子を再現した「◎ウェールズ民俗博物館」を見学します。

■午後、「●カーリオンの円形劇場」、ワーズワースが賞賛した南ウェールズで最も美しいといわれる「◎ティンタン・アベイ」にご案内します。

【 カーディフ泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

9日目

□出発まで、自由時間。(ご希望の方は、添乗員が散策やお食事にご案内します。(実費))

■午後、空路、ドーハ乗り継ぎ、帰国の途へ。

【 機中泊 】

食事 朝:○ 昼:× 夕:機

10日目

■深夜、成田又は羽田空港到着。通関後、解散。

食事 朝:機 昼:× 夕:×

日程表の見方

  • <食事>
  • :食事付
  • :各地の名物料理
  • :弁当(ボックスミール)
  • :機内食
  • ×:食事なし
  • =入場観光
  • =下車観光(外観)
  • :飛行機
  • :バス
  • :電車
  • :船舶
  • :4WD・小型車
  • :ハイキング
  • 早朝4:00
  • 6:00
  • 午前8:00
  • 11:00
  • 午後14:00
  • 夕刻17:00
  • 19:00
  • 深夜22:00
  • 未明24:004:00

旅行代金表

旅行代金には空港諸税【約17,890円(18年12月20日を基準とした目安)】が含まれています。(カタール航空は現在燃油サーチャージはございません。今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋利用追加代金 ビジネスクラス利用追加代金 催行 早割
期限
出発日 料金 状況 詳細
19年08月22日(木) 19年08月22日(木) 458,000円 108,000円 +350,000円  
ポイント
お一人部屋利用
追加代金
108,000円
ビジネスクラス
利用追加代金
+350,000円
早割期限

仮予約する


※ビジネスクラス利用区間:東京→マンチェスター、カーディフ→東京

催行欄の見方

  • 催行決定

    催行(出発)が決定しています。

  • 申込多数

    ご出発の1ヶ月前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)

  • 空白

    現在募集中です。

  • 残席わずか

    ご予約いただける席が4席以下になっています。

  • キャンセル待ち

    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。

  • お問い合わせください

    詳細はお問い合わせください。

  • 残席わずか:ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち:現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • お問い合わせください:詳細はお問い合わせください。

ツアー詳細

発着地 東京発着/国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌その他国内35都市)
国内線手配料金:片道10000円、往復20000円(税別)
利用予定航空会社 カタール航空
利用予定ホテル <スランディドノ>セント・ジョージ 又は同等クラス
<カーディガンまたは代替都市>クベルト 又は同等クラス
<ブレコン近郊>スランゴイドホールホテル
<カーディフ>ノボテル・センター 又は同等クラス
食事回数 朝食:7回・昼食:6回・夕食:7回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 13名 (最大20名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
旅券残存有効期間 帰国時まで

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申込みください。
※第5日目のスノードン登山列車は雨天時、または乗車人数が少ない場合、運行が中止となる場合がございます。
※第6日目の移動は一部ミニバンを利用します
※朝食はビュッフェまたはイングリッシュ・スタイルです。

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

関連ツアー関連ツアー

  • 英国最大のパワースポットと言われるグラストンベリートール

    【ブリティッシュエアウェイズ利用 復路直行便】英国南西部、ウェールズとコーンウォール半島13日間 13日間

  • ジャイアント・コーズウェー/北アイルランド(OP一例)

    北アイルランド・南アイルランド周遊 13日間

関連特集関連特集

  • グラストンベリー・トール

    英国、ウェールズ旅行・ツアー特集~知られざる英国の秘境と伝説の地コーンウォール~