オーロラ鑑賞ツアー特集

カナダ・アラスカ・北欧・アイスランド・ロシアでオーロラ鑑賞を楽しむ!担当者おすすめの旅をご紹介します。

  • オーロラビレッジにて(2018年3月弊社添乗員撮影)

  • フェアバンクスにて(2月弊社添乗員撮影)

  • オーロラビレッジにて(2018年3月弊社添乗員撮影)

  • 船上からのオーロラ(イメージ)(C)Stein JBj

  • サンポ号(イメージ) (C)Kemi Tourism Ltd

 

 

オーロラは、季節や時間に関係なく「オーロラベルト」といわれる北緯65度~70度付近一帯で発生しています。オーロラベルトに位置するエリアの中から、絶好のオーロラ鑑賞スポットを選りすぐりました。

オーロラをとことん満喫したい方におすすめ~カナダ・アラスカ~

  • HKY6 オーロラビレッジ(2018年3月弊社添乗員撮影) 5

    オーロラビレッジにて(2018年3月弊社添乗員撮影)

  • HAオーロラ_フェアバンクスにて(2月弊社添乗員撮影)

    フェアバンクスにて(2月弊社添乗員撮影)

冬のカナダ・アラスカがなぜとことんオーロラ鑑賞を楽しみたい方におすすめなのかには5つの理由があります。
 
[理由1]観測率が高い
オーロラは雲よりも高い位置で発生する為、雲があったり、空気が澄んでいないと見ることができません。冬のカナダ・アラスカは、降水量が少なく空が晴れる確率も高いため、オーロラを見られる可能性か高いのが一番の魅力。
 
<オーロラ観測率例>
・カナダ
イエローナイフ:3泊以上で95%(2016年Aurora Village調べ)
ホワイトホース:3泊以上で93%(Arctic Range調べ)
・アラスカ
フェアバンクス:年間240日以上(フェアバンクス観光局調べ)
 
[理由2]オーロラ観測専用の施設が充実
イエローストーンやホワイトホース、フェアバンクスでは、オーロラ観測専用の施設があり、暖かい屋内でオーロラが出るまで待つことが可能。オーロラ出現時は、スタッフがお知らせします。オーロラ観賞は寒いというイメージがありますが、極寒の中オーロラを待つ必要がない為、快適にオーロラ観賞を楽しむことができます。
 
[理由3]防寒具レンタル無料!
マイナス30度程になることもある冬のカナダ・アラスカですが、フード付きジャケットや防寒パンツなど防寒具の無料貸出しがあります!オーロラ観賞用の特別な防寒具を購入する必要はありません。
 
[理由4]空が暗い
昼夜問わず発生するオーロラですが、空が暗くなければ見ることは難しいのが実情。イエローナイフは夏至の頃は、日照時間が20時間近くになることもありますが、冬至の頃は、日照時間3、4時間しかありません。12月下旬~3月中旬は、1日の中で暗い時間が長いので、よりオーロラが見られるチャンスが多くなります。
*ユーラシアの旅でご案内するイエローナイフやホワイトホース、フェアバンクスなど北米のオーロラ鑑賞地は、周りに人口光が少なく鑑賞にぴったりです。
 
[理由5]大自然を満喫
カナダ・アラスカでは、オーロラの他にも手つかずの大自然を堪能できます。寒い冬にこそ入りたい地元の人々に愛される温泉や雪化粧をした雄大な山々を見る遊覧飛行、広大な雪原、樹氷など冬景色を見る鉄道、ドライブ、スノーシューハイキングなど冬ならではのアクティビティが充実!

カナダのおすすめスポット

  • HKオーロラ_イエローナイフにて犬ぞり体験(ご希望の方のみ実費にて・イメージ)

    イエローナイフにて犬ぞり体験(ご希望の方のみ実費にて・イメージ)

  • HKY6 オーロラビレッジ(2018年3月弊社添乗員撮影)

    オーロラビレッジにて(2018年3月弊社添乗員撮影)

  • HKオーロラ_オーロラビレッジのティーピー内部(イメージ)

    オーロラビレッジのティーピー内部(イメージ)

●年間約240日オーロラが見える!高い観測率を誇るイエローナイフ
とにかくオーロラを見たい!という方におすすめのスポット。3泊以上で95%オーロラが見えるという驚異的な観測率で有名です。オーロラ観賞の為の専用施設「オーロラビレッジ」で、先住民の移動式テント、ティーピーやオーロラこたつで暖まりながら、オーロラを待つことができます。(オーロラ観測率はオーロラビレッジ調べ)

[添乗員レポート]
イエローナイフでオーロラの撮影にトライ!
 
●冬のイベントや観光も楽しめるユーコン
ユーコン準州はほとんどの地域が「オーロラベルト」の真下に位置しています。有名スポットのイエローナイフに比べて観光客も少なく、オーロラ観賞時に静寂の時間を独占できるのも魅力。また、スノーシューハイキングや温泉などオーロラ以外にも冬ならではの観光が盛りだくさん。また、雪像コンテストなど様々なイベントが行われる冬のお祭り「ユーコン・サワドー・ランデブー」も必見です。
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
18年12月28日(金)    オーロラのメッカ・イエローナイフ滞在  448,000 円  申込多数  
19年03月04日(月)    オーロラのメッカ・イエローナイフ滞在  368,000 円   

アラスカのおすすめスポット

  • HAオーロラ_デナリ山(旧マッキンリー)遊覧飛行(2月弊社添乗員撮影)

    デナリ山(旧マッキンリー)遊覧飛行(ご希望の方のみ実費にて・イメージ)

  • HAオーロラ_人気リゾート地、チェナホットスプリングスリゾート

    人気リゾート地、チェナホットスプリングスリゾート

  • HA06 フェアバンクス郊外オーロラ観測ロッジにて(弊社添乗員撮影)

    フェアバンクス郊外オーロラ観測ロッジにて(弊社添乗員撮影)

●年間240日以上オーロラが観測されるフェアバンクス
フェアバンクスでは、専用ロッジにてオーロラ観賞。寒い中待つ必要がありません。また、人気の温泉リゾート地「チェナ・ホットスプリングス・リゾート」にもご案内。幅約43mの広々とした露天岩風呂が魅力。
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
19年01月31日(木)    冬のアラスカ、フェアバンクス滞在とオーロラ紀行  398,000 円   

カナダ・アラスカでのオーロラ観測ツアーの服装アドバイス

マイナス30℃ほどになることもある冬の北米ですが、フード付きジャケットや防寒パンツなど防寒具の無料貸出しがあります!
あとは、厚手で速乾性のソックスや下着、セーター(襟元や袖口から入る冷気を防げるように長袖やタートルネック等の重ね着をお勧めします)、その上に風を通さないダウンジャケット、下はスパッツやタイツに防寒用のズボン、スノーブーツをご用意下さい。
目出帽など顔を覆う物やスキー用マスク、手袋あるいは厚手のミトン、携帯用・足用カイロがあれば便利です。

レンタル防寒具一例(イエローナイフの場合)
・南極探検隊も使っているものと同じフード付きダウンパーカー
・防寒パンツ
・肘まで覆う防寒手袋
・厚底の防寒靴
・フェイスマスク

オーロラも観光も楽しみたいという方におすすめ~北欧・アイスランド・ロシア~

オーロラは見てみたいけど体力的に無理をしたくない!という方にお勧めなのが北欧・アイスランドでのオーロラ観測です。この地域では20~24時にオーロラが出現する可能性が高く、オーロラ観測を粘った翌日の寝不足が不安な方にも安心です。さらに、観測場所は主にホテル周辺。観測地までバス移動ではありませんので、オーロラが出たよ!となってから部屋を飛び出しても遅くないのです。

ノルウェーのおすすめスポット

  • ノルウェー、オーロラ、フッティルーテン

    船上からのオーロラ(イメージ)(C)Stein JBj

  • ノルウェー、オーロラ、トロルフィヨルド号

    トロル・フィヨルド号(イメージ)(C)Ursula.

  • フッティルーテン、サウナ、ノルウェー、オーロラ、(C)Ragnar.Hartvig

    船内にはサウナやジャグジーなどの施設も。(C)Ragnar.Hartvig

●世界で最も美しい航路・フッティルーテン
複雑に入り組んだノルウェーの海岸線に点在する町と町をつなぐ生活航路して発達してきた沿岸急行船(フッティルーテン)。北のキルケネスから南のベルゲンまでの5泊6日、約2,400㎞の旅では、静かな海に小さな島々、切り立つ断崖のフィヨルド線の海岸、赤やオレンジ色の屋根を持つを可愛らしい家々…いつまでも眺めていたくなる優しい景色だけでなく、帽子のような形のトルグハッテン、海のアルプスと称されるラフテスンデ海峡など息をのむ絶景も現れます。

●トロルフィヨルド号での航海(2019年ツアー利用)
フッティルーテンでの滞在は、豪華客船のようなショーなどのエンターテイメントはありませんが、世界に二つとないこの雄大な景色をたっぷり眺められるという大変贅沢な時間です。ドレスコードもありませんので普段着でリラックス。また、ノルウェー国内の流通も担う船だけあって、船内で提供されるお食事の食材も殆どがノルウェー産ですので、新鮮な海の幸をご堪能いただけます。

●船上でのオーロラ観測
いよいよオーロラ観測の夜。オーロラが出現すると「オーロラアナウンス」が船内に流れます。アナウンスが聞こえたら、さぁ、デッキへ!静かな漆黒の海上から眺めるオーロラも格別です。
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
19年02月27日(水)  早割180(9/1迄)・新月周辺   ノルウェーフィヨルド・クルーズとオーロラ紀行~世界で最も美しい航路・フッティルーテンに5連泊!  10  528,000 円   

フィンランドのおすすめスポット

  • フィンランド、ガラスイグルー、レヴィ、ゴールデンクラン

    レヴィのガラスイグルー(室内一例)

  • シーサイドガラスヴィレッジ、ケミ、(C)Kemi Tourism Ltd

    サーサイドガラスヴィレッジ(C)KemiTourismLtd

  • 砕氷船サンポ号、(C)kemi Tourism Ltd、ケミ

    サンポ号(イメージ) (C)Kemi Tourism Ltd

●ガラスイグルー・ゴールデンクラウン(レヴィ)
フィンランドでのオーロラ観測と言えば「ガラスイグルー」。寒い外でオーロラの出現を待つことなく、ベッドで横になりながらオーロラをご覧頂けます。室内は快適な温度に保たれており、ベッドやバスルームも完備されています。

●シーサイド・ガラスヴィレッジ(ケミ)
ケミの雪でできたお城「ルミリンナ」に隣接し、ボスニア湾に向かって建つシーサイド・ガラスヴィレッジは2016年末にオープンしたばかりの新しいホテルです。フィンランドとスウェーデンに挟まれたボスニア湾は、この時期一面氷の世界。昼間はどこまでも続く氷の海を、夜はオーロラ鑑賞をたっぷり楽しめます。天井と側面がガラス張りとなっており、プライベートな空間でくつろいだり、寝っころがりながらオーロラ出現を待つことができます。

●砕氷船サンポ号(ケミ)
分厚いボスニア湾の氷塊をバリバリと割りながら力強く進むサンポ号。ハイライトは凍った海での浮遊体験です。もちろんご希望者のみ。しかし特殊なスーツに身を包んで、氷海でぷかぷかと浮いてみるなんて経験はなかなかできません。泳げなくても心配無用の「浮くスーツ」で、サンポ号のスタッフが安全にしっかりと気を配り、浮遊体験を楽しむ私たちを見守ってくれます。

●サンタクロース村(ロバニエミ)
一年中サンタクロースに会うことができる「サンタクロース村」。サンタクロースと写真を撮ったり、サンタクロース村限定のスタンプでハガキを投函するのも良い想い出になります。
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
19年01月31日(木)  早割180(8/5まで)・新月周辺   お部屋からのオーロラ鑑賞4回!フィンランド・ガラスイグルーと砕氷船クルーズ  538,000 円   

アイスランドのおすすめスポット

  • 氷の洞窟、アイスランド、スーパーブルー(C)tumlare

    スーパーブルー(イメージ)(C)tumlare

  • ストロックル間欠泉、アイスランド、ゴールデンサークル、1月、冬

    ストロックル間欠泉(ゴールデンサークル)

  • 冬のブルーラグーン、アイスランド

    ブルーラグーン

●「スーパーブルー」と呼ばれる「氷の洞窟」
氷河の下にできた空洞に外の光が差し込むことで青く輝く「氷の洞窟」。氷河が溶ける心配のない冬だからこそご案内することのできる、幻想的な絶景スポットです。

●絶景広がる ゴールデンサークル
冬のアイスランドの魅力はオーロラ観測だけではありません。日中は雄大な滝と海岸線、氷河末端の下舌や間欠泉、大迫力の滝等、地球の息吹を肌で感じていただくことができます。

>この他アイスランドの見所はこちら
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
18年09月09日(日)  新月周辺   アイスランド周遊と秋のオーロラ  10  818,000 円  催行決定 お問い合わせください  
18年10月07日(日)  新月周辺   アイスランド周遊と秋のオーロラ  10  778,000 円  申込多数 残席わずか  
18年12月28日(金)    【年末年始特別企画】アイスランド、自然の芸術「氷の洞窟」とオーロラ探訪  698,000 円  申込多数 残席わずか  
19年02月01日(金)  新月周辺   連泊で楽しむ オーロラのアイスランド「氷の洞窟」と南海岸絶景紀行  598,000 円   

ロシアのおすすめスポット

  • ムルマンスクの夜景

    ムルマンスクの夜景(イメージ)

  • ロシア、ムルマンスク郊外、オーロラ

    ムルマンスク郊外にて

  • サレハルド北極圏の碑

    サレハルド北極圏の碑

●英雄都市ムルマンスク
北極海と白海に挟まれたコラ半島。メキシコ暖流の影響で比較的温暖で、ロシアでも重要な不凍港となり、北極圏最大の都市として栄えました。
コラ半島では先住民族サーミの人たちの暮らしに触れることもできます。

●北極圏線上都市サレハルド
ロシアの中の小国ヤマロ・ネネツ自治管区の首府サレハルド。世界で唯一北極圏線上に位置しています。
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
19年02月05日(火)    ロシアの北極圏ムルマンスク、オーロラ探訪  398,000 円   
19年02月19日(火)    コミ共和国と北極線上の都市、サレハルド  398,000 円   

北欧・アイスランドでのオーロラ鑑賞ツアーの服装アドバイス

オーロラ観測時間帯の気温は約0℃からー10℃ほどで、高緯度の割に気温は下がりませんがしっかりとした防寒具を日本からお持ちください。
耳が隠れる毛糸の帽子や首を温めるネックウォーマー、毛糸の手袋(その上にミトン手袋をすると温かいです)、ダウンジャケットの下はフリースやウィンドブレーカーなどの重ね着で調整します。靴はブーツやスノーシューズ、くるぶし以上の高さのある登山靴がよいでしょう。

ロシアでのオーロラ鑑賞ツアーの服装アドバイス

オーロラは都市郊外のツンドラや高台で鑑賞します。カナダやアラスカのような整った観光施設はございません。緯度の割には寒さは厳しくはありませんが、防寒着の貸し出しもございません。しっかりとした防寒具をご用意ください。

各コース共通

※ご紹介しています観光地が日程に含まれるかどうかは各ツアーのパンフレットをご確認ください。
※オーロラは自然現象です。天候などによりご覧いただけない場合がございます。予めご了承ください(オーロラをご覧いただけなかった場合の返金はございません)

電子パンフレット

  • 2018〜2019年冬 オーロラの旅

    2018〜2019年冬 オーロラの旅

一覧を見る