旅行代金
528,000円 ~ 548,000円
目的地
インド、ネパール
出発日
2024年9月13日(金)~ 2024年12月6日(金)
発着地
東京
ツアー日数
12日
ツアーコード
DIB2
ツアーのポイント

●仏陀の誕生から、入滅、降臨までの様々な事象にちなんだ地を網羅。八大仏跡の全てを巡ります。
●インドで重要な仏教美術を鑑賞できる博物館も見学し、仏教文化をより深く味わいます。
●2016年新世界遺産に登録されたナーランダの仏教大学跡も訪問
●ルンビニ・ラージギルでは日本人に評判のいい、法華ホテルまたは笠井ホテルにご宿泊。
●ミネラルウォーターを毎日、お一人様に一本ご用意します。(航空機での移動日を除く。)

日程表

日程 訪問都市 時刻 スケジュール 食事
1日目 □成田空港に出発3時間前に集合。
×
×
東京 ■昼、空路、インドの首都デリーへ。
デリー

【 デリー泊 】

2日目 デリー ■朝、空路、ワーラナシー(ベナレス)へ。
ワーラナシー
(ベナレス)
(サールナート)
午前 ■着後、ベナレス近郊に位置し、釈尊が初めて説法を行った地サールナート(鹿野苑)の観光。「●ダメクストゥーパ」や「●ムルガンダクティー寺院」、「◎博物館」にご案内します。<仏跡③>
午後 □午後、自由時間。
★ご希望の方は夜のプージャー(礼拝)にご案内させていただきます。

【 ワーラナシー(ベナレス)泊 】

3日目
■早朝、ボートで水上よりガンジス川の沐浴風景をご覧頂きます。
ワーラナシー 午前 ■午前、バスにて仏教徒にとって最高の聖地ブダガヤへ。
(ベナレス)
(約275㎞/8時間)
夕刻 ■着後、ブダガヤ観光。釈尊が覚りを得た場所に建つ「◎マハーボーディ寺院」、「●菩提樹」にご案内します。<仏跡②>
ブダガヤ

【 ブダガヤ泊 】

4日目 ブダガヤ ★朝食では、修行中、スジャータが仏陀に捧げた乳粥を試食します。
■朝食後、「●尼蓮禅河」、「●スジャータの村」にご案内します。
ラージギール
(約80㎞/2.5
時間)
■その後、釈尊修行の地ラージギール(王舎城)にて「●霊鷲山」(りょうじゅせん)、「●竹林精舎」を観光。<仏跡④>
(ナーランダ) 午後 ■また、7世紀に三蔵法師も学んだといわれるナーランダの「●仏教大学跡」も訪れます。

【 ラージギール/法華ホテル泊 】

5日目 ラージギール
(約120km/3.5時間)
午前 ■朝食後、アショーカ王の都であったパトナーへ向かいます。途中、パトナー郊外に残る、古都パータリプートラの残照「●大ホール跡」を訪れます。
■また、「◎ビハール博物館」<仏教美術館>を見学します。
パトナー 夕刻

【 パトナー泊 】

6日目 パトナー
ヴァイシャーリ
(合計約345km/9時間)

■朝食後、釈尊が娼婦から食を受けた地ヴァイシャーリへ。ヴァイシャーリには、アショカ王が仏教を広める為に建てた「●石柱」や「●アーナンダストゥーパ」があります。<仏跡⑦>
(ケサリア)

■その後、釈尊入滅の地クシナガルへ。途中、世界最大といわれるストゥーパが発見されたケサリアに立ち寄ります。
クシナガル 夕刻

【 クシナガル泊 】

7日目 クシナガル
(約190㎞/5時間)
■朝食後、釈尊の涅槃像のある「◎ニルヴァーナ寺院」、「●ラマーバルストゥーパ」などにご案内します。<仏跡⑧>
■その後、国境を越えてネパールへ。釈尊生誕の地ルンビニに向かいます。
(ティラウラコット) ■又、釈迦が出家前に過ごしたカピラヴァストゥ城跡(ネパール説)といわれる「●ティラウラコット」も訪問します。
ルンビニ

【 ルンビニ/法華ホテルまたは、笠井ホテル泊 】

8日目 ルンビニ
(合計約255㎞/6時間)
■朝食後、ルンビニにて、「●アショカ王石柱」、釈尊の母をまつる「●マヤ・デヴィ寺院」にご案内します。<仏跡①>
■その後、再び国境を越えてインドのピプラハワへ。
(ピプラハワ) ■着後、カピラヴァストゥ城跡(インド説)とされる「●ピプラハワ」を見学します。
■その後、コーサラ王国の首都だったシュラーヴァスティーに向かいます。
(サヘト・マヘト) ■また、釈尊常住の「●サヘト(祇園精舎跡)」、コーサラ王国の都の跡「●マヘト(舎衛城跡)」へご案内します。<仏跡⑤>
シュラーヴァスティー 夕刻

【 シュラーヴァスティーまたはラクナウ泊 】

9日目 シュラーヴァスティー
■朝食後、サーンカシャへ向かいます。
(約395㎞/10時間)
サーンカシャ

【 サーンカシャ/ロイヤルレジデンシー泊 】

10日目 サーンカシャ
(約160㎞/4時間)
■朝食後、「●サーンカシャ」の観光。ここには、天界で3ヶ月を過ごした釈尊が再び地上に降り立った地という言い伝えがあります。<仏跡⑥>
■その後、アグラへ向かいます。
■途中、マトゥラーにて、ガンダーラ美術と並び称されるマトゥラー美術の宝庫「◎マトゥラー考古学博物館」<仏教美術館>を訪れます。
アグラ

【 アグラ泊 】

11日目 アグラ
(マトゥラー)
午前 ■朝食後、「◎タージ・マハル」を見学します。
×
(約285㎞/6時間) ■その後、デリーに向かいます。

【 機中泊 】

12日目 デリー 未明 ■未明、空路、直行便にて、帰国の途へ。
×
×
東京 ■昼、成田空港到着。通関後、解散。
基本日程
1日目

□成田空港に出発3時間前に集合。

■昼、空路、インドの首都デリーへ。

【 デリー泊 】

食事
×
×
2日目

■朝、空路、ワーラナシー(ベナレス)へ。

■着後、ベナレス近郊に位置し、釈尊が初めて説法を行った地サールナート(鹿野苑)の観光。「●ダメクストゥーパ」や「●ムルガンダクティー寺院」、「◎博物館」にご案内します。<仏跡③>

□午後、自由時間。

★ご希望の方は夜のプージャー(礼拝)にご案内させていただきます。

【 ワーラナシー(ベナレス)泊 】

食事
3日目

■早朝、ボートで水上よりガンジス川の沐浴風景をご覧頂きます。

■午前、バスにて仏教徒にとって最高の聖地ブダガヤへ。

■着後、ブダガヤ観光。釈尊が覚りを得た場所に建つ「◎マハーボーディ寺院」、「●菩提樹」にご案内します。<仏跡②>

【 ブダガヤ泊 】

食事
4日目

★朝食では、修行中、スジャータが仏陀に捧げた乳粥を試食します。

■朝食後、「●尼蓮禅河」、「●スジャータの村」にご案内します。

■その後、釈尊修行の地ラージギール(王舎城)にて「●霊鷲山」(りょうじゅせん)、「●竹林精舎」を観光。<仏跡④>

■また、7世紀に三蔵法師も学んだといわれるナーランダの「●仏教大学跡」も訪れます。

【 ラージギール/法華ホテル泊 】

食事
5日目

■朝食後、アショーカ王の都であったパトナーへ向かいます。途中、パトナー郊外に残る、古都パータリプートラの残照「●大ホール跡」を訪れます。

■また、「◎ビハール博物館」<仏教美術館>を見学します。

【 パトナー泊 】

食事
6日目

■朝食後、釈尊が娼婦から食を受けた地ヴァイシャーリへ。ヴァイシャーリには、アショカ王が仏教を広める為に建てた「●石柱」や「●アーナンダストゥーパ」があります。<仏跡⑦>

■その後、釈尊入滅の地クシナガルへ。途中、世界最大といわれるストゥーパが発見されたケサリアに立ち寄ります。

【 クシナガル泊 】

食事
7日目

■朝食後、釈尊の涅槃像のある「◎ニルヴァーナ寺院」、「●ラマーバルストゥーパ」などにご案内します。<仏跡⑧>

■その後、国境を越えてネパールへ。釈尊生誕の地ルンビニに向かいます。

■又、釈迦が出家前に過ごしたカピラヴァストゥ城跡(ネパール説)といわれる「●ティラウラコット」も訪問します。

【 ルンビニ/法華ホテルまたは、笠井ホテル泊 】

食事
8日目

■朝食後、ルンビニにて、「●アショカ王石柱」、釈尊の母をまつる「●マヤ・デヴィ寺院」にご案内します。<仏跡①>

■その後、再び国境を越えてインドのピプラハワへ。

■着後、カピラヴァストゥ城跡(インド説)とされる「●ピプラハワ」を見学します。

■その後、コーサラ王国の首都だったシュラーヴァスティーに向かいます。

■また、釈尊常住の「●サヘト(祇園精舎跡)」、コーサラ王国の都の跡「●マヘト(舎衛城跡)」へご案内します。<仏跡⑤>

【 シュラーヴァスティーまたはラクナウ泊 】

食事
9日目

■朝食後、サーンカシャへ向かいます。

【 サーンカシャ/ロイヤルレジデンシー泊 】

食事
10日目

■朝食後、「●サーンカシャ」の観光。ここには、天界で3ヶ月を過ごした釈尊が再び地上に降り立った地という言い伝えがあります。<仏跡⑥>

■その後、アグラへ向かいます。

■途中、マトゥラーにて、ガンダーラ美術と並び称されるマトゥラー美術の宝庫「◎マトゥラー考古学博物館」<仏教美術館>を訪れます。

【 アグラ泊 】

食事
11日目

■朝食後、「◎タージ・マハル」を見学します。

■その後、デリーに向かいます。

【 機中泊 】

食事
×
12日目

■未明、空路、直行便にて、帰国の途へ。

■昼、成田空港到着。通関後、解散。

食事
×
×
日程表の見方
食事について
  • 食事つき
  • 各地の名物料理
  • 弁当(ボックスミール)
  • 機内食
  • ×食事なし
観光について
  • 入場観光
  • 下車観光(外観)
移動について
  • 飛行機
  • バス
  • 電車
  • 船舶
  • 4WD・小型車
  • ハイキング
時間帯について
  • 早朝 4:00
  • 6:00
  • 午前 8:00
  • 11:00
  • 午後 14:00
  • 夕刻 17:00
  • 19:00
  • 深夜 22:00
  • 未明 24:00 4:00

旅行代金表

※旅行代金には燃油サーチャージ及び空港税【約66,180円(24年3月20日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)

出発日 旅行代金 お一人部屋
利用追加代金
ビジネス
クラス
利用追加代金
催行 早割期限
2024年9月13日(金) 528,000円 120,000円 +300,000円 募集中
2024年10月11日(金) 538,000円 120,000円 +300,000円 募集中
2024年11月8日(金) 548,000円 120,000円 +300,000円 募集中
7/11
2024年12月6日(金) 548,000円 120,000円 +300,000円 募集中
8/8
お一人部屋 (利用追加代金) 120,000円
ビジネスクラス (利用追加代金) +300,000円
お一人部屋 (利用追加代金) 120,000円
ビジネスクラス (利用追加代金) +300,000円
お一人部屋 (利用追加代金) 120,000円
ビジネスクラス (利用追加代金) +300,000円
お一人部屋 (利用追加代金) 120,000円
ビジネスクラス (利用追加代金) +300,000円

※ビジネスクラスご利用区間:東京⇔デリー

催行欄の見方
募集中
現在募集中です。
催行決定
催行(出発)が決定しています。
申込多数
ご出発の45日~30日前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)
  • 残席僅か
    ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち
    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • 要問合せ
    詳細は要問合せ。
  • 空席状況は常に変動しており、お申込みのタイミングによっては満席の場合もございます。ご了承ください。
  • 出発が決定しているツアーでも、査証、航空便、現地手配等の事情により、締切りとなったツアーは掲載していない場合もございます。
    ご検討中のツアーがございましたら、お気軽にお問合せください。

旅行条件

発着地 東京発着・国内線手配可能(札幌・名古屋・大阪・福岡など35都市)※下部参照
利用予定航空会社 エアーインディア
利用予定ホテル <デリー>ITCウェルカムホテル・ドワルカ 又は同等クラス
<ワーラナシー(ベナレス)>ゲイトウェイ 又は同等クラス
<ブダガヤ>ロイヤル・レジデンシ- 又は同等クラス
<ラージギール>法華ホテル
<パトナー>チャナキヤ 又は同等クラス
<クシナガル>ロイヤル・レジデンシ- 又は同等クラス
<ルンビニ>法華ホテル 又は同等クラス
<シュラーヴァスティー>シュラーヴァスティーレジデンシー 又は同等クラス
<サーンカシャ>ロイヤルレジデンシー
<アグラ>ITCムガール 又は同等クラス
食事回数 朝食:10回・昼食:10回・夕食:9回(食事回数に機内食は含まれておりません)
最少催行人数 10名(最大19名)
添乗員 全行程同行してお世話します。

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。
※旅券と写真は、ご出発の1か月前までにご郵送ください。
※仏陀の足跡をたどる当コースは、通行の観光地とは異なり、道路の整備状況やホテル事情等が未だ立ち遅れております。また、長時間移動になります。
※天候や水位、現地状況などにより、ガンジス川でボートにお乗りいただけない場合もございます。また、他のお客様と混載になる場合もございます。
※現地事情により、観光順序を入れかえてご案内することもございます。
※お一人で参加され、他の参加者との相部屋を希望される場合は、ご旅行申込時にお申し出ください。最終的(ご旅行出発時)にお相手となる同性の方がいらっしゃる場合に限り、相部屋という条件にて承ります。お相手がいらっしゃらない場合にはお一人部屋をご利用いただき、お一人部屋利用追加代金を申し受けます。
※国内線追加代金:本州/往復22,000円、片道11,000円、北海道・四国・九州・沖縄/往復32,000円、片道16,000円(税込)

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
日本旅行業協会正会員
〒102-8642
東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

03-3265-1691

営業時間 10:00~17:00(土日祝除く)

関連する旅行