西オーストラリア周遊とワイルドフラワー観賞の旅 9日間 PAW9

コンパクトな日程で西オーストラリアの花鑑賞。パース北部の世界遺産のモンキーマイアも訪問し観光もたっぷり

  • 幻の花リースフラワー(2017年9月弊社添乗員撮影)

  • ワイルドフラワーフェスティバルにて(2017年9月弊社添乗員撮影)

  • ウェーブロック

  • ピナクルズ

  • 貝殻でできた砂浜、シェルビーチ

ツアーのポイント

●ワイルドフラワーに特化した当社人気定番コース。
●全出発日にて、パースのキングスパークで開催されるワイルドフラワーフェスティバルにご案内します。
●旅の疲れを癒して頂く為、旅の終盤にパースで2泊するお身体の負担に配慮した日程です。
●約700kmにも及ぶ街道を、2日間かけてドライブ!ブッシュウォーキングにて花観賞をお楽しみ下さい。
●東京ドーム約15個分の自然公園ウエスタンフローラにて花散策にもご案内。
●ジェラルトンからパースに至る海岸線、ブランドハイウェイでもワイルドフラワーを求めて散策!
●パース付近で終わるツアーが巷に多い中、パース近郊からワイルドフラワー街道を北上し、多種多様の花を探します。
●パース近郊に花前線が例年おりて来る9月の時期限定の旅。

&npsp;

日程表日程表の見方

  訪問都市 時刻 日程内容・宿泊地 食事
1 □成田空港に出発2時間前に集合。 朝:× 昼:× 夕:機
東京 午前
飛行機
■午前、空路、シンガポール乗り継ぎ、パースへ。
パース 深夜
■着後、ホテルへ。
   
【 パース 泊 】
2 パース(ワイルドフラワー街道)
バス
■朝食後、例年、エバーラスティングの群生地等が見られるワイルドフラワー街道(正式名称:ムレワ-ウービンロード)に向かって北上します。 朝:○ 昼:弁 夕:○
■ワイルドフラワー観光の拠点となる街に宿泊します。
★ワイルドフラワーが咲く場所での散策もお楽しみ頂きます。
ダルワリヌ 夕刻
   
【 ダルワリヌ又は代替都市 泊 】
3 ダルワリヌ
バス
■朝食後、リース・レシュノルティアの群生を探しに、チャップマンバレー周辺を通りながらカルバリーへ北上します。 朝:○ 昼:弁 夕:○
★ワイルドフラワーが咲く場所での散策もお楽しみ頂きます。
(ピンク・ハット・ラグーン) ■途中、湖面がピンク色をしていることで有名な「●ピンク・ハット・ラグーン」インド洋に面する「●ナチュラルブリッジ」に立ち寄ります。
カルバリー 夕刻
   
【 カルバリー 泊 】
4 カルバリー(カルバリー国立公園)
バス
■朝食後、全長約600kmのマーチソン川の恩恵を受け、渓谷など多種多様な地形が広がるカルバリー国立公園へ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
★公園内では、荒涼とした大地に咲く花の鑑賞と散策をお楽しみ下さい。
■観光後、野生のイルカがビーチにやってくることで有名なモンキーマイアへ向かいます。
★赤土に咲くワイルドフラワーが有名なノーザン・エクスプローラー街道を通り北上します。
(ハメリンプール)(シェルビーチ) ■途中、今もなお酸素を排出し続け、世界でも現生するものは少ないと言われる最古の化石ストロマトライト、35億年前のカンブリア時代の海の姿を残す「●ハメリンプール」と、約100kmもの海岸が白い貝殻で覆われた「●シェルビーチ」を観光します。
モンキーマイア 夕刻
   
【 モンキーマイア/ドルフィンリゾート泊 】
5 モンキーマイア
バス
■朝食後、モンキーマイアの観光。ビーチにやってくるイルカの餌付けをご覧頂きます。 朝:○ 昼:○ 夕:名
■その後、17世紀にオランダの東インド会社が航海中に難破した場所として知られ、現在は漁業で有名なジェラルトンに向かいます。
ジェラルトン 夕刻
★夕食はシーフード料理をお楽しみ下さい。
   
【 ジェラルトン 泊 】
6 ジェラルトン(ブランドハイウェイ)
バス
■朝食後、例年バンクシア等が街道沿いに広がるインド洋沿岸のオーシャン・ロードを南下し、パースに戻ります。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(ウェスタンフローラ) ★途中、約2,000種類ものワイルドフラワーが確認されている広大な敷地を持つウェスタンフローラにてブッシュウォークにご案内します。
(レシュール国立公園) ★また、レシュール国立公園にて簡単な花散策をお楽しみ下さい。
(ナンバング国立公園)(ピナクルズ) ■昼食後は、ナンバング国立公園へ。原生林が風化した後の石灰層により、奇岩が林立するように見える「●ピナクルズ」を観光します。
パース 夕刻
   
【 パース 泊 】
7 パース滞在(ウェーブロック)(ムルカスケーブ) ■朝食後、風雨の浸食によって波の様な姿を残す奇岩「●ウェーブロック」、アボリジニの壁画が残り怪物が棲んでいたと言われる「●ムルカスケーブ」にご案内します。 朝:○ 昼:○ 夕:×
★ワイルドフラワーが咲く場所での散策もお楽しみ頂きます。
(ヨーク) ■途中、ヨーロッパ人によって開拓され、19世紀の建築物を残す西オーストラリア内陸で最も古い町、ヨークに立ち寄ります。
   
【 パース 泊 】
8 パース(ワイヤレスヒル)
バス
■朝食後、パース近郊の「●ワイヤレスヒル」にご案内します。ブッシュの中に造られた遊歩道にて、花の散策をお楽しみ下さい。 朝:○ 昼:× 夕:機
(キングスパーク) ■また、約250種もの西オーストラリア原産の花々が咲く「●キングスパーク」にご案内します。
★全出発日でキングスパークのワイルドフラワーフェスティバルにご案内します。
パース 夕刻
飛行機
■夕刻、空路、シンガポール乗り継ぎ、帰国の途へ。
   
【 機中泊 】
9 東京
■朝、成田空港到着。通関後、解散。
朝:機 昼:× 夕:×
1日目

□成田空港に出発2時間前に集合。

■午前、空路、シンガポール乗り継ぎ、パースへ。

■着後、ホテルへ。

【 パース 泊 】

食事 朝:× 昼:× 夕:機

2日目

■朝食後、例年、エバーラスティングの群生地等が見られるワイルドフラワー街道(正式名称:ムレワ-ウービンロード)に向かって北上します。

■ワイルドフラワー観光の拠点となる街に宿泊します。
★ワイルドフラワーが咲く場所での散策もお楽しみ頂きます。

【 ダルワリヌ又は代替都市 泊 】

食事 朝:○ 昼:弁 夕:○

3日目

■朝食後、リース・レシュノルティアの群生を探しに、チャップマンバレー周辺を通りながらカルバリーへ北上します。

★ワイルドフラワーが咲く場所での散策もお楽しみ頂きます。

■途中、湖面がピンク色をしていることで有名な「●ピンク・ハット・ラグーン」インド洋に面する「●ナチュラルブリッジ」に立ち寄ります。

【 カルバリー 泊 】

食事 朝:○ 昼:弁 夕:○

4日目

■朝食後、全長約600kmのマーチソン川の恩恵を受け、渓谷など多種多様な地形が広がるカルバリー国立公園へ。

★公園内では、荒涼とした大地に咲く花の鑑賞と散策をお楽しみ下さい。

■観光後、野生のイルカがビーチにやってくることで有名なモンキーマイアへ向かいます。

★赤土に咲くワイルドフラワーが有名なノーザン・エクスプローラー街道を通り北上します。

■途中、今もなお酸素を排出し続け、世界でも現生するものは少ないと言われる最古の化石ストロマトライト、35億年前のカンブリア時代の海の姿を残す「●ハメリンプール」と、約100kmもの海岸が白い貝殻で覆われた「●シェルビーチ」を観光します。

【 モンキーマイア/ドルフィンリゾート泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

5日目

■朝食後、モンキーマイアの観光。ビーチにやってくるイルカの餌付けをご覧頂きます。

■その後、17世紀にオランダの東インド会社が航海中に難破した場所として知られ、現在は漁業で有名なジェラルトンに向かいます。

★夕食はシーフード料理をお楽しみ下さい。

【 ジェラルトン 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:名

6日目

■朝食後、例年バンクシア等が街道沿いに広がるインド洋沿岸のオーシャン・ロードを南下し、パースに戻ります。

★途中、約2,000種類ものワイルドフラワーが確認されている広大な敷地を持つウェスタンフローラにてブッシュウォークにご案内します。

★また、レシュール国立公園にて簡単な花散策をお楽しみ下さい。

■昼食後は、ナンバング国立公園へ。原生林が風化した後の石灰層により、奇岩が林立するように見える「●ピナクルズ」を観光します。

【 パース 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

7日目

■朝食後、風雨の浸食によって波の様な姿を残す奇岩「●ウェーブロック」、アボリジニの壁画が残り怪物が棲んでいたと言われる「●ムルカスケーブ」にご案内します。

★ワイルドフラワーが咲く場所での散策もお楽しみ頂きます。

■途中、ヨーロッパ人によって開拓され、19世紀の建築物を残す西オーストラリア内陸で最も古い町、ヨークに立ち寄ります。

【 パース 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:×

8日目

■朝食後、パース近郊の「●ワイヤレスヒル」にご案内します。ブッシュの中に造られた遊歩道にて、花の散策をお楽しみ下さい。

■また、約250種もの西オーストラリア原産の花々が咲く「●キングスパーク」にご案内します。

★全出発日でキングスパークのワイルドフラワーフェスティバルにご案内します。

■夕刻、空路、シンガポール乗り継ぎ、帰国の途へ。

【 機中泊 】

食事 朝:○ 昼:× 夕:機

9日目

■朝、成田空港到着。通関後、解散。

食事 朝:機 昼:× 夕:×

日程表の見方

  • =入場観光
  • =下車観光(外観)
  • :飛行機
  • :バス
  • :電車
  • :船舶
  • :4WD・小型車
  • :ハイキング
  • 早朝4:00
  • 6:00
  • 午前8:00
  • 11:00
  • 午後14:00
  • 夕刻17:00
  • 19:00
  • 深夜22:00
  • 未明24:004:00

旅行代金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約12,030円(18年02月28日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋利用追加代金 ビジネスクラス利用追加代金 催行 早割
期限
出発日 料金 状況 詳細
現在お申込みいただける出発日はございません


催行欄の見方

  • 催行決定

    催行(出発)が決定しています。

  • 申込多数

    ご出発の1ヶ月前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)

  • 空白

    現在募集中です。

  • 残席わずか

    ご予約いただける席が4席以下になっています。

  • キャンセル待ち

    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。

  • お問い合わせください

    詳細はお問い合わせください。

  • 残席わずか:ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち:現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • お問い合わせください:詳細はお問い合わせください。

ツアー詳細

発着地 東京発着
国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌 など国内35都市)
国内線手配料金:往復:20,000円、片道:10,000円(税別)
利用予定航空会社 シンガポール航空
利用予定ホテル <パース>シェラトン 又は同等クラス
<ダルワリヌ>ダルワリヌホテル 又は同等クラス
<モンキーマイア>モンキーマイアドルフィンリゾート
<カルバリー>カルバリー・ビーチ・リゾート 又は同等クラス
<ジェラルトン>イビス・スタイル 又は同等クラス
食事回数 朝食:7回・昼食:6回・夕食:5回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 13名 (最大25名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等

不要

電子入国システム(ETAS)が必要

渡航手続手数料:5500円(税別)
必要書類:
●パスポートコピー(顔写真のページ見開き、追記がある場合は追記欄も必要。)
※ETASをご自身で取得される方、もしくは既にお持ちの方はコピーは不要です。(別紙、個人取得署名用紙をご確認・ご署名の上ご返送ください。)

注意事項:
●ETAS(オーストラリアの電子入国許可システム)は取得から1年間有効です。(※パスポートを切り替えた場合には失効となります。)ご自身で取得される方、以前取得したものをお持ちの方は、出発時、ETAS取得控え(申請番号および有効期限が印字されているもの)をお持ちください。
※過去1年以内に弊社にてETASを取得された方も、必ずご自身で有効期限等をご確認ください。
旅券残存有効期間 帰国時まで

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。
※花の開花時期は予想しきれない自然現象や気候に大きく左右される為、ご覧頂けない場合もございます。予めお含みおき下さいますようお願い申し上げます。
※花の開花状況によってはルート及び走行街道一部変更する場合がございます。
※ホテルは、バスタブ無し(シャワーのみ)のお部屋になる場合がございます。予めご了承下さい。また、ワイルドフラワーウェイ沿いの街は非常に小さく、宿泊施設も限られている為、ホテルの設備が最小限のものとなります。又、ポーターもおりません。
※西オーストラリアのホテルは簡素な設備のものが多く、また部屋数の理由により、お一人部屋を確保できない場合がございます。その場合は相部屋をご利用頂き、1泊につき返金をさせて頂きますのでご了承下さい。(ダルワリヌ、アルバニー3,500円、カルバリー5,000円)
※野生動物や鳥類はご覧になれない場合もございます。

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

関連特集関連特集

  • ダンピエラの群生/ノーザンエクスプローラー街道にて(弊社添乗員撮影)

    春爛漫!ワイルドフラワーが咲き誇る西オーストラリア