春爛漫!ワイルドフラワーが咲き誇る西オーストラリア

約1万2千種のワイルドフラワーが自生する西オーストラリア州。実績に基づいたルート選定で花鑑賞旅行にご案内。

  • ワイルドフラワーフェスティバル/キングスパーク(弊社添乗員撮影)

  • 幻の花リースフラワー(2017年9月弊社添乗員撮影)

  • リースフラワーの群生(2017年9月弊社添乗員撮影)

  • ワイルドフラワーフェスティバル/キングスパーク(弊社添乗員撮影)

 

 

日本では秋の気配が感じられる頃、南半球の西オーストラリアは春を迎えます。その春(9月頃)の時期に、開花する実に約1万2千種もの珍しいワイルドフラワーが自生。しかも、その約8割の種はオーストラリアでしか見ることのできない、貴重な固有種。それは、大陸移動により約6500万年前にゴンドワナ大陸から分裂し、オーストラリアの島が他の地域から隔絶され、それ以後、他の大陸とは離れて個々の植物が進化を遂げてきたことが珍しい、独自の動植物が多い理由だと言われています。「幻の花」と呼ばれる、まるで花冠のような姿の「リースフラワー(正式名リース・レシュノルティア)」をはじめ、山火事の熱でのみ種が弾け、増えていくオーストラリアの代表種「フーカーズバンクシア」、姿がまるでカンガルーの前足のような可愛らしい「カンガルーポー」、街道沿いの大地を埋め尽くす色とりどりの可憐な「エヴァーラスティング」など、花々をじっくり鑑賞・探して頂く為に、ワイルドフラワーロードに宿泊しながら巡る日程でご案内します。

ベストシーズンはいつ?

PAWワイルドフラワーフェスティバル/キングスパーク(弊社添乗員撮影) ワイルドフラワーフェスティバル/キングスパーク(弊社添乗員撮影)

豪州で最も大きな西オーストラリア州では、約2千kmに及ぶ広範囲に渡って花前線が移動する為、日本の桜と同様に場所によって開花のタイミングが大きく異なります。西オーストラリア州の広大な大地に咲き乱れる花々は、「ワイルドフラワーロード」と呼ばれる沿岸の道路沿いに、7月上旬に北から咲き始め、次第に南下し、12月中旬まで約5カ月間で花前線が動いていきます。

その中でも例年、観光に便利なパース近郊の花の聖地と呼ばれる街道に花前線が訪れる9月に限定して出発日を設定しました。
春の生命力に満ち溢れたワイルドフラワーをご期待下さい。

※例年の実績に基づいて出発日を設定していますが、花の開花時期は予測しきれない自然現象や気候に大きく左右される為、ご覧頂けない場合もございます。予めお含みおき下さいますようお願い申し上げます。

どこで見られるの?毎年の実績に基づき花を探します

  • PAW幻の花リースフラワー(2017年9月弊社添乗員撮影)

    幻の花リースフラワー(2017年9月弊社添乗員撮影)

  • リースフラワーの群生(2017年9月弊社添乗員撮影)

    リースフラワーの群生(2017年9月弊社添乗員撮影)

ご紹介した通り、「リースフラワー」と呼ばれる西豪州では憧れの的である、幻の花があります。クリスマスリースのように放射状に茎が伸び、まるで花の冠のよう。大きなバースデーケーキのような重量感も感じられ、「幻の花」の称号にふさわしい、まさに花の王様。実は、その美しさゆえに乱獲され、絶滅が危惧されている希少種なのです。この幻の花は、ワイルドフラワーロード沿いの、ごく限られた場所でしか見ることのできない、実は貴重なお花。
 
しかしながら、ユーラシアのツアーでは毎年出発するツアーの情報や添乗員が見てきた情報を元に、どこで何を見るか、という観察ポイントも熟知!ダルワリヌという小さな村の近くの街道沿いに咲く、幻の花リースレシュノルティア等を探しながら、花道の散策をお楽しみ頂きます。

広大な西オーストラリア州内では、街道沿いにワイルドフラワーが見られるルートがいくつか存在。その街道の中でも、ワイルドフラワーの宝庫として最も名高い「ワイルドフラワーウェイ」に2泊して、じっくりご案内。
 
巷に溢れるツアーと比べるならば、是非、花街道沿いの“ダルワリヌ”という町に宿泊しているかをご覧下さい。航空機で飛ばずに、花を探しながら、バスを移動。1万2千種を誇る花々の中で、何種類見つけられるか数えるのが楽しい毎日が待っています。

通称ウェーブロック街道を通り絶景観光へ

  • ピッグフェイス/ウェーブロック街道にて

    ピッグフェイス/ウェーブロック街道にて(弊社添乗員撮影)

  • ブッシュの中から可憐なワイルドフラワーを探します/ウェーブロック街道にて(イメージ)

    ブッシュの中から可憐なワイルドフラワーを探します/ウェーブロック街道にて(イメージ)

パースからウェーブロックまで東へ約350kmの街道。ここでは、ウェーブロック周辺だけでも約2500種のワイルドフラワーが見られます。途中には、ヨークをはじめ、ハイデン、コリジンなどの街が点在します。野生ランやワトル、ハケア、グレビレア等多種多様なワイルドフラワーも共にご覧頂けるでしょう。

通称ノーザン・エクスプローラー街道へ

  • 【PAW】ダンピエラの群生/ノーザンエクスプローラー街道にて(弊社添乗員撮影)

    ダンピエラの群生/ノーザンエクスプローラー街道にて(弊社添乗員撮影)

  • ムラムラの群生/ノーザンエクスプローラー街道にて(弊社添乗員撮影)

    ムラムラの群生/ノーザンエクスプローラー街道にて(弊社添乗員撮影)

パースから北へシャークベイを含む海岸線及びその内陸部約530km。この街道では、赤土に覆われた大地に咲く多種多様の色鮮やかなワイルドフラワーが満喫できます。野生ランを始め、バンクシアやグレビリア、ムラムラ等に出会える確率が高いです。

チャップマンバレー周辺もお勧め

エヴァーラスティング/チャップマンバレー周辺にて エヴァーラスティング/チャップマンバレー周辺にて(イメージ)

パースから北へ、ユナまで続く約450kmの街道。北部のモラワやムレワの町近郊では、辺り一面がピンクや白に染まった一面エヴァーラスティングの景色が素晴らしいことで有名。群生が期待できます。きっと、旅一番のハイライトになること間違いなし!

インド洋をのぞむ通称ブランドハイウェイ

  • ブランドハイウェイで出会ったバンクシア(弊社添乗員撮影)

    ブランドハイウェイで出会ったバンクシア(弊社添乗員撮影)

  • PAWレシュール国立公園にて/ブランドハイウェイ

    レシュール国立公園にて/ブランドハイウェイ

ジェラルトンから南へパースまで続く約905kmの通称ブランドハイウェイ。 インド洋沿いに南へ伸びる爽快な海岸線のドライブでは、海の香りに乗せて白いビーチが続きます。そして、街道沿いでは多くの花が咲き例年バンクシアが見頃を迎えます。往路と復路で違う街道を通り、復路では大自然の美しい花が咲く国立公園も観光。

カルバリー国立公園にもご案内

  • フェザーフラワー/カルバリー国立公園(弊社添乗員撮影)

    フェザーフラワー/カルバリー国立公園にて(弊社添乗員撮影)

  • スモークブッシュなど様々な花々が集うカルバリー国立公園(弊社添乗員撮影)

    スモークブッシュなど様々な花々が集うカルバリー国立公園(弊社添乗員撮影)

インド洋の青と白い砂浜のコントラストが美しい街道沿いのカルバリー国立公園。公園内の大ブッシュ地帯は、800種を超える、多種多様なワイルドフラワーが咲くことで有名です。

ユーラシア旅行社のツアーでは、道路沿いの花だけではなくブッシュウォークをしながらの花散策。見学方法を変えながらフラワー・ハンティング(花探し)をするのもこだわりの1つです。

ウエスタンフローラにて花散策

ウエスタンフローラで出会ったジェラルトンワックス(弊社添乗員撮影) ウエスタンフローラで出会ったジェラルトンワックス(弊社添乗員撮影)

東京ドーム約15個分の広大な自然公園。9月の春の時期は多くのワイルドフラワーが咲く知る人ぞ知るお勧め花観察スポット。ここでも花探しに挑戦です。

3000種の花が大集合!花の復習はフラワーフェスティバルでどうぞ

  • ワイルドフラワーフェスティバル/キングスパーク(弊社添乗員撮影)

    ワイルドフラワーフェスティバル/キングスパーク(弊社添乗員撮影)

  • ワイルドフラワーフェスティバル/キングスパーク(弊社添乗員撮影)

    ワイルドフラワーフェスティバル/キングスパーク(弊社添乗員撮影)

西オーストラリアツアーの全コースでパースのキングスパークにて開催されるワイルドフラワー・フェスティバルにご案内します。9月の花の祭典の期間中には、西オーストラリア全域から集められた約3000種の花が大集合。街道で見られた花も、出会えなかった花も一気に総復習。多種多様なワイルドフラワーが一堂に会する様は壮観です。

花以外にも西オーストラリアには見所盛り沢山

世界遺産シャーク湾で大自然の観光も満喫

  • PAWハメリンプール

    ハメリンプール

  • PAWストロマトライト

    ストロマトライト

35億年前の先カンブリア紀に現れ、今も地球に酸素を供給し続けているストロマトライトが生き続けている場所は、地球上には殆どありません。この珍しいストロマトライトが今でも生き続けている海岸、ハメリンプールにご案内します。

真っ白な貝殻の海岸シェルビーチ

  • 貝殻でできた砂浜、シェルビーチ

    シェルビーチにて

  • PAWシェルビーチ

    シェルビーチにて

約4000年もの月日をかけて、小さな貝殻のみで純白のシェルビーチが形成されました。その長さは何と110キロ。貝殻だけでできた、真っ白いシェルビーチの散策にご案内します。地中に10mも厚く堆積している貝殻をザクザク踏みしめながら歩くと、4000年という年月の重みを実感します。

海の生態系が豊かなことで知られる、世界自然遺産のシャークベイ

  • PAWモンキー・マイアにて(弊社添乗員撮影)

    モンキー・マイアにて(弊社添乗員撮影)

  • PAWイルカの餌付け/モンキー・マイア(弊社添乗員撮影)

    イルカの餌付け/モンキー・マイア(弊社添乗員撮影)

シェークベイの一部、モンキー・マイアの遠浅の海岸にはイルカたちがやってきます。ここで野生のイルカとの触れ合いが始まったのは、1960年頃に溯るそう。当時のイルカからはもう、子供もしくは孫のイルカに世代交代していますが、今も変わらず、野生イルカたちは平均7~8の群れで多い時には20頭の群れを引き連れてほぼ毎日やってきます。統計を取り始めてからイルカが姿を現さなかったのは、5年間の間にたったの4日というから、驚きです。
 
ツアーでは、ドルフィン・リゾートに宿泊し、野生のイルカが波打ち際ギリギリまでやってくるビーチにご案内します。

絶景を特集した書籍等でも紹介され注目を浴びるピンク・ハットラグーン

  • PAWピンク・ハットラグーン

    ピンク・ハットラグーン

  • PAWピンク・ハットラグーン

    天気などで色が変わるピンク・ハットラグーン

パースから北に約500kmの場所に位置するインド洋沿岸の知られざる塩湖、ピンク・ハットラグーン。その名の通り、天候によって、いちごミルクのようなピンク色に見える湖です。
 
塩分の濃い水でも生息できるドナリエラという藻の一種が、体内でベータ・カロチンという赤い物質を作る為に、湖面がピンク色に見えるそう。また、ハットという名前は湖に流れ込むハット・リバーという川の名前に由来しています。

一枚岩のオブジェ、ウェーブロック

  • ウェーブロック

    ウェーブロック

  • PAWウェーブロック

    ウェーブロック

風を伴った雨や砂の浸食によって巨大な波のように削られ、15mにも及ぶ巨岩ウェーブロックは、まさに自然が造り出した芸術。9月の西オーストラリアの全ツアーにてご案内。街道沿いには花も咲くので、やっぱり春が一押し。

ナンバング国立公園の奇岩群、ピナクルズ

  • ピナクルズ

    ピナクルズ

  • PA14ピナクルズ

    ピナクルズ

西オーストリアの乾燥地帯に広がるナンバング国立公園。公園内の砂漠地ピナクルズには、尖塔のような岩がニョキニョキと砂地から突き出ています。黄色味を帯びた独特の砂の色と相まって、何とも幻想的な風景です。
 
このピナクルズの黄色い石灰岩は、かつてここが海底であったことを物語り、無数に乱立した岩の塔はその後の緑豊かな原生林の時代の木々の名残りだそうです。このまるで月面のようなピナクルズを歩いて観光。

おすすめ海外ツアーおすすめ海外ツアー

  • 西オーストラリア周遊とワイルドフラワー観賞の旅 9日間

    西オーストラリア周遊とワイルドフラワー観賞の旅 9日間

  • 花の西オーストラリア七大国立公園物語 13日間

    花の西オーストラリア七大国立公園物語 13日間

電子パンフレット

  • 2018年6月~2018年年末 オセアニア

    2018年6月~2018年年末 オセアニア

一覧を見る