絶景のピレネー山脈大満喫、花とハイキングの旅 12日間 SSH2

【中級ハイキング】フランス、スペインにまたがる国立公園をじっくり巡る旅

  • オルデサ渓谷

  • ガヴァルニー圏谷

  • トゥルモース圏谷

  • トルラ

  • トロッコ列車プチ・トラン・アストゥル

  • ピレネーアイリスの群生

ツアーのポイント

●フランス、スペインにまたがる国立公園(ガヴァルニー圏谷、オルデサ国立公園)をじっくり巡る旅。
●連泊中心の日程です。トルラとガヴァルニーには3連泊!

&npsp;

日程表日程表の見方

  訪問都市 時刻 日程内容・宿泊地 食事
1 □成田又は羽田空港に出発2時間前に集合。 朝:× 昼:機 夕:機
東京 午前
飛行機
■午前、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、トゥールーズへ。
トゥールーズ 深夜
■着後、ホテルへ。
   
【 トゥールーズ 泊 】
2 トゥールーズ 午前
バス
■朝食後、トゥールド・フランスのルートとして有名なアスパン峠を越えてラモンジーに向かいます 朝:○ 昼:○ 夕:○
(ピック・ドゥ・ミディ展望台) ★昼食は、「●ピック・ドゥ・ミディ展望台」の頂上にてお楽しみください。
夕刻
■その後、トゥール・マーレ峠を越え保養地で有名なコトゥレに向かいます。
コトゥレ
   
【 コトゥレ 泊 】
3 コトゥレ滞在(ゴーブ湖) ■朝食後、ポン・デスパーニュ(1,466m)からチェアリフトに乗り、ゴーブ湖(1,730m)へ。高山植物を眺めながら、緩やかに登り、体力と時間が許せば、ビニュマウル北壁を望む場所(2,058m)までご案内致します。
※歩行時間往復合計:約5時間30分、歩行距離:約8km、標高差:約400mの登り、下り。
朝:○ 昼:弁 夕:×
   
【 コトゥレ 泊 】
4 コトゥレ(ピック・ドゥ・ミディ展望台) ■朝食後、ビオー・アルディグエス湖(1,436m)へ。ピック・ドゥ・ミディ・ドッソの展望ハイキングをお楽しみください。アユー小屋(2,000m)までの往復ハイキングとなります。
※歩行時間往復合計:約5時間、歩行距離:約4km 標高差:約600mの登り、下り。
朝:○ 昼:弁 夕:○
■その後、トルラへ向かいます。
トルラ
   
【 トルラ 泊 】
5 トルラ滞在(オルデサ国立公園) ■朝食後、トルラからオルデサ国立公園の入り口(約1,300m)へ。アラザス川沿いを歩きソアソ滝を越え、石灰質の山としてはヨーロッパ最高峰を誇るぺルデュ山を眺望できるソアソ草原(1,800m)までハイキングします。
※歩行時間往復合計:約5時間30分、歩行距離:約10km、標高差:約500mの登り、下り。
朝:○ 昼:弁 夕:×
   
【 トルラ 泊 】
6 トルラ滞在(オルデサ渓谷) ■朝食後、ミニバンにてオルデサ渓谷を眼下に、ぺルデュ山を望む事ができるビューポイントにご案内致します。天候が良ければローランの窓が遠望できます。 朝:○ 昼:○ 夕:×
■昼食後、野花を楽しむことができるフラワーウォッチングにご案内致します。
   
【 トルラ 泊 】
7 トルラ(ドッソ谷)
バス
■朝食後、ドッソ谷へ。「●プチ・トラン・アルトゥストル」に乗車。1,900mの切り立った崖を走るトロッコ列車から美しいピレネーの山々を望みます。着後、アルトゥスト湖まで散策し、晴れていればピレネーのマッターホルンと呼ばれるピック・ドゥ・ミディ・ドッソをご覧頂けます。 朝:○ 昼:名 夕:○
(ポルタレット峠) ■午後、バスにて世界遺産に登録されているトゥルモース圏谷へ。屏風のように岩山が立ちはだかる雄大な景色をお楽しみ下さい。
■その後、氷河が削り上げた大圏谷で有名なガヴァルニーへ向かいます。
ガヴァルニー ★昼食はパエリアをお楽しみください。
   
【 ガヴァルニー 泊 】
8 ガヴァルニー滞在(オテル・ドゥ・シルク) ■朝食後、ガヴァルニー村(1,360m)より、圏谷(カール)を望むオテル・ドゥ・シルク(1,550m)へ。その後、ご希望の方は、ヨーロッパ最大の落差を誇るガヴァルニーの滝を望むポイント(1,610m)まで登ります。 朝:○ 昼:○ 夕:名
■昼食後、パイヤ高原(1,742m)を経由してガヴァルニー村に戻ります。
※歩行時間往復合計:約5時間30分、歩行距離:約14km、標高差:約400mの登り、下り。
★夕食は鴨のコンフィをお楽しみください。
   
【 ガヴァルニー 泊 】
9 ガヴァルニー滞在(ソウゲ高原) ■朝食後、〝花の宝庫?に相応しい「●ソウゲ高原」でのハイキングをお楽しみください。
※歩行時間往復合計:約5時間30分、歩行距離:約8km、標高差:約400mの登り、下り。
朝:○ 昼:弁 夕:○
   
【 ガヴァルニー 泊 】
10 ガヴァルニー(ペラトー・ベルヴュー) ■朝食後、夏の牧草地で、地元の人々のみ知る絶景ポイント、「●ペラトー・ベルヴュー」(1,650m)までのハイキングをお楽しみ下さい。
※歩行時間往復合計:約4時間、歩行距離:約8.5km、標高差:約300mの登り、下り。
朝:○ 昼:○ 夕:名
2
■昼食後、バスにて再びトゥールーズに戻ります。
トゥールーズ ★夕食はトゥールーズ名物カスレをお楽しみ下さい。
   
【 トゥールーズ 泊 】
11 トゥールーズ
飛行機
■朝、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。 朝:○ 昼:× 夕:機
   
【 機中泊 】
12 東京
■成田又は羽田空港到着。通関後、解散。
※夕方到着便となる場合もございます。
朝:機 昼:× 夕:×
1日目

□成田又は羽田空港に出発2時間前に集合。

■午前、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、トゥールーズへ。

■着後、ホテルへ。

【 トゥールーズ 泊 】

食事 朝:× 昼:機 夕:機

2日目

■朝食後、トゥールド・フランスのルートとして有名なアスパン峠を越えてラモンジーに向かいます

★昼食は、「●ピック・ドゥ・ミディ展望台」の頂上にてお楽しみください。

■その後、トゥール・マーレ峠を越え保養地で有名なコトゥレに向かいます。

【 コトゥレ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

3日目

■朝食後、ポン・デスパーニュ(1,466m)からチェアリフトに乗り、ゴーブ湖(1,730m)へ。高山植物を眺めながら、緩やかに登り、体力と時間が許せば、ビニュマウル北壁を望む場所(2,058m)までご案内致します。
※歩行時間往復合計:約5時間30分、歩行距離:約8km、標高差:約400mの登り、下り。

【 コトゥレ 泊 】

食事 朝:○ 昼:弁 夕:×

4日目

■朝食後、ビオー・アルディグエス湖(1,436m)へ。ピック・ドゥ・ミディ・ドッソの展望ハイキングをお楽しみください。アユー小屋(2,000m)までの往復ハイキングとなります。
※歩行時間往復合計:約5時間、歩行距離:約4km 標高差:約600mの登り、下り。

■その後、トルラへ向かいます。

【 トルラ 泊 】

食事 朝:○ 昼:弁 夕:○

5日目

■朝食後、トルラからオルデサ国立公園の入り口(約1,300m)へ。アラザス川沿いを歩きソアソ滝を越え、石灰質の山としてはヨーロッパ最高峰を誇るぺルデュ山を眺望できるソアソ草原(1,800m)までハイキングします。
※歩行時間往復合計:約5時間30分、歩行距離:約10km、標高差:約500mの登り、下り。

【 トルラ 泊 】

食事 朝:○ 昼:弁 夕:×

6日目

■朝食後、ミニバンにてオルデサ渓谷を眼下に、ぺルデュ山を望む事ができるビューポイントにご案内致します。天候が良ければローランの窓が遠望できます。

■昼食後、野花を楽しむことができるフラワーウォッチングにご案内致します。

【 トルラ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:×

7日目

■朝食後、ドッソ谷へ。「●プチ・トラン・アルトゥストル」に乗車。1,900mの切り立った崖を走るトロッコ列車から美しいピレネーの山々を望みます。着後、アルトゥスト湖まで散策し、晴れていればピレネーのマッターホルンと呼ばれるピック・ドゥ・ミディ・ドッソをご覧頂けます。

■午後、バスにて世界遺産に登録されているトゥルモース圏谷へ。屏風のように岩山が立ちはだかる雄大な景色をお楽しみ下さい。

■その後、氷河が削り上げた大圏谷で有名なガヴァルニーへ向かいます。

★昼食はパエリアをお楽しみください。

【 ガヴァルニー 泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

8日目

■朝食後、ガヴァルニー村(1,360m)より、圏谷(カール)を望むオテル・ドゥ・シルク(1,550m)へ。その後、ご希望の方は、ヨーロッパ最大の落差を誇るガヴァルニーの滝を望むポイント(1,610m)まで登ります。

■昼食後、パイヤ高原(1,742m)を経由してガヴァルニー村に戻ります。

※歩行時間往復合計:約5時間30分、歩行距離:約14km、標高差:約400mの登り、下り。

★夕食は鴨のコンフィをお楽しみください。

【 ガヴァルニー 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:名

9日目

■朝食後、〝花の宝庫?に相応しい「●ソウゲ高原」でのハイキングをお楽しみください。
※歩行時間往復合計:約5時間30分、歩行距離:約8km、標高差:約400mの登り、下り。

【 ガヴァルニー 泊 】

食事 朝:○ 昼:弁 夕:○

10日目

■朝食後、夏の牧草地で、地元の人々のみ知る絶景ポイント、「●ペラトー・ベルヴュー」(1,650m)までのハイキングをお楽しみ下さい。
※歩行時間往復合計:約4時間、歩行距離:約8.5km、標高差:約300mの登り、下り。

■昼食後、バスにて再びトゥールーズに戻ります。

★夕食はトゥールーズ名物カスレをお楽しみ下さい。

【 トゥールーズ 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:名

11日目

■朝、空路、ヨーロッパ内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。

【 機中泊 】

食事 朝:○ 昼:× 夕:機

12日目

■成田又は羽田空港到着。通関後、解散。
※夕方到着便となる場合もございます。

食事 朝:機 昼:× 夕:×

日程表の見方

  • =入場観光
  • =下車観光(外観)
  • :飛行機
  • :バス
  • :電車
  • :船舶
  • :4WD・小型車
  • :ハイキング
  • 早朝4:00
  • 6:00
  • 午前8:00
  • 11:00
  • 午後14:00
  • 夕刻17:00
  • 19:00
  • 深夜22:00
  • 未明24:004:00

旅行代金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約12,400円(17年12月01日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋利用追加代金 ビジネスクラス利用追加代金 催行 早割
期限
出発日 料金 状況 詳細
現在お申込みいただける出発日はございません


※ビジネスクラスご利用区間:東京⇔ヨーロッパ内都市
※6月〜8月中旬:高山植物が生育し、草木の緑が瑞々しく映える季節。開花時期は気象条件により多少前後することがございます。
 

催行欄の見方

  • 催行決定

    催行(出発)が決定しています。

  • 申込多数

    ご出発の1ヶ月前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)

  • 空白

    現在募集中です。

  • 残席わずか

    ご予約いただける席が4席以下になっています。

  • キャンセル待ち

    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。

  • お問い合わせください

    詳細はお問い合わせください。

  • 残席わずか:ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち:現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • お問い合わせください:詳細はお問い合わせください。

ツアー詳細

発着地 東京発着/国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌その他国内35都市)
国内線手配料金:片道10000円、往復20000円(税別)
利用予定航空会社 ルフトハンザドイツ航空,エールフランス航空,KLMオランダ航空,ブリティッシュ・エアウェイズ
利用予定ホテル <トゥールーズ>キリヤド 又は同等クラス
<コトゥレ>アラジン 又は同等クラス
<トルラ>エーデルワイス 又は同等クラス
<ガヴァルニー>ル・マルボル 又は同等クラス
食事回数 朝食:10回・昼食:9回・夕食:6回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 13名 (最大19名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
旅券残存有効期間 帰国時3ヶ月以上

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申込みください。
※時期及び天候によっては、積雪、大雨、強風のためハイキングができないこともございます。
※現地道路事情によりバスは35人乗りを利用致します。予めご了承下さい。
※第2日目の峠越えの道は突然通行止となる場合がございます。その場合は迂回ルートにてご案内させて頂きます。
※天候によっては、ガイド・添乗員の判断によりハイキングのコース変更、中止とさせていただく場合がございます。ハイキングについては3ページをご覧下さい。
※土地柄、ヴェルネレバン、ガヴァルニーのホテルは2〜3つ星クラスのホテルやペンションとなります。シャワーのみのお部屋となります。小さな村での滞在もお楽しみ下さい。

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

関連ツアー関連ツアー

  • ガヴァルニー圏谷にて

    ピレネー山脈大横断、ガヴァルニー3連泊とパラドール滞在の旅 13日間

  • ポルタレット峠

    ピレネーの美しき山々を訪ねて 10日間

関連特集関連特集

  • ガヴァルニー圏谷にて

    ピレネーハイキングの魅力 ~大地の躍動と氷河が創造した彫刻群へ~

  • ドロミテ、ガイスラー山塊の麓を歩く

    海外ハイキングツアー特集-世界を歩こう!