絵になる東フランス、ワイン街道と湖の町アヌシー、黒い森へ 10日間 WFW0

天空のホーエンツォレルン城、シュヴァルの理想宮も訪問。アルザスとブルゴーニュの美酒の郷とかわいらしい村々を巡ります。

  • クロ・ド・ヴージョ

  • コルマール、プティット・ヴェニス

  • オートリーヴ、シュヴァルの理想宮

  • ロンシャン、礼拝堂

  • ボーヌ、オテル・デュー

  • ケゼルスベール

ツアーのポイント

●ル・コルビュジエの傑作ロンシャン礼拝堂や“世界の奇景”としても紹介されるシュヴァルの理想宮などの世界遺産も訪問します。
●ストラスブールは旧市街散策に便利な立地のホテルに3連泊。人気のドイツ「黒い森(シュバルツ・ヴァルト)」にも足をのばします。
●リヨンは散策に便利な5つ星ホテルに連泊します。
●アルザスの可愛らしい村々も訪問。2017年フランス人が選ぶもっとも好きな村第一位に輝いたケゼルスベールも訪れます。

&npsp;

日程表日程表の見方

  訪問都市 時刻 日程内容・宿泊地 食事
1 □成田又は羽田空港に出発の2時間前に集合。 朝:× 昼:機 夕:×
東京 午前
飛行機
■午前、空路、(アムステルダム乗り継ぎ)パリまたはバーゼル又はフランクフルトへ。
パリ又はバーゼル又はフランクフルト 夕刻
バス
※パリ着の場合はTGV(2等車)にてストラスブールへ移動します。(約2時間)
※バーゼル又はフランクフルト着の場合は、バスにてストラスブールへ移動します。(約2時間)
ストラスブール 深夜
   
【 ストラスブール/メゾンルージュ 泊 】
2 ストラスブール滞在 ■午前、ストラスブール市内観光。バラ色の「◎ノートルダム大聖堂」や、木骨組みの家並みがある「●プティット・フランス」にご案内します。 朝:○ 昼:名 夕:×
★昼食は、アルザスの郷土料理タルトフランベとシュークルートをどうぞ。
□午後、自由時間。
   
【 ストラスブール/メゾンルージュ 泊 】
3 ストラスブール滞在(黒い森) 08:00
バス
■朝食後、ドイツの黒い森へ。バーデンバーデンからフロイデンシュタットまで黒い森山岳道路をドライブします。 朝:○ 昼:名 夕:○
(ホーエンツォレルン) ■ドイツ三大名城のひとつで天空の城と称される「◎ホーエンツォレルン城」にご案内します。
(テュービンゲン) ■また、ヘルマン・ヘッセやケプラーゆかりの地テュービンゲンを散策します。
★昼食には黒い森ハムと黒い森ケーキをご賞味ください。
   
【 ストラスブール/メゾンルージュ 泊 】
4 ストラスブール 08:00
バス
■朝食後、アルザス・ワイン街道をコルマールへ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(リックヴィール) ■途中、フランスの最も美しい村の一つ、リックヴィールに立ち寄ります。 ★アルザスワインの試飲もお楽しみください。
コルマール 13:00
■午後、コルマール市内観光。アルザス風の木組みの家が並ぶ旧市街の「●プティット・ヴェニス」、イーゼンハイムの祭壇画で知られる「◎ウンターリンデン美術館」にご案内します。
   
【 コルマール 泊 】
5 コルマール(エギスハイム)(ケゼルスベール) 08:00
バス
■朝食後、アルザスワイン発祥の地エギスハイム、シュヴァイツァー博士の故郷ケゼルスベールを散策し、ブルゴーニュ地方の中心地ディジョンへ。 朝:○ 昼:○ 夕:○
(ロンシャン) ■途中、ル・コルビュジエが手掛けた「◎ロンシャン礼拝堂」を見学します。
ディジョン 18:00
   
【 ディジョン 泊 】
6 ディジョン 09:00
バス
■朝食後、ディジョンの散策。中世の建物が並ぶ「●フォルジュ通り」など「●旧市街」を訪ねます。 朝:○ 昼:名 夕:名
★昼食は、名物エスカルゴをどうぞ。
(コート・ドール) ■その後、コート・ドール(黄金の丘)グラン・クリュ街道を通り、ブルゴーニュワインの中心地、ボーヌへ。「●クロ・ド・ヴージョ」や「●ロマネ・コンティの畑」へ立ち寄ります。
ボーヌ 17:00
★夕食はブルゴーニュ名物の牛肉の赤ワイン煮込みブフ・ブルギニヨンをブルゴーニュワインとともに。
   
【 ボーヌ 泊 】
7 ボーヌ 09:00
バス
■朝食後、ボーヌ市内観光。15世紀の慈善院「◎オテル・デュー」を見学します。 朝:○ 昼:○ 夕:○
■その後、美食の町リヨンへ。
リヨン 14:30
■着後、リヨン市内観光。「●フルヴィエール教会」、「●旧市街」、「●ベルクール広場」にご案内します。
   
【 リヨン泊 】
8 リヨン滞在 08:30
バス
■午前、サヴォワの宝石と愛されるアヌシーへ。 朝:○ 昼:○ 夕:×
(アヌシー) ■アヌシーの街を見下ろす「●アヌシー城」、古く趣ある家並みが続く「●旧市街」、「●旧牢獄」と「●恋人たちの橋」へご案内します。
(オートリーヴ) ■また、一人の郵便局員が作り上げた「◎シュヴァルの理想宮」を見学します。
   
【 リヨン泊 】
9 リヨン
飛行機
■朝、空路、パリ又はアムステルダム乗り継ぎ、帰国の途ヘ。 朝:弁 昼:× 夕:機
   
【 機中泊 】
10 東京
■昼、羽田又は成田空港到着。通関後、解散です。
(※夕刻到着便となる場合もございます。)
朝:機 昼:× 夕:×
1日目

□成田又は羽田空港に出発の2時間前に集合。

■午前、空路、(アムステルダム乗り継ぎ)パリまたはバーゼル又はフランクフルトへ。

※パリ着の場合はTGV(2等車)にてストラスブールへ移動します。(約2時間)

※バーゼル又はフランクフルト着の場合は、バスにてストラスブールへ移動します。(約2時間)

【 ストラスブール/メゾンルージュ 泊 】

食事 朝:× 昼:機 夕:×

2日目

■午前、ストラスブール市内観光。バラ色の「◎ノートルダム大聖堂」や、木骨組みの家並みがある「●プティット・フランス」にご案内します。

★昼食は、アルザスの郷土料理タルトフランベとシュークルートをどうぞ。

□午後、自由時間。

【 ストラスブール/メゾンルージュ 泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:×

3日目

■朝食後、ドイツの黒い森へ。バーデンバーデンからフロイデンシュタットまで黒い森山岳道路をドライブします。

■ドイツ三大名城のひとつで天空の城と称される「◎ホーエンツォレルン城」にご案内します。

■また、ヘルマン・ヘッセやケプラーゆかりの地テュービンゲンを散策します。

★昼食には黒い森ハムと黒い森ケーキをご賞味ください。

【 ストラスブール/メゾンルージュ 泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:○

4日目

■朝食後、アルザス・ワイン街道をコルマールへ。

■途中、フランスの最も美しい村の一つ、リックヴィールに立ち寄ります。 ★アルザスワインの試飲もお楽しみください。

■午後、コルマール市内観光。アルザス風の木組みの家が並ぶ旧市街の「●プティット・ヴェニス」、イーゼンハイムの祭壇画で知られる「◎ウンターリンデン美術館」にご案内します。

【 コルマール 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

5日目

■朝食後、アルザスワイン発祥の地エギスハイム、シュヴァイツァー博士の故郷ケゼルスベールを散策し、ブルゴーニュ地方の中心地ディジョンへ。

■途中、ル・コルビュジエが手掛けた「◎ロンシャン礼拝堂」を見学します。

【 ディジョン 泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

6日目

■朝食後、ディジョンの散策。中世の建物が並ぶ「●フォルジュ通り」など「●旧市街」を訪ねます。

★昼食は、名物エスカルゴをどうぞ。

■その後、コート・ドール(黄金の丘)グラン・クリュ街道を通り、ブルゴーニュワインの中心地、ボーヌへ。「●クロ・ド・ヴージョ」や「●ロマネ・コンティの畑」へ立ち寄ります。

★夕食はブルゴーニュ名物の牛肉の赤ワイン煮込みブフ・ブルギニヨンをブルゴーニュワインとともに。

【 ボーヌ 泊 】

食事 朝:○ 昼:名 夕:名

7日目

■朝食後、ボーヌ市内観光。15世紀の慈善院「◎オテル・デュー」を見学します。

■その後、美食の町リヨンへ。

■着後、リヨン市内観光。「●フルヴィエール教会」、「●旧市街」、「●ベルクール広場」にご案内します。

【 リヨン泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:○

8日目

■午前、サヴォワの宝石と愛されるアヌシーへ。

■アヌシーの街を見下ろす「●アヌシー城」、古く趣ある家並みが続く「●旧市街」、「●旧牢獄」と「●恋人たちの橋」へご案内します。

■また、一人の郵便局員が作り上げた「◎シュヴァルの理想宮」を見学します。

【 リヨン泊 】

食事 朝:○ 昼:○ 夕:×

9日目

■朝、空路、パリ又はアムステルダム乗り継ぎ、帰国の途ヘ。

【 機中泊 】

食事 朝:弁 昼:× 夕:機

10日目

■昼、羽田又は成田空港到着。通関後、解散です。
(※夕刻到着便となる場合もございます。)

食事 朝:機 昼:× 夕:×

日程表の見方

  • =入場観光
  • =下車観光(外観)
  • :飛行機
  • :バス
  • :電車
  • :船舶
  • :4WD・小型車
  • :ハイキング
  • 早朝4:00
  • 6:00
  • 午前8:00
  • 11:00
  • 午後14:00
  • 夕刻17:00
  • 19:00
  • 深夜22:00
  • 未明24:004:00

旅行代金表

旅行代金はには燃油サーチャージ及び空港諸税、宿泊税【約11,657円(2017年11月20日を基準とした目安)】が含まれています。
(金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
 
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋利用追加代金 ビジネスクラス利用追加代金 催行 早割
期限
出発日 料金 状況 詳細
18年04月27日(金) 18年04月27日(金) 538,000円 89,000円 +500,000円

申込多数

残席わずか

 
ポイント
お一人部屋利用
追加代金
89,000円
ビジネスクラス
利用追加代金
+500,000円
上級エコノミークラス利用追加代金 +200,000円
早割期限
  • 4/27発は、リヨンでは5つ星のベルクールに連泊します。

仮予約する

  • 上級エコノミークラス利用追加代金… +200,000円
18年07月13日(金) 18年07月13日(金) 498,000円 102,000円 +350,000円 120 03/15  
ポイント
お一人部屋利用
追加代金
102,000円
ビジネスクラス
利用追加代金
+350,000円
早割期限 120 03/15

仮予約する

18年10月12日(金) 18年10月12日(金) 黄葉 448,000円 102,000円 +350,000円 120 06/14  
ポイント 黄葉
お一人部屋利用
追加代金
102,000円
ビジネスクラス
利用追加代金
+350,000円
早割期限 120 06/14
  • 10/12発は黄葉の季節です。

仮予約する

4/27発は、リヨンでは5つ星のベルクールに連泊します。
10/12発は黄葉の季節です。

※ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスご利用区間:東京⇔パリ又はアムステルダム

催行欄の見方

  • 催行決定

    催行(出発)が決定しています。

  • 申込多数

    ご出発の1ヶ月前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)

  • 空白

    現在募集中です。

  • 残席わずか

    ご予約いただける席が4席以下になっています。

  • キャンセル待ち

    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。

  • お問い合わせください

    詳細はお問い合わせください。

  • 残席わずか:ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち:現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • お問い合わせください:詳細はお問い合わせください。

ツアー詳細

発着地 東京発着
国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌など国内35都市)
国内線手配料金:片道10,000 往復20,000(税別)
利用予定航空会社 エールフランス航空,KLMオランダ航空
利用予定ホテル <ストラスブール>メゾンルージュ
<コルマール>メルキュール・シャンドマルス 又は同等クラス
<ディジョン>ホリディ・イン 又は同等クラス
<ボーヌ>メルキュール・サントル 又は同等クラス
<リヨン>ソフィテル 又は同等クラス
食事回数 朝食:8回・昼食:7回・夕食:5回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 13名 (最大22名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
旅券残存有効期間 帰国時3ヶ月以上

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。
※教会などは様々な事情により突然閉館したり、修復が行われたりする場合がございます。

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

関連ツアー関連ツアー

  • アルザスの美しい村リクヴィール。Team Europe のヨーロッパの美しい村30選にも選ばれています。

    フランスワイン街道の素朴な町や村 13日間

  • コルマールでは木組みの家々が並ぶプティット・ヴェニス徒歩圏のホテルに連泊します

    連泊で楽しむ東フランスの美しい村と街 10日間

  • ボーヌワイン祭りでは新酒の試飲会にもご案内します(イメージ)

    東フランスの美しい街とワイン祭りを楽しむ 10日間

  • 10月はコート・ドールがその名の通り黄金色に染まる季節です(10月撮影)

    フランス大紀行 21日間

  • 聖バルトロメー僧院/ケーニヒ湖クルーズにて

    南ドイツアルプスの大自然と黒い森~フュッセン空中散歩道を歩く~ 12日間

関連特集関連特集

  • 渓谷に抱かれたコンク

    フランスの最も美しい村