ゆったり南仏プロヴァンス、リュベロン地方からコートダジュール 12日間 WFS2

プロヴァンス地方の芸術家に愛された町々や芸術家ゆかりの地をゆとりの日程で訪れます。

フランスツアー

リュヴェロンの美しい村ルシヨンにて

フランスツアー

鷲の巣のような村ゴルド

ツアーのポイント

  • ●個性的な町や村が点在するリュベロン地方にもご案内します。メネルブ、ゴルド、ルシヨン、レ・ボー、ムスティエ・サント・マリーなど素朴な町々やセナンク修道院を訪問します。 (上記の村には厳しい基準をクリアした村にのみ与えられる「フランスの最も美しい村々」の称号が与えられています)
  • ●知られざる渓谷美が広がる「山のプロヴァンス」も訪れます。ヴェルドン渓谷~ムスティエ・サントマリー間は「フランスの美しい道」の1つとしてフランス政府観光局に選出されたドライブ・ルートです。
  • ●ニースに4連泊。南仏を愛した芸術家ゆかりの村々を巡ります。

地図

» 地図を拡大して表示

日程表

訪問都市 時刻 日程内容 食事・宿泊地
1 □成田空港に出発2時間前に集合。 朝:×
昼:機
夕:×
【 マルセイユ 泊 】
東京 ■午前、空路、パリ又はアムステルダム乗り継ぎ、マルセイユへ。
2 マルセイユ滞在 午前 ■終日、港町マルセイユ観光。「●マルセイユ旧港」、「●ノートルダム・ド・ラ・ギャルド寺院」、ル・コルビュジエの作品「◎ユニテ・ダビタシオン」にご案内します。 朝:○
昼:名
夕:○
【 マルセイユ 泊 】
(イフ島) 船舶 ■また、船にて要塞の島イフ島に渡り(片道約30分)散策します。
★昼食は名物ブイヤベースをどうぞ。
3 マルセイユ 午前
バス
■朝食後、ローマ帝国期にアウラシオと呼ばれ栄えた街オランジュへ。 朝:○
昼:名
夕:○
【 アヴィニヨン 泊 】
(オランジュ) ■着後、オランジュにて、ルイ14世が〝王国で最も美しい壁〞
と称えたローマ時代の「◎古代劇場」、紀元前20年頃建造の「●凱旋門」にご案内します。
■その後、14世紀にローマ法王庁が置かれたアヴィニョンへ向かいます。
★昼食はスープ・ドゥ・ビストゥ(ハーブ煮野菜のスープ)です。
アヴィニョン ■アヴィニョン着後、「◎法王庁宮殿」「●サン・ベネゼ橋」にご案内します。
4 アヴィニョン滞在
(メネルブ)
(ゴルド)
(セナンク修道院)
(ルシヨン)
■終日、ピーター・メイル著〝南仏プロヴァンスの12ヶ月〞で有名になったリュベロン地方の観光。〞フランスの最も美しい村〞に選ばれているメネルブ、ゴルド、ルシヨンなどの村を巡ります。また、ロマネスク建築が美しいシトー派の「●セナンク修道院」にご案内します。 朝:○
昼:名
夕:×
【 アヴィニヨン 泊 】
★昼食にプロヴァンス地方の代表料理ラタトゥイユをどうぞ。
5 アヴィニョン
(ポン・デュ・ガール)
午前
バス
■朝食後、ローマ時代の水道橋である「●ポン・デュ・ガール」に立ち寄り、ゴッホゆかりの地アルルへ。 朝:○
昼:名
夕:○
【 アルル 泊 】
■途中、アルル郊外にある「●ゴッホのはね橋」を訪ねます。
★昼食は仔牛のオーブン焼きをどうぞ。
アルル ■午後、アルル市内観光。フランスロマネスクの傑作「●サン・トロフィーム教会」、ローマ時代の「●円形闘技場」や、〝夜のカフェテラス〞に描かれた「●カフェ・ヴァン・ゴッホ」、ゴッホが入院していた旧病院「◎エスパース・ヴァン・ゴッホ」にご案内します。
6 アルル 午前
バス
■朝食後、セザンヌの生まれ故郷エクス・アン・プロヴァンスへ。 朝:○
昼:名
夕:○
【 エクサン・プロヴァンス 泊 】
(レ・ボー)
(サン・レミ・ド・プロヴァンス)
■途中、レ・ボーや、かつてゴッホが入院していたサン・レミ・ド・プロヴァンスの「◎サン・ポール・ド・モーゾール修道院」を訪れます。
★昼食は白身魚のプロヴァンス風バジリコソースがけをご賞味下さい。
エクス・アン・プロヴァンス 午後 ■着後、エクス・アン・プロヴァンス市内観光へ。「◎セザンヌのアトリエ」「●サン・ソヴール大聖堂」や「●ミラボー通り」にご案内します。
7 エクス・アン・プロヴァンス
(ヴェルドン渓谷)

バス
■午前、大渓谷が広がるヴェルドン渓谷をドライブ。観光局より、〞フランスの美しい道〞に選ばれた素晴らしいプロヴァンスの山岳風景をお楽しみ頂きます。 朝:○
昼:○
夕:名
【 ニース 泊 】
■その後、コート・ダジュールを代表するリゾート地ニースに向かいます。
(ムスティエ・サント・マリー)
(ヴァンス)
■途中、陶器で有名なムスティエ・サント・マリーに立ち寄ります。
■また、ヴァンスにて、マティスがその晩年に装飾を手がけた「◎ロザリオ礼拝堂」を訪ねます。
ニース 夕刻 ★夕食は、ニース風サラダです。
8 ニース滞在
(アンティーヴ)
午前 ■午前、ニース近郊の観光へ。アンティーヴの「◎ピカソ美術館」と「●マルシェ(朝市)」にご案内します。 朝:○
昼:○
夕:○
【 ニース 泊 】
(サンポール・ド・ヴァンス) ■その後、〞鷲の巣村〞の一つ、サンポール・ド・ヴァンスへ。「●シャガールの墓」を訪れます。
(カーニュ・シュル・メール) ■ルノワール終焉の地、カーニュ・シュル・メールにて「◎ルノワールの家」にご案内します。
9 ニース滞在 午前 ■ニース市内観光。「◎シャガール美術館」、「◎マティス美術館」、旧市街の散策にご案内します。 朝:○
昼:○
夕:×
【 ニース 泊 】
□観光後、自由時間。
10 ニース滞在 午前 ■朝食後、モナコ公国の観光へ。途中、〝鷲の巣村〞エズにて「◎サボテン公園」から地中海の美しい眺望をお楽しみいただきます。 朝:○
昼:○
夕:○
【 ニース 泊 】
(モナコ公国) ■モナコ公国では「●グラン・カジノ」「●王宮広場」「●大聖堂」を訪れます。
(ヴィルフランシュ・シュル・メール) ■また、コクトーがデザインした「●サンピエール礼拝堂」で有名なヴィルフランシュ・シュル・メールを訪れます。
11 ニース・コートダジュール
飛行機
■朝、空路、パリ又はアムステルダム乗り継ぎ、帰国の途につきます。 朝:○
昼:×
夕:機
【 機中泊 】
12 東京 午前 ■午前、羽田又は成田空港到着。通関後、解散。
(※夕刻到着便となる場合がございます)
朝:機
昼:×
夕:×

旅行料金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約13,982円(16年11月20日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋
利用追加代金
ビジネスクラス
利用追加代金
催行欄 早割期限 仮予約
17年06月27日 アルル時代祭・ラヴェンダー 498,000円 92,000円 +350,000円 決 要問合せ 仮予約
17年10月13日 438,000円 92,000円 +350,000円 予 仮予約

ツアー詳細

発着地 東京発着
国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌・お問い合わせ下さい。)
国内線手配料金:片道10,000 往復20,000(税別)
利用予定航空会社 エールフランス航空、KLMオランダ航空
利用予定ホテル <マルセイユ>メルキュール・マルセイユ・サントル又は同等クラス
<アヴィニヨン>メルキュール・ポンタアヴィニョン又は同等クラス
<アルル>アルル・プラザ(旧カマルグ)又は同等クラス
<エクサン・プロヴァンス>ベストウェスタン・ガリス又は同等クラス
<ニース>メルキュール・ノートルダム又は同等クラス
<サンタ・マルゲリータ・リグレ>パーク・スイス又は同等クラス
食事回数 朝食:9回・昼食:9回・夕食:5回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 13名(最大22名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等 不要
旅券残存有効期間 帰国時3ヶ月以上

重要事項

  • ※現地での観光及び利用航空会社、ビジネスクラス利用、国内線、宿泊ならびに利用ホテルについては、パンフレットをご請求下さい。
  • ※朝食はビュッフェまたはアメリカン・スタイルです。
  • ※日程表内観光表記 ◎=入場観光、●=下車観光(外観)
  • ※6/27出発は一部観光順序を入れ替えてアルルの時代祭にご案内します。4日目、ラベンダーで有名なソーの町にも足をのばします。7日目ラベンダー街道もドライブします。
  • ※2日目のユニテ・ダビタシオンは他の観光客と一緒にご案内いたします。
  • ※6/27出発はラベンダー、ひまわりが美しい季節、10月以降は例年紅葉の季節です。(花や黄葉の見ごろは気象条件により前後する場合がございます)
  • ※ビジネスクラスの利用区間は東京⇔パリ又はアムステルダムです。
  • ※エールフランス航空利用の場合はプレミアムエコノミークラスのご希望を承ります。(追加料金:往復150,000円)
  • ※7日目はヴェルドン渓谷の交通事情により中型バスとなる場合がございます。

日程表の見かた

◎=入場観光、●=下車観光(外観)

早朝 4:00 - 6:00、朝 6:00 - 8:00、午前 8:00 - 11:00、昼 11:00 - 14:00、午後 14:00 - 17:00
夕刻 17:00 - 19:00、夜 19:00 - 22:00、深夜 22:00 - 24:00、未明 24:00 - 04:00

航空機 :航空機、 バス :バス、 電車 :電車、 船舶 :船舶、 4WD :4WD

お電話でのお問い合わせ
03-3265-1640
受付時間:平日 10:00 ~ 18:00
旅行企画・実施:


株式会社ユーラシア旅行社
観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階
このエントリーをはてなブックマークに追加