八重山諸島旅行・ツアー・観光特集~日本南西の果て、独自の生態系を育む島々へ~

日本最南端の波照間島、最西端の与那国島を含む合計23の島々からなる八重山諸島。亜熱帯の気候と島が形成した独自の自然を満喫する旅へ

  • 竹富島の集落©OCVB

  • 川平湾 

  • 浦内川マングローブクルーズ(イメージ)

  • 赤瓦が美しい伝統家屋©OCVB

  • コンドイ浜

 

 

八重山諸島とは

竹富島の集落の道 竹富島の集落©OCVB

玄関口となる石垣島をはじめ、西表島、与那国島、波照間島、小浜島、竹富島など、12の有人島と11の無人島を合わせた23の島々のことを指します。石垣島、西表島には標高500mほどの山がありますが、その他の島々はサンゴ礁が隆起してできた為、比較的平坦な島が多いのも特徴です。熱帯の植物も多く、河口部ではマングローブ林が発達しています。
 


 

八重山諸島の天気、ベストシーズン

亜熱帯海洋性気候に属し、周囲を流れる黒潮の影響も受けている為、1年を通して温暖です。
陸側の自然を楽しむのは、気温が上がりすぎない春、秋がおすすめです。マリンアクティビティを楽しみたい方は、3月下旬から海開きをしているところが多いですが、太陽の光を浴びて最も海が輝く夏がおすすめです。7月~9月にかけては台風にもご注意下さい。


 石垣島 今週の天気
 

八重山諸島への行き方、アクセス


 
本土から船でのアクセスはありません。八重山諸島の主島である石垣島に飛行機で渡り、各離島へ乗り継ぎもしくは、船便で移動していくことになります。主要な島々へのアクセスは以下の通りです。

【竹富島】
■石垣離島ターミナル⇔竹富港 高速船約15分
【小浜島】
■石垣離島ターミナル⇔小浜港 高速船約30分
【西表島】
■石垣離島ターミナル⇔西表島上原港 高速船約40分
■石垣離島ターミナル⇔西表島大原港 高速船約35分
【波照間島】
■石垣離島ターミナル⇔波照間港 高速船約1時間30分
【与那国島】
■那覇空港⇔与那国空港 約1時間15分
■石垣空港⇔与那国空港 約30分
■石垣離島ターミナル⇔与那国港 フェリー約4時間30分

 

主要な島の見どころ、お勧め観光スポット

石垣島

  • 川平湾

    川平湾 

  • 八重山上布/石垣市立八重山博物館

    石垣市立八重山博物館

島の北西部に位置し、 “カビラブルー”と呼ばれる美しいエメラルドグリーンの海が広がる川平湾。グラスボートに乗船しサンゴやそこに住む生き物たちを観察しましょう。また、私立八重山博物館で八重山諸島の歴史や文化を学ぶのも良いかもしれません。石垣グルメの石垣牛もお忘れなく。
詳しくはこちらの特集をご覧ください。


石垣島特集

西表島

  • 浦内川マングローブクルーズ/西表島(イメージ)JKOI

    浦内川マングローブクルーズ(イメージ)

  • マリユドゥの滝/西表島 JKOI

    マリユドゥの滝©OCVB

沖縄県で最大級の河川、浦内川。川に沿ってマングローブが生育しており、西表島らしい大自然が楽しめます。またクルーズ船で川を上っていくと日本の滝100選にも選ばれているマリユドゥ・カンピレーの滝もご覧いただけます。季節限定にはなりますが、固有種のヤエヤマボタルやサガリバナの鑑賞もお勧めです。
詳しくはこちらの特集をご覧ください。


西表島特集

竹富島

  • 竹富島の家屋

    赤瓦が美しい伝統家屋©OCVB

  • コンドイビーチ

    コンドイ浜

白壁に赤瓦の屋根のお家が並び、沖縄の原風景が残る島。水牛車に乗って集落を散策するゆったりと流れる島の雰囲気を感じていただけるのではないでしょうか。真っ白な砂浜とコバルトブルーのコントラストが美しいコンドイ浜や星の砂で有名なカイジ浜などビーチでゆったり過ごすのも良いかもしれません。
※カイジ浜は潮の流れが速く、遊泳することはできません。

 

小浜島

シュガーロード 小浜島 サトウキビ畑が広がるシュガーロード

八重山のへそとも呼ばれ、与那国島を除く8つの島々が見渡せる小浜島。大岳(うふだき)の展望台からは360°のパノラマが広がります。また、サトウキビの生産でも有名で、畑の間にまっすぐ通る道は、『シュガーロード』と呼ばれています。アップダウンがほとんどない島なので、自転車を借りて散策するのもお勧めです。
 

波照間島

  • ハテルマブルー 波照間島

    ハテルマブルーと呼ばれる海

  • 日本最南端の有人島/波照間島

    日本最南端の碑

波照間島といえば、日本最南端の地として有名です。最南端の碑はもちろん、見逃せません。また、八重山諸島の中でも屈指の美しさを誇る海は“ハテルマブルー”とも呼ばれます。時間のある方に是非お勧めしたいのが、星空の観察。沖縄や八重山諸島は、南十字星(サザンクロス)が観望できることで有名ですが、波照間島は緯度も低く、民家や街灯が少ないこともあり観察には抜群のスポットです。
※南十字星が観測できるのは、12月中旬から6月中旬までですが、4月下旬から6月中旬ごろまでが観測しやすくお勧めです。

 

与那国島

  • 日本最西端の碑 与那国島

    日本最西端の碑©OCVB

  • 診療所セット跡 与那国島

    診療所セット跡©OCVB

日本最西端の島。日本の領土の中で、東京から最も離れた島であり、すぐ隣の台湾との国境としても有名です。晴れた日には、台湾の山々を望むことも可能です。最西端の岬、西崎(いりさき)では、日本で一番最後に沈む夕日を眺めることもできます。また、ドラマ『Dr.コトー診療所』のロケ地でもあり、撮影のセットは内部の見学も可能です。(入場料300円)もちろん、独特な自然の宝庫であり、世界最大の蛾『ヨナグニサン』は天然記念物に指定されています。
 

おすすめ国内ツアーおすすめ国内ツアー

  • 奄美・沖縄、新世界自然遺産紀行~奄美大島・徳之島・沖縄島北部と西表島をめぐる~ 9日間

    奄美・沖縄、新世界自然遺産紀行~奄美大島・徳之島・沖縄島北部と西表島をめぐる~ 9日間