ユーラシアの旅で行く、世界遺産の旅(国内旅行編)

日本国内にも多くの素晴らしい景観、自然、文化があります。ユーラシアの旅では世界遺産を深く掘り下げます。

  • 高野山壇上伽藍の根本中堂

  • 知床五湖ウォーク©SHINRA

  • 下鴨神社

  • 生活の知恵がつまった合掌造り集落

  • 興福寺

 

 

世界遺産の始まりは、エジプトでの遺跡救出大作戦。アスワンハイダムの建設によって、ナイル川に沈む運命にあったアブシンベル神殿などヌビアの遺跡群を移築して保存する救済キャンペーンを実行したのです。この時、「人類共通の遺産」という世界遺産条約の基本的な考え方が広がり、「世界遺産条約」の採択へとつながっていきました。

2017年9月現在、日本にも、世界に誇るべき17の文化遺産、4つの自然遺産、合計21の世界遺産が登録されています。
皆さんは、21の内、いくつの世界遺産を知っていますか?
いくつの世界遺産を訪れたことがありますか?

ユーラシアの旅では、単なる世界遺産訪問だけではなく、その文化や歴史をより深く掘り下げる旅を企画しています。

【2018年に新たに登録!】長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

旧野首教会/野崎島 JKNP 12の構成資産のひとつ、野崎島・旧野首教会

17世紀から19世紀の2世紀以上にわたるキリスト教禁教政策の下で、長崎と天草地方において日本の伝統的宗教や一般社会と共生しながら信仰を続けた潜伏キリシタンの信仰継続にかかわる伝統のあかしとなる遺産群です。

五島列島の特集はこちら
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
18年10月27日(土)  しま旅助成対象12000円値下げ   【祝!世界遺産登録】五島列島巡礼の旅  176,000 円  催行決定 お問い合わせください  
18年11月06日(火)    【祝!世界遺産登録】天草・島原・外海の隠れキリシタンを巡る旅  128,000 円  催行決定 キャンセル待ち  
18年11月10日(土)  しま旅助成対象12000円値下げ   【祝!世界遺産登録】五島列島巡礼の旅  176,000 円  催行決定 お問い合わせください  
18年11月24日(土)  しま旅助成対象12000円値下げ   【祝!世界遺産登録】五島列島をめぐる旅~野崎島も訪問~  156,000 円  催行決定 お問い合わせください  
18年11月27日(火)  しま旅助成対象12000円値下げ   【祝!世界遺産登録】五島列島巡礼の旅  176,000 円  催行決定 お問い合わせください  
18年12月10日(月)  イルミネーション&クリスマスコンサート・しま旅助成対象12000円値下げ   【祝!世界遺産登録】五島列島巡礼の旅  176,000 円  催行決定 お問い合わせください  
19年03月05日(火)    【祝!世界遺産登録】天草・島原・外海の隠れキリシタンを巡る旅  128,000 円  申込多数 残席わずか  
19年03月12日(火)    中江ノ島周遊クルーズと平戸・生月聖地巡礼  138,000 円  申込多数  
19年04月04日(木)    長崎と天草地方の新世界遺産を全て制覇する旅  278,000 円  申込多数  

紀伊山地の霊場と参詣道(通称:熊野古道) 和歌山・三重・奈良

高野山壇上伽藍の根本中堂JWWY 高野山壇上伽藍の根本中堂

太平洋を臨む本州最南端の半島にある紀伊山脈の森の奥深くに広がる、吉野・大峰,熊野三山,高野山の3つの霊場は307キロに及ぶ参詣道により奈良や京都へと繋がっています。この霊場や参詣道、紀伊山脈の森が日本古代からの自然崇拝と仏教の山岳信仰や神仏習合思想、さらには極楽浄土があると信じられるようになり、世界遺産に指定された、独特な文化的景観を造り出しました。
 
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
18年10月29日(月)  中級ハイキング   語り部とゆく 熊野古道小辺路、果無越えと大峯奥駈道  118,000 円  催行決定 残席わずか  
18年11月01日(木)  紅葉の季節   地元語り部と歩く聖地高野山と九度山の世界遺産  118,000 円  催行決定 残席わずか  
18年11月21日(水)  紅葉の季節・初級ハイキング   語り部とゆく 紅葉の熊野古道・中辺路と川の古道舟下り  118,000 円  催行決定 残席わずか  
18年11月29日(木)  紅葉の季節・初級ハイキング   語り部とゆく 熊野古道大辺路、黒潮洗う太平洋を眺める長井坂越え  118,000 円   

宗像・沖ノ島と関連遺産群(福岡)

沖津宮遙拝所/大島 沖津宮遙拝所/大島(C)宗像大社

福岡県宗像市の玄海灘沖にある沖ノ島は、「海の正倉院」と呼ばれています。
自然崇拝の信仰・祭祀が4世紀から現代まで継承されていることから世界遺産となりました。大陸との交易や交流の中で航海の安全を祈願し、大量の奉献品を用いた大規模な祭祀が執り行われました。8万点にも及ぶ奉献品は全て国宝に指定されています。現在でも別名「神の島」と呼ばれる島全体が信仰の対象とされ、保護・管理されています。
 
 
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
18年11月13日(火)    “神宿る島”宗像・沖ノ島と関連遺産を極める旅  138,000 円  催行決定 残席わずか  
19年04月09日(火)    “神宿る島”宗像・沖ノ島と関連遺産を極める旅  138,000 円   

知床

知床五湖ウォーク©SHINRA JHKN 知床五湖ウォーク©SHINRA

シマフクロウやシレトコスミレといった絶滅危惧種をはじめ、知床には希少な動植物が分布しています。また、ヒグマやエゾシカ、トドやアザラシなどの大型哺乳類も高密度で生息しています。海から陸へとつながる生態系がわかりやすく見られること、希少な動植物の生息地となっていること、そしてこれらを保全していくための管理体制が整っていることが評価され、世界自然遺産に登録されました。
 
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
19年02月19日(火)    流氷で遊ぶ!冬の知床を満喫する旅  128,000 円   

古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)

下鴨神社JWKA 下鴨神社

世界遺産『古都京都の文化財』は京都府京都市、宇治市及び滋賀県大津市内の198の建物と12の庭園が指定されており、その殆どが10世紀から17世紀の間に造られました。
794年に唐の首都「長安城」をモデルに京都に平安京が建設されたのが京都の歴史の始まりです。政治機能が鎌倉や江戸に移った後も文化の担い手として1000年以上もの間、日本の木造建築の発展に大きな影響を与えてきました。古都京都の街並みとともに、各地で催される伝統行事も見学します。
 
 
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
18年12月03日(月)  紅葉の季節   古都京都、17すべての世界遺産物語  198,000 円  催行決定 キャンセル待ち  
19年03月14日(木)  北野天満宮 梅の花の季節   京都三大涅槃図鑑賞と鈴虫説法の旅  138,000 円   

白川郷・五箇山の合掌造り集落

白川郷・五箇山の合掌造り集落 生活の知恵がつまった合掌造り集落

日本有数の豪雪地帯ならではの、急こう配な傾斜を持った屋根がある住宅が残る五箇山(富山)や白川郷(岐阜)。
冬の間にどんどん降り続く雪を、極力雪降ろしする手間を減らすように工夫されたことが起源とされています。
現在ではこの昔ながらの合掌造りの家も少なくなってきましたが、相倉集落では23戸、菅沼集落では9戸が現存し、かつ今なお住宅として使用されています。
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
19年02月03日(日)    五箇山・雪あかりライトアップと氷見の寒ブリを食す  118,000 円   

古都奈良の文化財

興福寺

古都奈良市は710年から約70年間、都がおかれ、政治・経済・文化の中心として栄えました。中国(唐)との交流を通して日本文化の原型が形成されました。その後に都が京都へ移った後も、寺社を中心に宗教都市として繁栄しました。薬師寺・唐招提寺や世界最大の木造建物である東大寺など、古くは8世紀からの建造物で成り立っています。
 
 
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
18年10月31日(水)    奈良・葛城古道、神話の「高天原」と正倉院展  128,000 円  催行決定 残席わずか  
19年03月05日(火)    東大寺「お水取り」と世界遺産、古都奈良を歩く  128,000 円  申込多数 残席わずか  

琉球王国のグスク及び関連遺産群

首里城(イメージ)JKOS 首里城跡

12世紀から17世紀にかけての約500年に及ぶ琉球王国の歴史が世界遺産となった遺跡群(グスク)に刻まれています。10世紀から12世紀にかけて、琉球民族の農耕集落は石壁で集落を取り囲み、その後は本格的に領土を要塞化しグスク(城塞)と呼ばれるようになりました。15世紀に琉球を統一した琉球王国が成立しました。中国や朝鮮、東南アジアとの交易を経済的な基盤として日本の文化とは異なった独特の文化が形成されました。その特色を反映している文化遺産が城(グスク)です。
 
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
19年01月25日(金)    沖縄の寒緋桜と9つの全世界遺産を巡る  148,000 円  申込多数 残席わずか  

小笠原諸島

“宝石の島”と称される南島にも上陸します 小笠原諸島/“宝石の島”と称される南島

東京本土から南へ1,000キロ、東京を出発して船で約25時間の距離に位置する小笠原諸島。
この小笠原諸島は、かつてどことも地続きになったことがなく、どの大陸からも遠く離れた孤島、“海洋島”のひとつです。その為、小笠原諸島に生息する動植物は環境に適応し、独自の進化を遂げ、ユニークな生態系を創り上げました。別名「東洋のガラパゴス」と呼ばれ、大自然溢れる小笠原諸島は、2011年に世界遺産に登録されている。
 
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
19年02月02日(土)  初級ハイキング・クジラの回遊シーズン   世界遺産・小笠原のすべて  12  398,000 円  催行決定 お問い合わせください  
19年03月01日(金)  クジラの回遊シーズン   ぱしふぃっくびいなすで行く!世界自然遺産・小笠原クルーズ  278,000 円  申込多数  
19年03月28日(木)  クジラの回遊シーズン   憧れの小笠原、父島・母島ハイライト  228,000 円  申込多数 残席わずか  

白神山地

白神山地/ブナ林散策路(青森) 白神山地/ブナ林散策路(青森)

白神山地は青森県と秋田県に跨っており、白神山脈全体の1/3、青森県側が74%、秋田県側が26%の割合で世界遺産に登録されています。約10000年前からの原生ブナ林が殆ど人間の影響を受けず、今も手付かずのまま残っており、世界最大級のブナ原生林です。
日本海沿いの豪雪地域でありながら、白神山地は日本固有のブナのみで形成される森林なのです。その他クマゲラのような希少な鳥類や、ニホンカモシカ、ツキノワグマのような大型哺乳類など多種多様な動植物が生息・自生するなど貴重な生態系が保たれています。
 
 
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
18年10月27日(土)  紅葉の季節(白神山地・森吉山)・初級ハイキング   紅葉の白神山地と十二湖を歩く  128,000 円  催行決定 お問い合わせください  

石見銀山遺跡とその文化的景観

石見銀山坑道跡 石見銀山坑道跡

銀の精錬には大量に木材が必要でしたが、石見銀山周辺は今も広葉樹など豊かな森林が残っています。世界遺産に指定された理由の一つに、自然環境を破壊しない、「自然環境と共存した産業遺跡」であることが評価されました。「間歩」と呼ばれる奥深い坑道内部にはノミの跡が残り、当時の作業の様子を知ることができます。周辺には銀山で亡くなった人々を供養する為に建てられ、501体の羅漢像が安置される羅漢寺や銀山で栄えた豪商の邸宅など当時の面影を残す町並みが残っています。

屋久島

縄文杉トレッキングの道中にてJKGY 縄文杉トレッキングの道中にて

九州本土の南60kmに位置する屋久島。その年間降水量は、本州の約2~3倍とも言われ、島内の山岳部では年間10,000mmもの雨が大地に降り注ぎ、世界的にみても稀有な屋久島の生態系を育みました。
そんな屋久島を代表するのが縄文杉です。屋久島の標高500m以上に自生する杉の中で、樹齢が500年を越える杉を屋久杉、満たないものを小杉と、地元の人々は呼んでいます。その屋久杉を代表する古木が1966年に発見されました。幹の形が縄文土器に似ており、当時の推定樹齢が4,000年以上で縄文時代から生き続けていることから、と諸説あるものの、その古木は縄文杉と名付けられました。 
 
 
出発日 ポイント ツアー名 日数 旅行代金 催行
19年04月01日(月)  中級ハイキング   ベストシーズンの屋久島!縄文杉と白谷雲水峡を歩く  178,000 円   

以下の世界遺産にご案内するコースは現在設定がございません

日光の社寺

日光東照宮 日光東照宮

日光は8世紀から男体山を中心とする山岳信仰の聖地で、僧侶達により、神聖な山々の斜面や山麓、中禅寺湖畔に社寺が造営されました。17世紀には徳川初代将軍家康の霊廟として東照宮が造られ、徳川幕府の聖地となりました。幕府が総力をあげて造営した建物は、人物・動物・植物などの彫刻が多く、漆塗や彩色、飾り金具などで華やかに飾られており、徳川家の莫大な富を反映しています。世界遺産に登録された日光の社寺は、東照宮及び二荒山神社と輪王寺内の103の宗教建造物から構成されています。


 

富岡製糸場と絹産業遺産群

富岡製紙工場 富岡製紙場

明治5年(1872)に明治政府が設立した官営の製糸場で、木骨レンガ造の繭倉庫や繰糸場がほぼ完全に残っています。当時は最先端の工場として養蚕・製糸業を世界一の水準に引き上げ、日本が先進国の仲間入り果たすきっかけともなりました。
関連施設として、富岡製糸場の他に、二つの養蚕学校と蚕卵保管庫も世界遺産に登録されています。
 
 
 

国立西洋美術館本館 – (ル・コルビュジエの建築と都市計画の一部として)

国立西洋美術館 国立西洋美術館

パリを拠点に活躍し、近代建築三大巨匠のひとりと言われているフランス人建築家ル・コルビュジエの作品の中から選ばれた3大陸7か国(日本・フランス・ドイツ・スイス・ベルギー・アルゼンチン・インド)にある建築群で構成されています。
「住宅は住むための機械である」という思想のもと、建築作品の多くが鉄筋コンクリートで造られているのが特徴です。ル・コルビュジエの作品は、合理的かつ機能的なデザインで、建築だけでなく都市計画においても大きな影響を与えたといわれています。
 

富士山

富士山 富士山

富士山はその美しさと共に古来からの噴火により、神の山として畏れられ、崇められてきました。かつては遠くから仰ぎ見て崇拝する信仰の対象でしたが、日本古来の山岳信仰の「修験道」の道場となり、江戸時代には「富士講」として登って参拝する山へと変化していきました。富士講は関東を中心に大流行し、多くの人々が霊地富士山へ登山巡礼をするようになりました。富士山の登山道も生きている信仰として、山麓の神社や湖などとともに、世界遺産として登録されています。
 

法隆寺地域の仏教建造物

法隆寺 法隆寺

法隆寺と法起寺の48棟の木造建築物が世界遺産です。別名は斑鳩寺(いかるがでら)と呼ばれ、聖徳太子が父・用明天皇のために創建したと伝えられており、仏教が日本に伝わった後の7世紀に建立されました。世界でも最古の木造建築物の一つとされています。柱に見られるエンタシスという様式は遠くシルクロードを伝わり、古代のギリシャ建築の流れを汲んでいます。またその後の日本における仏教建築にも深い影響を与えました。創建時の法隆寺の建物は焼失しましたが、火事の直後に再建が始まり、8世紀初期に完成しています。
 

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

軍艦島(C)長崎旅ねっと 軍艦島/長崎(C)長崎旅ねっと

1850年代から1910年にかけて日本の重工業化に貢献した遺産群です。
長崎市の炭鉱「軍艦島」をはじめ、山口県萩市のたたら製鉄遺跡や旧グラバー住宅、官営八幡製鉄所など山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・鹿児島・岩手・静岡の8県に点在する23資産が幕末期の西洋技術の導入や、その後の国家主導で発展させてきた鉄鋼・製鉄、造船、石炭産業の近代工業化を示す世界遺産となりました。
 

平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群

平泉・中尊寺本堂 平泉・中尊寺本堂

奥州平泉は11世紀~12世紀にかけて東北地方の政治、経済の中心地となりました。当時の京都に匹敵するほど発展したと言われています。東北地方の一族であった藤原氏により4つの平泉庭園が建設されました。その庭園は現世における理想世界を現すものとして、泉水や樹木、金鶏山の山頂と仏堂を配置し、極楽浄土の光景を現しています。松尾芭蕉の有名な俳句、「夏草や 兵どもが 夢の跡」は短くも華やかに散った藤原氏の栄華を詠んだ歌です。
 

厳島神社(宮島)

宮島の厳島神社(写真提供広島県) 宮島の厳島神社(写真提供広島県)

厳島神社の創建は593年(推古元年)です。12世紀に平清盛によって現存の規模に造営されたと伝えられています。伝統的な日本の神道の建築スタイルに習い、信仰の対象である背後の山や自然を拝むできるように山麓に作られました。海と背後の山々との調和した風景は日本の美の定番です。背後には神体山があり、手つかずの原生林が残りました。建物が海にせり出すように築かれたのは、神聖な島に建造物を建てるのを避けた為であった為と言われています。昔から宮島全体が神社地として保護され、農耕が禁じられてきたことから、当時のままの姿で保存されています。
 

原爆ドーム

写真提供:広島県 原爆ドーム(写真提供:広島県)

1945年8月6日に世界で初めて投下された原子爆弾の爆心地付近に残った唯一の建物です。
原爆ドームは人類が作り出した最も破壊的な力である原子力爆弾の象徴であるだけでなく、世界平和と核兵器の根絶への希望を表現するものです。建物は原爆の爆心地から約160メートルの至近距離にあり、熱線と爆風により全焼しましたがドーム中心部は奇跡的に倒壊を免れました。「原爆ドーム」という呼び名は、建物の屋根が傘状に残っている姿から呼ばれ始めました。
 

姫路城

“平成の大改修”を終え、白亜の城として蘇った姫路城と桜 JWHH “平成の大改修”を終え、白亜の城として蘇った姫路城と桜

鎌倉時代末期に築かれたお城を、羽柴(豊臣)秀吉が三層の天守閣を持つ城郭に改修しました。その後、池田輝政が約8年の歳月をかけて、五層7階の大天守を持つ現在の城を築きました。日本で唯一の連立式天守になっており、白壁が美しく華やかな構成美が羽を広げて舞う白鷺にたとえられ白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも言われています。
約5年に亘って行われた“平成の大修理”を経て、現在、かつての姿を取り戻しました。