旅行代金
1,098,000円
目的地
エスワティニ、マラウイ、モザンビーク、レソト、南アフリカ共和国
出発日
2024年9月19日(木)
発着地
東京
ツアー日数
10日
ツアーコード
BWSM
ツアーのポイント

●知られざるレソト、エスワティニ、モザンビーク、マラウィへ!
●ミネラルウォーターを毎日お一人様1本ずつご用意します。(航空機の移動日を除く)

日程表

日程 訪問都市 時刻 スケジュール 食事
1日目 □成田又は羽田空港に出発の3時間前に集合。
×
×
東京 ■夜、空路、ソウル経由、アディスアベバ、ヨハネスブルグ乗り継ぎ、又は中東内都市乗り継ぎ、南アフリカのダーバンに向かいます。

【 機中泊 】

2日目 ダーバン ■着後、ホテルへ。

【 ダーバン泊 】

×
×
3日目 ダーバン 午前 ■朝食後、ドラケンスバーグ山脈の麓に佇むアンダーバーグへ向かいます。
ピーターマリッツバーグ ■途中、ピーターマリッツバーグにて「●マハトマ・ガンジーの像」、「●シティ・ホール」へ立ち寄ります。
★ピーターマリッツバーグはマハトマ・ガンジーが無抵抗運動を実行するきっかけとなった地として有名です。
(約210km/4時間) ■また、ホーウィックでは、前南アフリカ大統領「●ネルソン・マンデラの巨像」、落差92mの「●ホーウィックの滝」にご案内します。
アンダーバーグ 夕刻

【 アンダーバーグ又は近郊泊 】

4日目 アンダーバーグ滞在 ■朝食後、雄大なドラケンスバーグのサニ・パス峠(2873m)を越えてレソトに入国し、「●バソト族の村」に立ち寄ります。
■その後、モコトロング村へ向かいます。到着後、散策をお楽しみ下さい。
★途中、レソトの美しき山岳風景を車窓からご覧下さい。息を飲むような絶景が続きます。
(往復約200km/4時間) ■観光後、アンダーバーグに戻ります。

【 アンダーバーグ又は近郊泊 】

5日目 アンダーバーグ ■朝食後、前日に引き続き、南アフリカの峻険なる山々の景勝地ドラケンスバーグを望みながら、エスワニティニの首都ムババーネに向かいます。
(約640km/8.5時間)
ムババーネ

 【 ムババーネ 泊 】

6日目 ムババーネ ■午前、スワジ王家の都エズルウィニ渓谷へ向かいます。
ロバンバ ■途中、郊外の村ロバンバの観光。スワジ王家や文化が紹介されている「◎国立博物館」や「●キング・ソブーサ像」にご案内します。
スワジ村 ★スワジ文化村にて民俗舞踊をご覧下さい。
(合計約250km/5時間) ■その後、国境を越え、モザンビークのマプトへ向かいます。
マプト 夕刻

【 マプト泊 】

7日目 マプト滞在 ■朝食後、マプト市内観光。ゾウの胎児のホルマリン漬けで有名な「◎自然史歴史博物館」へご案内します。
■また、「●ノサ・セニョーラ要塞」、「●マプト駅」、エッフェルが設計した「●鉄の家」に立ち寄ります。

【 マプト泊 】

8日目 マプト 早朝 ■朝、空路、アフリカ内都市乗り継ぎ、リシンガ又はリロングウェへ向かいます。
×
リシンガ又はリロングウェへ 午後 ■着後、マンゴチへ向かいます。「●マラウィ湖」をご覧いただきます。
(約320km/6時間)
マンゴチ 夕刻

【 マンゴチ泊 】

9日目 マンゴチ
(約250km/4時間)
早朝 ■早朝、リロングウェへ向かいます。
×
×
リロングウェ ■昼、空路、アディスアベバ乗り継ぎ、ソウル経由、又はアフリカ内都市、中東内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。
10日目 東京 深夜 ■深夜、成田又は羽田空港到着。通関後、解散。
×
×
基本日程
1日目

□成田又は羽田空港に出発の3時間前に集合。

■夜、空路、ソウル経由、アディスアベバ、ヨハネスブルグ乗り継ぎ、又は中東内都市乗り継ぎ、南アフリカのダーバンに向かいます。

【 機中泊 】

食事
×
×
2日目

■着後、ホテルへ。

【 ダーバン泊 】

食事
×
×
3日目

■朝食後、ドラケンスバーグ山脈の麓に佇むアンダーバーグへ向かいます。

■途中、ピーターマリッツバーグにて「●マハトマ・ガンジーの像」、「●シティ・ホール」へ立ち寄ります。
★ピーターマリッツバーグはマハトマ・ガンジーが無抵抗運動を実行するきっかけとなった地として有名です。

■また、ホーウィックでは、前南アフリカ大統領「●ネルソン・マンデラの巨像」、落差92mの「●ホーウィックの滝」にご案内します。

【 アンダーバーグ又は近郊泊 】

食事
4日目

■朝食後、雄大なドラケンスバーグのサニ・パス峠(2873m)を越えてレソトに入国し、「●バソト族の村」に立ち寄ります。

■その後、モコトロング村へ向かいます。到着後、散策をお楽しみ下さい。
★途中、レソトの美しき山岳風景を車窓からご覧下さい。息を飲むような絶景が続きます。

■観光後、アンダーバーグに戻ります。

【 アンダーバーグ又は近郊泊 】

食事
5日目

■朝食後、前日に引き続き、南アフリカの峻険なる山々の景勝地ドラケンスバーグを望みながら、エスワニティニの首都ムババーネに向かいます。

 【 ムババーネ 泊 】

食事
6日目

■午前、スワジ王家の都エズルウィニ渓谷へ向かいます。

■途中、郊外の村ロバンバの観光。スワジ王家や文化が紹介されている「◎国立博物館」や「●キング・ソブーサ像」にご案内します。

★スワジ文化村にて民俗舞踊をご覧下さい。

■その後、国境を越え、モザンビークのマプトへ向かいます。

【 マプト泊 】

食事
7日目

■朝食後、マプト市内観光。ゾウの胎児のホルマリン漬けで有名な「◎自然史歴史博物館」へご案内します。

■また、「●ノサ・セニョーラ要塞」、「●マプト駅」、エッフェルが設計した「●鉄の家」に立ち寄ります。

【 マプト泊 】

食事
8日目

■朝、空路、アフリカ内都市乗り継ぎ、リシンガ又はリロングウェへ向かいます。

■着後、マンゴチへ向かいます。「●マラウィ湖」をご覧いただきます。

【 マンゴチ泊 】

食事
×
9日目

■早朝、リロングウェへ向かいます。

■昼、空路、アディスアベバ乗り継ぎ、ソウル経由、又はアフリカ内都市、中東内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。

食事
×
×
10日目

■深夜、成田又は羽田空港到着。通関後、解散。

食事
×
×
日程表の見方
食事について
  • 食事つき
  • 各地の名物料理
  • 弁当(ボックスミール)
  • 機内食
  • ×食事なし
観光について
  • 入場観光
  • 下車観光(外観)
移動について
  • 飛行機
  • バス
  • 電車
  • 船舶
  • 4WD・小型車
  • ハイキング
時間帯について
  • 早朝 4:00
  • 6:00
  • 午前 8:00
  • 11:00
  • 午後 14:00
  • 夕刻 17:00
  • 19:00
  • 深夜 22:00
  • 未明 24:00 4:00

旅行代金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約92,570円(23年011月1日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)

出発日 旅行代金 お一人部屋
利用追加代金
ビジネス
クラス
利用追加代金
催行
2024年9月19日(木) 1,098,000円 128,000円 +690,000円 申込多数 残席僅か
お一人部屋 (利用追加代金) 128,000円
ビジネスクラス (利用追加代金) +690,000円

※ビジネスクラスのご利用区間:東京→最初に到着するアフリカ内都市、最後に出発するアフリカ内都市→東京間
※当面の間、新型コロナウイルス感染防止対策の観点から、他のお客様との相部屋の予約受付を中止させていただきます。

催行欄の見方
募集中
現在募集中です。
催行決定
催行(出発)が決定しています。
申込多数
ご出発の45日~30日前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)
  • 残席僅か
    ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち
    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • 要問合せ
    詳細は要問合せ。
  • 空席状況は常に変動しており、お申込みのタイミングによっては満席の場合もございます。ご了承ください。
  • 出発が決定しているツアーでも、査証、航空便、現地手配等の事情により、締切りとなったツアーは掲載していない場合もございます。
    ご検討中のツアーがございましたら、お気軽にお問合せください。

旅行条件

利用予定ホテル <ダーバン>トロピカーナ 又は同等クラス
<アンダーバーグ>ドラゲンスバーグ・ガーデンズ 又は同等クラス
<ムババーネ>ルゴゴサン 又は同等クラス
<マプト>サザンサンマプト 又は同等クラス
<マンゴチ>ンコポラロッジ 又は同等クラス
食事回数 朝食:6回・昼食:5回・夕食:6回(食事回数に機内食は含まれておりません)
最少催行人数 10名(最大19名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等 必要:マラウイ
渡航手続手数料:5,500円(税込)

必要書類:
●旅券(パスポート)

証明写真:
1枚(4.5cm×3.5cm)

注意事項:
★必要書類をご出発の約30日前までに届くよう簡易書留郵便にてご送付下さい。到着が遅れますと、ビザを取得できない場合がございますのでご注意下さい。又、お預かりしましたパスポートはご出発日までご返却できません。

予防接種:
黄熱病予防接種証明書が必要です。ご出発の10日前までを目安に必ずお受け下さい。
旅行残存有効期間 マラウィ入国時(8日目)6か月以上必要
査証欄余白 12頁以上推奨(うち連続で見開き4頁以上)

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。
※開閉館の都合により観光日や観光順序を入れ替えてご案内する場合がございます。
※航空便のスケジュールが非常に流動的です。航路の調整により、日本発着時間や飛行時間が変更となる場合がございます。
※旅券・写真、預金残高証明書は出発1ヶ月前を目処にご準備下さい。又、お預かりしました旅券はご出発日までご返却できません。
※黄熱病予防接種証明書(イエローカード)が必要です。ご出発の40日前までを目安に必ずお受け下さい。
※土地柄、2名様でのご参加の場合、ダブルベッド利用になる場合がございます。
※一部の移動は4WDに分乗して頂きます。また、その他の移動も分乗となる場合がございます。その場合、添乗員が同乗しない場合もございますので予めご了承下さい。
※移動は小型~中型バス利用となります。
※お一人で参加され、他の参加者との相部屋を希望される場合は、ご旅行申込時にお申し出ください。最終的(ご旅行出発時)にお相手となる同性の方がいらっしゃる場合に限り、相部屋という条件にて承ります。お相手がいらっしゃらない場合にはお一人部屋をご利用いただき、お一人部屋利用追加代金を申し受けます。
※国内線追加代金:本州/往復22,000円、片道11,000円、北海道・四国・九州・沖縄/往復32,000円、片道16,000円(税込)

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
日本旅行業協会正会員
〒102-8642
東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

03-3265-1691

営業時間 10:00~17:00(土日祝除く)

関連する旅行