旅行代金
758,000円 ~ 848,000円
目的地
ジョージア(グルジア)、アゼルバイジャン、アルメニア、コーカサス三国
出発日
2024年8月10日(土)~ 2024年10月12日(土)
発着地
東京
ツアー日数
9日
ツアーコード
EM09
ツアーのポイント

●文明の十字路と言われるコーカサス三国、国内線を利用して9日間で効率よく訪れます。
●バクー、トビリシ、エレバンでは、5つ星ホテルに宿泊。
●ジョージア(グルジア)では、軍用道路を北上し、ジープに分乗して“天国に1番近い教会”と称されるツミンダ・サメバ教会も訪問。
●ジョージア(グルジア)では、民家で家庭料理をご用意。”おふくろの味”も楽しみです。
●旅行代金は総額表示!燃油サーチャージや空港税など約98,230円(23年12月20日現在の目安)を含んでいます。

日程表

日程 訪問都市 時刻 スケジュール 食事
1日目 □成田空港又は羽田空港に出発の2時間前に集合。
×
×
東京 深夜 ■深夜、空路、中東内都市乗り継ぎ、アゼルバイジャンの首都バクーへ向かいます。
2日目 バクー滞在 午後 ■着後、城砦都市バクー市内観光。「◎シルヴァン・シャフ・ハーン宮殿」と「●乙女の望楼」、「●シェマハ門」、「●殉死者の小路」にご案内します。
×
■その後、カスピ海のミニ・クルーズ(約30分)をお楽しみ下さい。(注1)
★夕食は、チョウザメのグリルをお召し上がり下さい。
3日目 バクー
ゴブスタン
午前 ■着後、バクー近郊の「◎拝火教寺院」、「●ゴブスタンの岩絵」を見学。その後、〝燃える山?「●ヤナル・ダグ」へ。
■その後、バクーの「◎絨毯博物館」を見学します。(注2)
(合計140㎞/3時間) ★昼食は名前も姿も餃子に似ているギュルザをどうぞ。
深夜 ■深夜、空路、ジョージアの首都トビリシへ。
トビリシ 深夜
4日目 トビリシ
(約85㎞/1.5時間)
■朝食後、トビリシ市内観光。「◎国立美術館(ナショナルギャラリー)」、「●メテヒ教会」、「●シオニ教会」、「●シナゴーク」、「●ハマム」、にご案内します。
カヘチ地方
(約240㎞/4.5時間)
■その後、カヘチ地方へ向かいます。
■途中、ユネスコ無形文化遺産に指定されたクヴェヴリ(壺)を使った伝統的なジョージアワインの製造を続けるワイン農家にて、ジョージアワインの試飲をお楽しみ下さい。
★昼食は、民家で家庭料理です。シャシリク(肉の串焼き)、ハチャプリ(チーズピザ)、マツォーニ(カスピ海ヨーグルト)をどうぞ。
■観光後、かつてのシルクロードの交易路でコーカサス山脈を縦断しているジョージア軍用道路を北上し、グダウリヘ向います。
グダウリ又はカズベギ ■途中、「●アナヌリ教会」へ立ち寄ります。
5日目 グダウリ
十字架峠
(約35㎞/1時間)
■朝、標高2,395mにある十字架峠、5,000m級の峰々を望むカズベギ(ステパンツミンダ)へ向かいます。また、ジープに分乗し、14世紀に建てられた山の上の教会「●ツミンダ・サメバ教会」(ゲルゲティ三位一体教会)にご案内します。
カズベキ
(約135㎞/3.5時間)
■観光後、再びジョージア軍用道路を通り、首都トビリシへ戻ります。
ムツヘタ
(約25㎞/1時間)
夕刻 ■途中、紀元前4~5世紀に栄えた町ムツヘタの文化財群観光。「●ジュワリ教会」、「◎スヴェティツホヴェリ教会」へご案内します。
★夕食は、シュクメルリ(鶏のクリームオーブン焼き)ジョージア風水餃子ヒンカリをどうぞ。
6日目 トビリシ
(約110㎞/3時間)
■朝食後、国境を越え、アルメニアの首都エレバンへ。
ハフパト
(約15㎞/0.5時間)
サナヒン
(約130㎞/3時間)
■途中、「◎ハフパト修道院」、「◎サナヒン修道院」を見学します。
セヴァン
(約70㎞/1.5時間)
■また、セヴァン湖を望む「●セヴァン修道院」へ。
エレバン ★夕食は、アルメニア名物ドルマです。
7日目 エレバン滞在
ホルヴィラップ
■朝、アララト山を望む「◎ホルヴィラップ修道院」を訪ねます。
エチミアジン ■その後、エチミアジンの大聖堂と教会群及びズヴァルトノツの古代遺跡の観光へ。「●エチミアジン大聖堂」と「◎宝物庫」にご案内します。又、エレバン市内の「◎マテナダラン(古文書保管所)」を見学します。
ゲハルト
(合計120㎞/3時間)
■また、「◎ガルニの神殿」と「◎ゲハルト洞窟修道院」にご案内します。
★夕食は、フルンジ(パイ包み焼)を、アルメニアの民族音楽とともに。
8日目 エレバン ■昼、空路、中東内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。
×
9日目 東京 深夜 ■深夜、成田空港又は羽田空港到着。通関後、解散。
×
×
基本日程
1日目

□成田空港又は羽田空港に出発の2時間前に集合。

■深夜、空路、中東内都市乗り継ぎ、アゼルバイジャンの首都バクーへ向かいます。

食事
×
×
2日目

■着後、城砦都市バクー市内観光。「◎シルヴァン・シャフ・ハーン宮殿」と「●乙女の望楼」、「●シェマハ門」、「●殉死者の小路」にご案内します。

■その後、カスピ海のミニ・クルーズ(約30分)をお楽しみ下さい。(注1)

★夕食は、チョウザメのグリルをお召し上がり下さい。

食事
×
3日目

■着後、バクー近郊の「◎拝火教寺院」、「●ゴブスタンの岩絵」を見学。その後、〝燃える山?「●ヤナル・ダグ」へ。

■その後、バクーの「◎絨毯博物館」を見学します。(注2)

★昼食は名前も姿も餃子に似ているギュルザをどうぞ。

■深夜、空路、ジョージアの首都トビリシへ。

食事
4日目

■朝食後、トビリシ市内観光。「◎国立美術館(ナショナルギャラリー)」、「●メテヒ教会」、「●シオニ教会」、「●シナゴーク」、「●ハマム」、にご案内します。

■その後、カヘチ地方へ向かいます。

■途中、ユネスコ無形文化遺産に指定されたクヴェヴリ(壺)を使った伝統的なジョージアワインの製造を続けるワイン農家にて、ジョージアワインの試飲をお楽しみ下さい。

★昼食は、民家で家庭料理です。シャシリク(肉の串焼き)、ハチャプリ(チーズピザ)、マツォーニ(カスピ海ヨーグルト)をどうぞ。

■観光後、かつてのシルクロードの交易路でコーカサス山脈を縦断しているジョージア軍用道路を北上し、グダウリヘ向います。

■途中、「●アナヌリ教会」へ立ち寄ります。

食事
5日目

■朝、標高2,395mにある十字架峠、5,000m級の峰々を望むカズベギ(ステパンツミンダ)へ向かいます。また、ジープに分乗し、14世紀に建てられた山の上の教会「●ツミンダ・サメバ教会」(ゲルゲティ三位一体教会)にご案内します。

■観光後、再びジョージア軍用道路を通り、首都トビリシへ戻ります。

■途中、紀元前4~5世紀に栄えた町ムツヘタの文化財群観光。「●ジュワリ教会」、「◎スヴェティツホヴェリ教会」へご案内します。

★夕食は、シュクメルリ(鶏のクリームオーブン焼き)ジョージア風水餃子ヒンカリをどうぞ。

食事
6日目

■朝食後、国境を越え、アルメニアの首都エレバンへ。

■途中、「◎ハフパト修道院」、「◎サナヒン修道院」を見学します。

■また、セヴァン湖を望む「●セヴァン修道院」へ。

★夕食は、アルメニア名物ドルマです。

食事
7日目

■朝、アララト山を望む「◎ホルヴィラップ修道院」を訪ねます。

■その後、エチミアジンの大聖堂と教会群及びズヴァルトノツの古代遺跡の観光へ。「●エチミアジン大聖堂」と「◎宝物庫」にご案内します。又、エレバン市内の「◎マテナダラン(古文書保管所)」を見学します。

■また、「◎ガルニの神殿」と「◎ゲハルト洞窟修道院」にご案内します。

★夕食は、フルンジ(パイ包み焼)を、アルメニアの民族音楽とともに。

食事
8日目

■昼、空路、中東内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。

食事
×
9日目

■深夜、成田空港又は羽田空港到着。通関後、解散。

食事
×
×
日程表の見方
食事について
  • 食事つき
  • 各地の名物料理
  • 弁当(ボックスミール)
  • 機内食
  • ×食事なし
観光について
  • 入場観光
  • 下車観光(外観)
移動について
  • 飛行機
  • バス
  • 電車
  • 船舶
  • 4WD・小型車
  • ハイキング
時間帯について
  • 早朝 4:00
  • 6:00
  • 午前 8:00
  • 11:00
  • 午後 14:00
  • 夕刻 17:00
  • 19:00
  • 深夜 22:00
  • 未明 24:00 4:00

旅行代金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約98,230円(23年12月20日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)

出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋
利用追加代金
ビジネス
クラス
利用追加代金
催行
2024年8月10日(土) 848,000円 99,000円 +600,000円 催行決定 残席僅か
2024年10月12日(土) 黄葉の季節 758,000円 99,000円 +500,000円 申込多数
お一人部屋 (利用追加代金) 99,000円
ビジネスクラス (利用追加代金) +600,000円
お一人部屋 (利用追加代金) 99,000円
ビジネスクラス (利用追加代金) +500,000円

※ビジネスクラスご利用区間:東京⇔中東内都市
※花や黄葉の見ごろは、その年の気象条件により多少前後します。

催行欄の見方
募集中
現在募集中です。
催行決定
催行(出発)が決定しています。
申込多数
ご出発の45日~30日前頃に催行決定とさせていただく予定です。(今後のキャンセル状況によっては催行中止になる場合もございます。)
  • 残席僅か
    ご予約いただける席が4席以下になっています。
  • キャンセル待ち
    現在確保している席は満席です。増席、またはキャンセル待ちを承ります。
  • 要問合せ
    詳細は要問合せ。
  • 空席状況は常に変動しており、お申込みのタイミングによっては満席の場合もございます。ご了承ください。
  • 出発が決定しているツアーでも、査証、航空便、現地手配等の事情により、締切りとなったツアーは掲載していない場合もございます。
    ご検討中のツアーがございましたら、お気軽にお問合せください。

旅行条件

発着地 東京発着・国内線手配可能(札幌・名古屋・大阪・福岡など35都市)※下部参照
利用予定航空会社 エミレーツ航空,カタール航空
利用予定ホテル <バクー>ポイント ホテル(旧カフカズ ポイント) 又は同等クラス
<トビリシ>ラディソンBLUイヴェリア 又は同等クラス
<グダウリ>マルコポーロ 又は同等クラス
<トビリシ>ラディソンBLUイヴェリア 又は同等クラス
<エレバン>マリオット 又は同等クラス
食事回数 朝食:6回・昼食:5回・夕食:6回(食事回数に機内食は含まれておりません)
最少催行人数 10名(最大19名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等 アゼルバイジャン:必要 現地取得
<その他注意事項>
ジョージアは入国時及び滞在中に海外旅行保険の加入が義務付けとなっており、保険証券(原本)の提示を求められる場合があります。保険証券(原本)は滞在中必ず携帯をお願いします。尚、保険の条件および注意事項は以下の通りです。
1.滞在日数をカバーするもの。(補償金額の指定はありません。)
2.クレジットカード付帯保険の場合は、補償内容が確認できる書類を持参する(英文が望ましいが日本語も可)
旅行残存有効期間 ジョージア(グルジア)入国時(3日目)6ヶ月以上必要
査証欄余白 1ページ以上

重要事項

※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡し(ご郵送)いたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。
※開閉館の都合により観光日や観光順序を入れ替えてご案内する場合がございます。
※ジョージア軍用道路は4WDに分乗する場合がございます。
※【注1】カスピ海クルーズは天候、水位低下などにより中止となる場合がございます。この場合は代替としてマサズィル・ギュル(ピンクレイク)にご案内します。
※【注2】バクーの絨毯博物館は、突然閉館となることもあります。その際はバクーのに歴史博物館にご案内致します。
※朝食はビュッフェまたはアメリカン・スタイルです。
※ミネラルウォーターを毎日、お一人様につき1本ご用意します!(航空機の移動日を除く)
※食後にコーヒー又は紅茶をお付けします。
※当ツアーでは切手を貼った特製ポストカードをおひとり様3枚プレゼント。
※お一人で参加され、他の参加者との相部屋を希望される場合は、ご旅行申込時にお申し出ください。最終的(ご旅行出発時)にお相手となる同性の方がいらっしゃる場合に限り、相部屋という条件にて承ります。お相手がいらっしゃらない場合にはお一人部屋をご利用いただき、お一人部屋利用追加代金を申し受けます。
※国内線追加代金:本州/往復22,000円、片道11,000円、北海道・四国・九州・沖縄/往復32,000円、片道16,000円(税込)

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
日本旅行業協会正会員
〒102-8642
東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

03-3265-1691

営業時間 10:00~17:00(土日祝除く)

関連する旅行

関連する特集