旅行代金
-
目的地
島根県、山口県、福岡県
出発日
-
発着地
東京
ツアー日数
-
ツアーコード
JSYS
ツアーのポイント

●現地合流プランもございます。
●伊藤博文ら著名人が愛し、日清講和会議の舞台となった下関の迎賓館「春帆楼」本店で、旬のふぐ会席をお楽しみください。
●金子みすゞゆかりの仙崎を訪れ、金子みすゞ記念館にご案内します。
●室町時代の水墨画で最も有名な絵師であり画僧の「雪舟」が築いた庭園を訪ねます。
●萩に2連泊!じっくりと小京都「萩」の観光をお楽しみください。
●海と島の美しいコントラストが印象的な角島大橋や海をバックに100m以上に渡って並ぶ鳥居が圧巻の元乃隅神社、人気の秋吉台など山口県の絶景をお楽しみください。

日程表

日程 訪問都市 時刻 スケジュール 食事
1日目 □羽田空港に出発1時間前に集合。
×
東京
午前 ■羽田(08:30~09:00)発、空路、萩・石見空港へ。
萩・石見 午前 ■萩・石見(10:05~10:35)着後、益田へ。
(益田) ■着後、益田の観光にご案内します。鎌倉時代の建築様式の本堂や雪舟が築いた庭園が残る「◎萬福寺」、雪舟が住職として招かれた「◎医光寺」にご案内します。
■観光後、山陰の小京都・津和野へ向かいます。
津和野 午後 ■午後、津和野の観光。千本鳥居が有名な「●太皷谷稲成神社」、津和野らしい風景の「●殿町通り」、森鴎外が眠る「●永明寺」にご案内します。
◎ご宿泊は、2023年3月にリニューアルオープンした津和野で唯一の温泉宿です。

【津和野/ゆとりろ津和野】

2日目 津和野 午前 ■朝食後、津和野町出身の画家の作品を収納する「◎安野光雅美術館」にご案内します。その後、風光明媚な地として親しまれてきた須佐へ。
(須佐) ■着後、シマシマ模様が特徴の「●須佐ホルンフェルス」をガイドと共にご覧いただきます。
★昼食は、須佐男命いか(みこといか)をお召し上がりください。
■昼食後、萩へ向かいます。
(萩反射炉) 午後 ■着後、明治日本の産業革命遺産として世界遺産に登録された「●萩反射炉」にご案内します。
■その後、萩市内観光へ。吉田松陰が主宰した私塾「●松下村塾」、「●松陰神社」、「◎至誠館」、初代内閣総理大臣・伊藤博文の「●旧宅」と「●別邸」、毛利家菩提寺「●東光寺」を訪れます。

【萩/萩焼の宿 千春楽】

3日目 萩滞在
■朝食後、引き続き、萩市内観光へ。「●木戸孝允旧宅」や重要文化財「●菊屋家住宅」、「●高杉晋作誕生地」を巡る萩城下町の散策にご案内します。
■観光後、秋吉台国定公園へ向かいます。
(秋吉台) ■着後、見渡す限りカルスト台地が広がる「●秋吉台カルスト展望台」、日本最大規模の鍾乳洞「◎秋芳洞」にご案内します。
■その後、萩へ戻ります。

【萩/萩焼の宿 千春楽】

4日目
(青海島)
午前 ■朝食後、山口の景勝地のひとつ青海島へ向かい、「●碧涛台(へきとうだい)」を訪れる青海島自然研究路のウォーキング(1,200m、約40分)にご案内します。その後、『私と小鳥と鈴と』などで知られる、金子みすゞゆかりの仙崎へ。
(仙崎) ■着後、金子みすゞが過ごした金子文英堂跡に建てられた「◎金子みすゞ記念館」にご案内します。
(元乃隅神社)
(角島大橋)
■その後、CNN『日本の最も美しい場所31選』に選ばれた「●元乃隅神社」、山口屈指の絶景ポイント「●角島大橋」にご案内します。
■その後、本州と九州を繋ぐ関門海峡を渡り、下関・門司港へ。
門司港 夕刻

【門司港/プレミアホテル門司港】

5日目 門司港
午前 ■午前、定期船で宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘したことで有名な「●船島(巌流島)」、「●亀山八幡宮」にご案内します。
×
(下関) ■その後、異国情緒溢れる街並みが残る門司港周辺を散策します。「●門司港駅」、三井物産門司支店の迎賓館として建てられた「●旧門司三井倶楽部」、オレンジ色タイルと白い石の帯が調和したデザインの外観と八角形の塔屋が目印の「●旧大阪商船」、「●旧門司税関」を巡ります。
★昼食は、下関条約の舞台となったことでも名高い名門く、日本のふぐ料理公許第一号の老舗ふぐ料理店「春帆楼」にてふぐ会席をご賞味ください。
■昼食後、関門海峡を臨む平家ゆかりの神社「●赤間神宮」にご案内します。また、「●みもすそ川公園」から「●関門トンネル人道」を歩いて渡ります。
山口宇部 夕刻 ■山口宇部空港(17:30~18:00)発、空路、羽田へ。
東京 ■羽田(19:05~19:35)着。着後、解散。
基本日程
1日目

□羽田空港に出発1時間前に集合。

■羽田(08:30~09:00)発、空路、萩・石見空港へ。

■萩・石見(10:05~10:35)着後、益田へ。

■着後、益田の観光にご案内します。鎌倉時代の建築様式の本堂や雪舟が築いた庭園が残る「◎萬福寺」、雪舟が住職として招かれた「◎医光寺」にご案内します。

■観光後、山陰の小京都・津和野へ向かいます。

■午後、津和野の観光。千本鳥居が有名な「●太皷谷稲成神社」、津和野らしい風景の「●殿町通り」、森鴎外が眠る「●永明寺」にご案内します。

◎ご宿泊は、2023年3月にリニューアルオープンした津和野で唯一の温泉宿です。

【津和野/ゆとりろ津和野】

食事
×
2日目

■朝食後、津和野町出身の画家の作品を収納する「◎安野光雅美術館」にご案内します。その後、風光明媚な地として親しまれてきた須佐へ。

■着後、シマシマ模様が特徴の「●須佐ホルンフェルス」をガイドと共にご覧いただきます。

★昼食は、須佐男命いか(みこといか)をお召し上がりください。

■昼食後、萩へ向かいます。

■着後、明治日本の産業革命遺産として世界遺産に登録された「●萩反射炉」にご案内します。

■その後、萩市内観光へ。吉田松陰が主宰した私塾「●松下村塾」、「●松陰神社」、「◎至誠館」、初代内閣総理大臣・伊藤博文の「●旧宅」と「●別邸」、毛利家菩提寺「●東光寺」を訪れます。

【萩/萩焼の宿 千春楽】

食事
3日目

■朝食後、引き続き、萩市内観光へ。「●木戸孝允旧宅」や重要文化財「●菊屋家住宅」、「●高杉晋作誕生地」を巡る萩城下町の散策にご案内します。

■観光後、秋吉台国定公園へ向かいます。

■着後、見渡す限りカルスト台地が広がる「●秋吉台カルスト展望台」、日本最大規模の鍾乳洞「◎秋芳洞」にご案内します。

■その後、萩へ戻ります。

【萩/萩焼の宿 千春楽】

食事
4日目

■朝食後、山口の景勝地のひとつ青海島へ向かい、「●碧涛台(へきとうだい)」を訪れる青海島自然研究路のウォーキング(1,200m、約40分)にご案内します。その後、『私と小鳥と鈴と』などで知られる、金子みすゞゆかりの仙崎へ。

■着後、金子みすゞが過ごした金子文英堂跡に建てられた「◎金子みすゞ記念館」にご案内します。

■その後、CNN『日本の最も美しい場所31選』に選ばれた「●元乃隅神社」、山口屈指の絶景ポイント「●角島大橋」にご案内します。

■その後、本州と九州を繋ぐ関門海峡を渡り、下関・門司港へ。

【門司港/プレミアホテル門司港】

食事
5日目

■午前、定期船で宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘したことで有名な「●船島(巌流島)」、「●亀山八幡宮」にご案内します。

■その後、異国情緒溢れる街並みが残る門司港周辺を散策します。「●門司港駅」、三井物産門司支店の迎賓館として建てられた「●旧門司三井倶楽部」、オレンジ色タイルと白い石の帯が調和したデザインの外観と八角形の塔屋が目印の「●旧大阪商船」、「●旧門司税関」を巡ります。

★昼食は、下関条約の舞台となったことでも名高い名門く、日本のふぐ料理公許第一号の老舗ふぐ料理店「春帆楼」にてふぐ会席をご賞味ください。

■昼食後、関門海峡を臨む平家ゆかりの神社「●赤間神宮」にご案内します。また、「●みもすそ川公園」から「●関門トンネル人道」を歩いて渡ります。

■山口宇部空港(17:30~18:00)発、空路、羽田へ。

■羽田(19:05~19:35)着。着後、解散。

食事
×

旅行代金表

旅行代金には空港諸税【740円(24年01月31日を基準とした目安)】が含まれています(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません)。

現在お申込みいただける出発日はございません

旅行条件

発着地 東京発着
利用予定交通機関 □利用予定航空会社/全日本空輸・日本航空□利用予定バス会社/明徳観光
利用予定ホテル <津和野>ゆとりろ津和野
<萩>萩焼の宿 千春楽
<門司>プレミアホテル門司港
食事回数 朝食:4回・昼食:5回・夕食:4回
最少催行人数 10名(最大19名)
添乗員 全行程同行してお世話します。

重要事項

※5日目、船島(巌流島)への渡船は、悪天候等の影響で運航中止となる場合がございます。渡船がかなわない場合は、代替で下関周辺の観光にご案内します。
※須佐男命いかは仕入れの都合により、ご提供できない場合がございます。不漁の場合には、海鮮料理をお召し上がりいただきます。予めご了承ください。
※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡し致しますので事前にご確認のうえお申込みください。

旅行企画・実施

株式会社ユーラシア旅行社

観光庁長官登録旅行業第975号
日本旅行業協会正会員
〒102-8642
東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階

03-3265-1691

営業時間 10:00~17:00(土日祝除く)

関連する旅行